株式会社ママスクエア

”子どものそばで働ける世の中をあたりまえに”を企業理念に、2014年から「子連れワーキングスペース」を運営。BPO事業、事業所内保育施設、行政連携も多数実現し、子育て世代の柔軟な働き方の実現に取り組んでいます。https://www.mamasquare.co.jp/

株式会社ママスクエア

”子どものそばで働ける世の中をあたりまえに”を企業理念に、2014年から「子連れワーキングスペース」を運営。BPO事業、事業所内保育施設、行政連携も多数実現し、子育て世代の柔軟な働き方の実現に取り組んでいます。https://www.mamasquare.co.jp/

    マガジン

    • ママスクエア~子どものそばで働くということ~

      ママスクエアは、2014年から”子連れワーキングスペース”を運営しています。子どもを預けて働くか、預けないのなら働かない(働けない)ではなく、“子どものそばで働く”という選択肢があってもいい!と思いませんか?そんな働き方の一つを実現しているママスクエアのいろいろについてご紹介しています。

    • ママスクエアで働く人たち

      ママスクエアで働く人たちを紹介しています。人事、広報、行政担当、BPO事業部で働くオペレーターママ、キッズスタッフママ、保育士、調理師、、etc.たくさんのママ達が活躍しています。

    • ママが考えていること~ママ予報~

      ママスクエアでは、ママ、女性、子供に特化したマーケティングリサーチサービス「ママスクラボ」を提供しています。ママ達のリアルな声を覗いてみませんか?リサーチ結果の一部をnoteで公開しています!https://client.mamasquare.co.jp/marketing/

    最近の記事

    • 固定された記事

    「子どものそばで働く」ママスクエアってなに?

    はじめまして。ママスクエアの広報を担当しているナルサカです。 私たち、ママスクエアは、2014年に「子どものそばで働ける世の中を当たり前に」をミッションに創業し、子連れ勤務が可能なワーキングスペースや、事業所内保育施設などを全国60拠点で運営しております。 創業から8年、今年9年目を迎え、働くママ達の数は約1500人にもなりました。 ママスクエアの『子連れワーキングスペース』とは? ママスクエアは、窓ガラスを一枚隔てたワーキングスペースとキッズスペースから成り立っていま

      • 桶川市×大和リース×ママスクエア~女性活躍推進のために~連携協定締結

        「子どものそばで働ける世の中をあたりまえに」を企業理念に活動を続けるママスクエア・広報のナルサカです。 2023年3月27日(月)、ママスクエアは桶川市、大和リース株式会社との3社で、桶川市における女性活躍の推進を図るため、相互協力および連携について協定を締結しました。 ママスクエアと桶川市 2019年、桶川市にある商業施設「フレスポ桶川」内にて、ママスクエアがオープンしました。ママスクエアは、子連れ勤務が可能なワーキングスペースです。 ママ達が働くワーキングスペース

        • 「子連れワーキングスペース」ママスクエアができるまで

          こんにちは、広報のナルサカです。 「子どものそばで働ける世の中を当たり前に」をミッションに、 2014年に創業したママスクエアですが、そのきっかけについてお話させてください。 ママスクエア創業のきっかけは、『子どもを連れて行ける親子cafe』 「ママスクエア mama square」の原点は、2004年に創業したボールプール等のキッズスペースとカフェスペースを併設した「親子Café」にあります。 親子カフェ「スキップキッズ」ができたのは、今から約20年も前のことです。

          • 【いい夫婦の日&勤労感謝の日】調査レポート ~働くママにありがとうを伝えたら、ママは「誰に」感謝していた?~

            はじめまして。ママスクエア広報担当のナルサカです。 11月22日は「いい夫婦の日」、11月23日は「勤労感謝の日」ですね。 忙しい共働き夫婦にとって(私もそうですが)、毎日忙しすぎて考える暇もないですが、こんな日ぐらい夫婦の在り方、働き方を振り返り、お互いの勤労を称え、感謝を伝える日にしたいものです。 さて、そんな日に先立ち、ママスクエアでは働くママ達の「感謝の気持ち」に関する意識調査を実施いたしました。「子どものそばで働ける世の中をあたりまえに」をミッションに、ママが子ど

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ママスクエア~子どものそばで働くということ~
            株式会社ママスクエア
          • ママスクエアで働く人たち
            株式会社ママスクエア
          • ママが考えていること~ママ予報~
            株式会社ママスクエア

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【ママ予報Vol.9】働くママのスキンケア事情②~自分のこと以上に気になるのは子どものスキンケア!~

            子育てをしていく中で、子どもの肌荒れやスキンケアで悩むママたちも少なくないはず。食べ物やヨダレで口まわりが荒れてしまったり、首や手首などの関節部分が赤くなって痒そうにしていたり…様々な肌トラブルを抱えている子どもたちのために、ママたちは、皮膚科へ足を運んだり、スキンケア商品を試してみたりと奮闘しています。 前回記事、ママたち自身のスキンケアについて調査しましたが、今回は、子どもの肌悩みについてアンケートを実施しました。ママたちは、どんな肌悩みを抱え、どんな商品を選んでいるの

            【ママ予報Vol.8】働くママの家事時短③〜ママの「時短」に本当に貢献するものはどんなもの?〜

            仕事に育児、さらには家事…毎日めまぐるしく過ごす働くママたちにとって、”時間”はとても貴重なもの。前回の記事では、「家事を時短する目的や工夫内容」についてご紹介しました。今回は、”時短”を追求しているママたちが、日頃どんなものを活用しているのか、本当に役に立っている時短術を伺いました。その中でもとくに、朝食や夕食の準備における「時短」について調査したところ、「時短」と一言で表しても、子どもの年齢によっても違いがあることが判明しました。 ◆料理の時短アイテムはどんなものを活用

