町のピアノ教室♪「ト音記号」と「ヘ音記号」
見出し画像

町のピアノ教室♪「ト音記号」と「ヘ音記号」

なんで日本人はいつまでもト音記号・ヘ音記号と呼び続けているのでしょうか?学校でそう教えるからだよね。文部科学省の方、もういい加減「ソ音記号」「ファ音記号」にしましょうよ!だ~れも「ハニホヘトイロハ」で歌ってないよ。嬰(♯)・変(♭)もやめようよ。戦時中じゃないんだから。

何言ってるのって方に、簡単に解説を。

皆さんが歌うときに使っている「ドレミファソラシド」はイタリア語。日本語では「ハニホヘトイロハ」更に英語だと「CDEFGABC」

「G clef」「F clef」のままで覚えれば記号と音名が直結するのに ↓

画像2

ト音記号(日本語)⇒ソ音記号(イタリア語)⇒G音記号(英語)

画像2

へ音記号(日本語)⇒ファ音記号(イタリア語)⇒F音記号(英語)

と通訳を二人も必要とするなんて、こんな覚え難いもの廃止してしまえ‼

そうは言っても、きっと私が生きている間に変わることは無いだろうから、一発で覚えられる歌をご紹介します。

五線導入の最初に覚える歌です。

♬~ト音記号ソ、ヘ音記号ファ、ト音ソ、ヘ音ファ、ヘファ、トソ~♬

お見事!流石、田村先生。3’00から歌詞で歌っています。

皆さんも是非、毎日口ずさんでみてください。

ト音記号、ヘ音記号がぐっと身近になりますよ。

ピアノの先生サポートルーム

MAM'Sぴあの教室






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また見てください!
はじめまして、都内で教室を主宰しておりますYUKIKOです。 コンクールに出したり、音大を目指す生徒さんではなく、趣味でピアノを楽しみたいと思っている方のためのピアノ教室です。そんな街の小さな教室だからこその、ビックリなお話をピアノの先生方と分かち合いたいです!