永山マキ

東京都出身。日大芸術学部、文芸学科卒。作詞・作曲・歌唱のほかに、エッセイ等も書いている。iimaとモダーン今夜のボーカル。二児の母。http://www.maki-nagayama.com/  https://iima-iima.com/

永山マキ

東京都出身。日大芸術学部、文芸学科卒。作詞・作曲・歌唱のほかに、エッセイ等も書いている。iimaとモダーン今夜のボーカル。二児の母。http://www.maki-nagayama.com/  https://iima-iima.com/

    マガジン

    • お知らせ

      TVやCM、LIVEなどのお知らせです。

    • LIVEの思い出

      LIVEレポを書きためていこうと思います。

    • 蓮根日記

      毎日毎日わたしという管を通り抜けていく アホらしく愛しい日常のこと

    • 透明な種

      日常に落ちている見えない種を拾って文章にします。

    • 短編小説

      うそのような、ほんとうのような話

    最近の記事

    難聴のこと

    10年前、出産後すぐのことだった。 ある朝、突然耳鳴りがした。 なんだろう?と数日様子を見ていたら どんどんひどくなり、いやな予感がしたのですぐに耳鼻科へ。 診断によると『急性低音障害型感音難聴』 疲れからなのか、どうやら内耳がやられてしまい ある周波数から下が聞こえなくなってしまった。 夜中の授乳と睡眠不足に加わり ずっとエレベーターに乗っているような 妙な感覚と耳鳴りと難聴で 私は毎日不安だった 誰かと会話していても 何を言っているのか聞き取れないことが多く 何度

      • インスタトーク&ライヴ番組『拝啓、背景さま』 vol.2テーマ「好き嫌い」

        インスタトーク&ライヴ番組『拝啓背景さま』 第2回目明日の14時より放送です。 テーマは「好き嫌い」 好きな曲には なんとなく共通する点があるような気がします。 でも何故好きなのか うまく説明できないんですよね。 明日は私の好きな 『はっぴいえんど』の曲も紹介できたらなあと思っています。 いやあ、しかし、改めてよくよく聴くと すごい仕掛けが沢山あることに気づきました。 細野さんってやっぱりすごい・・。 はっぴいえんどの曲は、以前Lynnでもカバーしたことがありま

        • 回想カブトムシ〜カブ太のこと

          前回の記事 →回想カブトムシ〜出会いは突然に https://note.com/maki_nagayama/n/n1978c7caa100 カブトムシたちがいなくなり 土を片付けようとすると 息子が何か見つけた。 「お母さん、白いちいさい虫がいる!」 見ると、 長さ1㎝、幅0.5㎝くらいの カブトムシの幼虫が4匹。 「あら、いつのまにか赤ちゃん産んだんやね」 ・・・ヤダ、 ・・・どうしよう ・・・めっちゃ可愛い 一年前なら恐怖の対象だったかもしれない。 可愛いと思

          • 回想カブトムシ〜出会いは突然に

            去年の夏、じいじが突然 息子にカブトムシを買って来た。 5歳の息子は大喜びだったが 私の心は穏やかではなかった。 そもそも虫がそんなに得意ではないし、 結局私が世話することになるのも目に見えているし。 「まったく、なんて迷惑な。 3匹も。何の相談も無しに・・。」 しかし、あずかった命を無下に出来るはずも無く カブトムシとの生活がはじまった。 家に、家族以外の生き物がいるのは初めてだった。 息子もまだお世話は難しいが、とても可愛がっていた。 だんだん、私にも母性に似た

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • お知らせ
            永山マキ
          • LIVEの思い出
            永山マキ
          • 蓮根日記
            永山マキ
          • 透明な種
            永山マキ
          • 短編小説
            永山マキ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ぼろくすぐり

            ここ最近、 自分のルーツを探る旅に出ていました といっても実際に移動するわけではなく 電話線を通しての往来と記憶の旅でした。 母の実家がある福島県天栄村で 新しい試みがはじまりました。 天栄村には 古くなった着物をほどいて またつくりなおす、という 『ぼろくすぐり』という文化があります。 茨城県つくばみらい市から天栄村に移住し、 移動絵本図書館「みず文庫」を運営する義元みかさんが 今では、村の人もほとんど知らなくなってしまった その言葉を聞

            何故だか世界は自己完結できないようにできている。

            数ヶ月前、陶芸家の石原稔久さんとランチをしながらお話をした。 石原さんから作曲の依頼を受け(音楽家以外で個人からの依頼はかなり珍しい)、 参考にといろいろ質問をした。 印象深かったのは、 感情をゆらさない、楽しいと思いすぎないようにしている、という話。 なるべく中庸な状態で作品に向かうのだそうだ。 自分が「これいい!」と思った時というのは 過去に感動した「何か」に影響されている場合が多く、 その瞬間の感情はあまり信頼できない、という話も。 石原さんをは

