見出し画像

自信を持つための方法

まむすびコラム

人は「根拠なく自分に自信を持つ」ことに抵抗を感じやすいと言えます。
自信のある人は、可愛い、賢い、お金持ち、など何かしらの理由を持っていると考える人も少なくないでしょう。

しかし実は、その反対。自信があるから結果がついてくるのです。
もしもその自信を、手帳から毎日受け取ることができるとしたら……?

そこで今回は、「まむすび手帳を活用し自信を持つための方法」についてご紹介いたします✨

■“良いこと”を信じる力が自信に繋がる

赤ちゃんの笑顔を見て、つられて笑みをこぼしてしまうといった経験はありませんか。
それは“ミラーリング効果”と呼ばれ、相手の表情が伝染して自分の表情にも伝わる心理現象です。

いかなる場合でも、笑顔のパワーは絶大だと言えます。
実際に末期がんの患者に落語や漫才を聞かせていると、症状の改善がみられるケースも。

まずは根拠はなくてもいいので、とにかく手帳内の良いことだけに意識して読んでみましょう。あなた自身の自己イメージも向上し、周囲からの評価も上がるはずです。

■迷ったときは手帳の言葉を思い出す“反射行動の効果”

根拠がなくても、実際の実力以上に自分をデキる人間にみせるテクニックがあります。
そのひとつに“0.2秒以内にYESと答える”というものがあります。

これはスポーツやビジネスの世界ではよく使える心理手法です。
0.2秒とはほんの一瞬。その時間で答えを出すとなると、「嫌だな」といったネガティブなことを考えている余裕もありません
つまり、反射的に返事をするということになります。

そういった即答の姿勢は、自分の中にあるメンタルブロックを取り去り、自信ある人間へと変えてくれるという効果があります。
迷いがあるときは手帳の言葉を思い出してみて下さい。きっと決断が早くなるはずです。

■頭の中を整理し自己完結型のコミュニケーションを避ける

人と話をしている時に、不愉快になる瞬間がありますよね。
その多くは、自分の言った話を自分自身でまとめてしまう“セルフ・サマライジング・シンドローム”と呼ばれる、自己完結型のコミュニケーションをとる相手にみられます。

本来、コミュニケーションとはお互いがお互いの発する言葉に耳を傾け、それに対してレスポンスを返し合うもの。
そんなキャッチボールができずに、自己完結型の会話をとる人は、自己愛を満たしたい欲求でいっぱいなのです。

そのため、ひとりでしゃべり続けると、どんどん卑屈になってしまう結果に。
手帳を活用すれば、頭の中も整理され会話のキャッチボールも円滑に。自然と自分に自信が持てるようになるでしょう。

■“人のため”の確認が大きな力を生む

利己的な考えの持ち主が増えてきたと言われる昨今ですが、「人は自分のためよりも他者のためのほうが、より頑張れる」という心理研究結果があります。
その結論は、社会的なつながりを維持し、ともに協力し合うことが成功をもたらす大きな要因となる、というもの。

“絆”の再認識というわけではありませんが、自分の起こしたアクションによって“他人に喜んでもらえる”というのは、あなた自身の原動力と自信につながるのです。

人の幸運や不運は、そのほとんどが人からやってきます。
手帳内で誰に気をつけ、誰に協力すべきかを確認しておけば、あなたの中に一歩踏み出す自信が滲んでくるはず。


いかがでしたでしょうか。
今回は手帳の活用術として”自信を持つための方法”をご紹介させていただきました✨

あなただけの運勢が1年分書かれたまむすび手帳は
生き方や日々の生活の上できっとお役に立てるはずです!
ぜひ参考にしてみてください✨

それではまた次回の投稿まで楽しみにお待ちください!
ありがとうございました✨

まむすび手帳 ~あなただけの運を結ぶオーダーメイドダイアリー~
ご購入はこちらから↓↓↓

【まむすび手帳 Webサイト】