Manami | 楽しく学ぶ

主体性専門ファシリテーター、ライフコーチ。一人一人の好きを起点に、学びを楽しく。 | …

Manami | 楽しく学ぶ

主体性専門ファシリテーター、ライフコーチ。一人一人の好きを起点に、学びを楽しく。 | ハーバード教育大学院'23卒 | THECOACHプロコース修了→コーチング受けたい方を募集しています | オランダからの帰国子女 | ITコンサル→教育企業→独立| 47都道府県30ヶ国踏破

マガジン

  • ひのぐらし

    東京都の多摩地域にある、日野市での自然あふれる暮らしについて発信します。

  • ボストンからのお便り

    ハーバード教育大学院での研究内容や今後の進路が気になる方向けに書いています。

  • MANABIのあゆみ

    「発想・創造・表現」を軸にした自然溢れる高校生〜大人向けの学びの場、MANABIをつくる旅路について記録します。

  • 書くこと、歩くこと。

    「本を出版したい!」という野望をきっかけとした、ブログ継続・ZINEや電子書籍づくり・個展開催について興味がある方向けに書いています。

  • コーチングという鏡

    コーチングを学んで得る気づきや個人的な効果が知りたい方向けに書いています。

最近の記事

  • 固定された記事

私のnoteの歩き方

初めましての方も、いつも読んでくださっている方も、案内板ページを開いていただいてありがとうございます。 「組織や社会の中でひとりひとりが主体性を発揮するには?」という問いに向かい続けるべく、ワークショップやコーチングを実施している奥田麻菜美です。 今回はこのnoteの歩き方についてお伝えできればと思います。 ▼お仕事のこと ◆どんな仕事をしているのか知りたい アメリカ留学から帰国し、現在は個人事業主として「組織や社会の中でひとりひとりが主体性を発揮するには?」という問い

    • 日野市民が自らの手で保全している緑地・雑木林七選

      ファシリテーター・ライフコーチのまなみです。 「自然の中に学びの場をつくる」ことを目標に、2024年2月から東京都日野市に越してきました。 美しい作品を考え、作り、表すことで学習者の主体性を育み、学習者・コミュニティ・世界中の生命を豊かにする、そんな学びの場をみなさんとつくっていけると嬉しいです。 さて、日野市で自然の中の学びの場をつくりたいと思っている私は、2024年5月から日野市の雑木林ボランティア養成講座に参加することにしました。 この講座は、毎月一回日野市内の雑木林

      • 東京唯一の村の檜原村で、自分の手でお茶をつくる

        ファシリテーター・ライフコーチのまなみです。 「自然の中に学びの場をつくる」ことを目標に、2024年2月から東京都日野市に越してきました。 美しい作品を考え、作り、表すことで学習者の主体性を育み、学習者・コミュニティ・世界中の生命を豊かにする、そんな学びの場をみなさんとつくっていけると嬉しいです。 さて、私が大好きな多摩地域の自然シリーズ! 奥多摩で道を「掘る」回に引き続いてご紹介したいのが、東京唯一の村である檜原村でのお茶摘みです。 奥多摩で道を「掘る」回でご案内いただい

        • 海外教育大学院を卒業して一年の今の現在地

          ファシリテーター・ライフコーチのまなみです。 「自然の中に学びの場をつくる」ことを目標に、2024年2月から東京都日野市に越してきました。 美しい作品を考え、作り、表すことで学習者の主体性を育み、学習者・コミュニティ・世界中の生命を豊かにする、そんな学びの場をみなさんとつくっていけると嬉しいです。 本日は2024年5月の最終日。 2023年5月にハーバード教育大学院を卒業して、ちょうど一年経ちました。 教育大学院卒業後には色々な選択肢があると思うのですが、「主体的に学ぶとは

          有料
          3,000
        • 固定された記事

        私のnoteの歩き方

        マガジン

        • ひのぐらし
          5本
        • ボストンからのお便り
          26本
        • MANABIのあゆみ
          8本
        • 書くこと、歩くこと。
          6本
        • コーチングという鏡
          16本
        • 主体性と力
          4本