            【ママ予報vol.7】働くママのスキンケア事情①~ママたちのスキンケアの悩みと重視することは?~

            忙しい働くママだってキレイでいたい! そうは思っていても、仕事に子育て、さらに家事…日々やることはめまぐるしく迫ってくると、自分のことはどうしても後回しになりがち…。そんな中でも、「いつまでもキレイでいたい!」というのは、いつだって変わらない思いではないでしょうか? 働くママの「スキンケア事情」について、ママスクエアで働く0〜2歳までのお子さんがいるママたちに調査を実施。目も手も離せない年齢のお子さんがいるママたちは、どんなことに悩み、どんなアイテムを選び、どんなアイテムを

            【ママ予報Vol.6】働くママの家事時短② 〜子どもの年齢によって変化!?家事の時短の目的や工夫内容〜

            日々時間に追われながら、育児や家事に奮闘する働くママたち。前回の記事では、「時短したくてもできていない家事」が存在することが判明しました。今回は、そんな働くママたちが時短したいと考えている家事のひとつ「食事の準備」について詳しく調査。 実は、子どもの年齢によって時短の目的や工夫内容に違いがあるのです。 ◆時短のための工夫として、働くママが行なっていることは?はじめに、働くママたちは、時短のための工夫としてどんなことを行なっているのでしょうか? もっとも多かったのは、「完璧

            【ママ予報Vol.5】働くママの家事時短① ~時短したい家事が、実は時短できていなかった!?~

              とにかく時間との勝負!という働くママたちは「家事の時短」についてどのような意識で取組んでいるのしょうか?時短家事は、家事にかける時間を最短に行うための工夫、という意味で使われるようになった言葉です。  今回、働くママの「家事の時短」にスポットを当て、ママスクエアで働くママで調査を実施。調べてみると、「時短できる家事」とそうではない家事の内容や「時短」を実現するために取り入れいる工夫などが見えてきました。 今回のママ予報は「働くママの家事時短①~③」の計3回にわたり、調査

            【ママ予報:Vol4】ママたちに聞きましたコロナ禍の子育てと家庭生活-PartⅡ

            PartⅡでは、この状況下にありキャリアをどう考えるか?子供たちに伝えたいこと、ママたちの生の声をお届けします。 ママスクエアがお届けする【ママ予報】:子育て主婦の本音では、「コロナ禍の子育て」と題し、今抱えている悩みからこれからの自分のキャリアまで幅広く自主調査を行っています。358名の現役で働くママの回答から、様々な動きが見えます。是非、お目通しいただき、現状を知っていただければと思います。 基本情報:調査対象は、女性 20代14%、30代55%、40代27%、50代4

            【ママ予報:Vol3】ママたちに聞きましたコロナ禍の子育てと家庭生活-PartⅠ

            ママスクエアがお届けする【ママ予報】:子育て主婦の本音では、「コロナ禍の子育て」と題し、今抱えている悩みからこれからの自分のキャリアまで幅広く自主調査を行っています。358名の現役で働くママの回答から、様々な動きが見えます。今だからこその心の葛藤も見え隠れしています。是非、お目通しいただき、現状を知っていただければと思います。 基本情報:調査対象は、女性20代14%、30代55%、40代27%、50代4%、子ども0歳か~小学生を対象としました。 本アンケートの総回答数は35

            "新年あけましておめでとうございます"

            2021年が始動しました。ママスクエアも新たな年を迎え、今一度起業の原点に戻り「子育て中のお母さんたちが自分らしく社会参加する」ことを支援してまいります。 コロナの感染が猛威を振るい、首都圏を中心に緊急事態宣言発出の事態となっています。これまでに類を見ない環境下で子育てをするママたちが、自分を昇華させることを我慢し家族のために安全安心な家庭維持をしているのだとしたら、コロナが完全収束すると同時に、自己実現を思いっきり楽しめるような世の中になるよう、今からお手伝いの幅を広げて

            【ママ予報:Vol.2】働くママに聞きました、おせち買う派?作る派?

            いよいよ年の瀬となり慌ただしい時間をお過ごしのことと思います。また、今年のお正月は例年と違って家で過ごされる方も多いのではないでしょうか。そこで気になるのは「おせち料理」どうする?買い出ししなくては、と予定されているかもしれません。働くママのおせち事情について聞いたアンケートをお届けします。何かのご参考になれば幸いです(2020年初春実施:対象:514名の働く主婦、複数回答可としています)。 今年の傾向は? ママスクエアBPOセンターでは、毎年通販おせちの受付を業務で行って

            ママ予報ver1:【絵本】はデジタルの波にも影響を受けず、今も根強いファンがいる出版物だった!"ママスクエア"自主調査による考察!

            ママスクエアは仕事をもつ母親パネルを対象に、消費動向を調査研究しています。今回は、出版不況と言われる中で絵本へのニーズも下がっているのか?について独自調査してみました!以下は、ワーママ(仕事しながら子育てする女性@ママスクエア)の調査より抜粋しています。調査期間:2020年11月中旬対象者:253名アンケート結果はこちらです。   ※このアンケートは複数回答を可としています。 ■調査対象の年代 いずれも子どもの年齢は、1歳から未就学児です。 ■最近、絵本を買ったのはいつ