        記事

          TAKIBIの価格設定と、葛藤

          ファシリテーター・ライフコーチのまなみです。 「自然の中に学びの場をつくる」ことを目標に、2024年2月から東京都日野市に越してきました。 美しい作品を考え、作り、表すことで学習者の主体性を育み、学習者・コミュニティ・世界中の生命を豊かにする、そんな学びの場をみなさんとつくっていけると嬉しいです。 今回は5〜6月に開催するTAKIBIの参加費をどのように設定したのかお話ししたいと思い、noteを書くことにしました。 ↓TAKIBIへの参加はこちらのPeatixページから可能

          TAKIBIの価格設定と、葛藤

          教育大学院で公平性・多様性を学ぶまで、もやもやを感じたときにどう伝えていいかわからなかった

          ファシリテーター・ライフコーチのまなみです。 「自然の中に学びの場をつくる」ことを目標に、2024年5月からオンラインで「TAKIBI 〜焚火の輪で繋がる議論の場〜」を運営しています。 私は2022年夏から一年間ハーバード教育大学院に留学していました。教育学を学びに。 でも振り返ってみると、自分の人生を一番変えたのは「公平性」についての授業でした。教育大学院では、Equity & Opportunityと呼んでいます。もしかしたら日本で社会人を辞めて、わざわざアメリカまで学

          教育大学院で公平性・多様性を学ぶまで、もやもやを感じたときにどう伝えていいかわからなかった

          祝・MANABIのウェブサイトオープン&ダイバーシティ割引について

          ファシリテーター・ライフコーチのまなみです。 「自然の中に学びの場をつくる」ことを目標に、2024年2月から東京都日野市に越してきました。 美しい作品を考え、作り、表すことで学習者の主体性を育み、学習者・コミュニティ・世界中の生命を豊かにする、そんな学びの場をみなさんとつくっていけると嬉しいです。 祝!MANABIウェブサイトがオープンしました! さて、ハーバード教育大学院の授業から温め続けてきたMANABIのホームページが、2024年5月1日についにオープンしました!

          有料
          0〜
          割引あり

          祝・MANABIのウェブサイトオープン&ダイバーシティ割引に…

          13年間悩み続けてきた肩こりを、ついに1ヶ月で撃退した

          ファシリテーター・ライフコーチのまなみです。 「自然の中に学びの場をつくる」ことを目標に、2024年2月から東京都日野市に越してきました。 美しい作品を考え、作り、表すことで学習者の主体性を育み、学習者・コミュニティ・世界中の生命を豊かにする、そんな学びの場をみなさんとつくっていけると嬉しいです。 「自然の中に学びの場をつくる」にあたって学習者の生命を豊かにすることを目指しているのですが、そのために大切だと思っているのが自身の身体のウェルビーイングについての学びです。 私自

          13年間悩み続けてきた肩こりを、ついに1ヶ月で撃退した

          水の郷日野の桜の名所十選を巡る

          ファシリテーター・ライフコーチのまなみです。 「自然の中に学びの場をつくる」ことを目標に、2024年2月から東京都日野市に越してきました。 美しい作品を考え、作り、表すことで学習者の主体性を育み、学習者・コミュニティ・世界中の生命を豊かにする、そんな学びの場をみなさんとつくっていけると嬉しいです。 一ヶ月前に書いた、「日野市、最高〜!」というnoteを多くの方に読んでいただけているようで、ありがとうございます。 相変わらず日野市で農業、ひいては自然の中の学びの場を運営できる

          水の郷日野の桜の名所十選を巡る

          奥多摩の山の中に道を「彫る」

          ファシリテーター・ライフコーチのまなみです。 「自然の中に学びの場をつくる」ことを目標に、2024年2月から東京都日野市に越してきました。 美しい作品を考え、作り、表すことで学習者の主体性を育み、学習者・コミュニティ・世界中の生命を豊かにする、そんな学びの場をみなさんとつくっていけると嬉しいです。 自然の中に学びの場をつくる、千里の道も一歩から。 日野市に引っ越したことの良いことと言えば、都内にも30分ほどで出ることができ、かつ東京の西側の山々にも出やすいことです。 今回は

          奥多摩の山の中に道を「彫る」

          東京都民も知らない、平和な水の郷日野市について語る

          「どこにでも住むことができるとして、私はどこに住みたいのか?」 職場や家族関係なく、どこにでも住むことができるとしたら。 こういうことを考えるチャンスをもらえる機会は、意外と多くありません。 ただ、コーチの私としてはその人らしさが立ち現れるので、考えるのが大好きな問いです。 そんな自分自身、今までは勤務先からの距離や利便性を中心に、住む場所を考えてきました。 でもよく考えたら、それってすごく仕事中心な生活だと思ったのです。 仕事を一日八時間だと計算すると、仕事をしている時

          東京都民も知らない、平和な水の郷日野市について語る

          2024.3 / 東京の家に懐かしのヨーロッパの風が吹いた

          名古屋から東京に引っ越してきました。 今回の引越しの特別だったところは、家族が転職したことにより転勤というものが家族からなくなったことです。 転勤や帯同をしてみたいという方もいるかもしれませんが、8〜13歳のときに家族の仕事でオランダに引っ越しを経験した身としては、今後の人生において(おそらく)会社都合で引っ越す必要がなくなり、ようやく息を吹き返した気持ちです。 自分は住むところにかなりこだわりがあり、自分で住むことを選べることがエネルギーの源泉なのだと改めて実感しました。

          2024.3 / 東京の家に懐かしのヨーロッパの風が吹いた

          2024.2 / 日本人と市民運動

          1月末に、自分と社会のつながりについてみんなで話す、オンラインイベントTAKIBIが終了した。 TAKIBIの場のゴールの一つとして、「ひとりひとりが社会の一部で、社会を変える力を持つ存在だと感じることができる」を設定しているのだけれど、この考えはマーシャル・ガンツ先生のパブリック・ナレーティブで学んだことを応用している。 パブリック・ナレーティブはガンツ先生が市民運動を組織化するときに、人はどのように内なるリーダーシップを見つけ、希望に向けて団結することができるのかという

          2024.2 / 日本人と市民運動

          TAKIBI Vol. 0で感じたのは「希望」だった

          主体性専門ファシリテーター・ライフコーチのまなみです。 2024年1月27日、28日に無事、「TAKIBI Vol. 0:少子化について自分の意見を考え、話して、 みんなで見つめよう」を開催できました! ご参加いただいた皆さん、ご参加を検討していただいた皆さん、Peatixやstand.fm、このnoteをご覧いただいた皆さん、ありがとうございました! いや〜、本当に楽しかった!あっという間に終わってしまいました。 Vol. 0は2日間にかけて開催したのですが、20代〜60

          TAKIBI Vol. 0で感じたのは「希望」だった

          2024.1 / いじめの傍観者は中立ではないし、Xの匿名ユーザーも中立ではない

          2024年1月は痛ましい災害や事故が多い始まりとなりました。 今も不安や苦しみの中にいる方が、一日でも早く平穏な日々を迎えられることをお祈りしております。 そんな混乱の中で際立ったのは、旧Twitter、現Xでの言論でした。 自分自身、二つのXのアカウントを運用しているのですが、今回のような緊急時には特に、同じアプリなのかと思うくらいXのタイムライン上の様子が違っていました。 今回二つのアカウントを運用することでよく見えたのが、どんな目的を持ってXを運用するかで、タイムラ

          2024.1 / いじめの傍観者は中立ではないし、Xの匿名ユーザーも中立ではない

          2023.12 / 健康的に持ち物を減らす

          メキシコ人の漁師の寓話を時々思い出す。 ↓正式なソースが不明なので、和文と英文があるサイトを引用します 振り返ると、自分の持ち物が一番パンパンだったのは、2018〜2019年あたりだった気がする。 きらびやかなビルにあるお客さん先に行き、リーダーを任され、連日のPC作業からくる肩こりを治すためにベリーダンスと整骨院に通い、土日は街歩きに参加し、結婚して同居生活も始まった。 その中で、しっくりきていないことがたくさんあった。 自分はこういう肩書で名前を覚えられたいのか、この

          2023.12 / 健康的に持ち物を減らす