            チャリティーライヴ『3.11あなたを想う』無観客ライブ生配信のお知らせ

            チャリティーライヴ『3.11あなたを想う』 無観客ライブ生配信(3/11水午後2時〜)のお知らせ 国内外での新型コロナウイルスへの感染が拡大する状況を鑑み 開催延期を検討しておりました チャリティーライヴ『3.11あなたを想う』につきまして、 動画配信サービスYOUTUBEを利用した無観客ライブを生配信する予定です。 東日本大震災から9年。 iima(音楽)と山本香苗(クリスタルボウル)2組による集い。 大切な人を想う時間をいっしょに過ごしませんか。 ---------

            20200202みんなの未完成の絵

            私が生まれてからウン十年・・・ 思い返せば、私の幼少期は本当に地味で、 居ても居なくてもわからんようなめっちゃ影の薄い子でした。 母と私 学校ではほとんど喋らず、 チョークの粉や雲を見て、空想ばかりしていました。 お時間あればこちらを↓ https://note.com/maki_nagayama/n/n862909cf8a5e (IQはわりと高かったのですが、今では見る影も無い) 何故その子が大人になって歌を歌っているのか、 色々な想いがあったからですが、

            iimaな時間@マリンワールド海の中道#夜のすいぞくかん

            ずっと前から準備してきた iimaな時間vol.6がいよいよ当日を迎えた。 マリンワールドのスタッフの方と 特殊な環境での音作り 物販コーナーも準備が進みます ナツメ書店さんの海にまつわる本やおさかなモビール Sleep Coffee and Roasterのドリンク おさかなをモチーフにした ぱんのもっかのパン こちらはチンアナゴぱん DONI FARMのスープ&カレー 掘りたての新じゃがも。 iimaの物販を手伝ってくれた花田美香ちゃん(本当は木工作家

            iima・イケダユーコ MusicDrawing『ひろって』

            今年の初め、イケダユーコちゃんちで はじめて絵の楽譜を見た あの時から ずっと想い描いてきた舞台 iima・イケダユーコ MusicDrawing『ひろって』 がかたちになった。 1部は 朗読と、絵の楽譜を見ながら 永山とイシイのそれぞれの即興演奏。 絵の楽譜は、この日初めて見たもので、 この時のすべての音は、その場で生まれたもの。 ユーコちゃんの楽譜を見ながら 浮かび上がってくる気持ちを表現した。 同じ楽譜を見ていても 私とイシイでは全然違う音が出てきた。

            音の三点倒立 トシバウロン&zerokichi&iima

            この感動を何にたとえられましょう・・!! 今回パーカッションセットを持ってきてくれたトシバウロン君。 zerokichiさんとのDUOやiimaとのコラボも前回よりパワーアップして 素晴らしいサウンドになっておりました。 トシバウロン君とiima、やっぱりめちゃめちゃ合うなあ。 zerokichiさんとのコラボも楽しかったし この3組これからどんどん進化していきそうです。 平日の夜でしたが、お集りいただいた皆様 本当に本当にありがとうございました。 残念なが

            あだち珈琲20周年感謝祭

            あだち珈琲20周年感謝祭にて歌わせていただきました。 この日の為にコーヒーの曲をつくりたいと思っていて 今朝までイシイさんとあーでもないこーでもないと 合計5曲程つくりながらギリギリに完成して無事お披露目してきました。 あまりに色んなメロディーをつくったため 歌う直前まで完成版を思い出せないというハプニングもありましたが(汗) なんとか歌いきりました。 安達 和宏さんはお話しすると 冗談で周りを明るくしてくださる方なのですが 佐藤俊郎さんと安達さんとのトー

            絵を弾く

            ムツロマサコさんと高千穂峰に登った後 彼女の友達である画家のイケダユーコさんの家に 宿泊させてもらうことになった わたしたちは沢山話をした。 創作のこと 絵のこと 最近読んでいる本のこと たまらなく 楽しい時間だった。 「そうそう、私楽譜描いた事があるんよ」 ユーコちゃんはそう言って 絵の楽譜を私に見せてくれた。 あ・・ 私の指はピアノを探し始める。 「弾きたい」 ものすごくそう思った。 彼女の家には アップライトピアノがあった。 そのピアノをお借りして

            天の逆鉾を拝みに高千穂峰に登った話。

            天の逆鉾(さかほこ) という矛が 鹿児島県と宮崎県にまたがる霧島連山 高千穂峰のてっぺんに刺さっている 日本神話の中で、天照大御神の孫、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が 突き刺したと伝わる そんなミステリアスな話を知ったのは 小学校の頃だったか … そのとき 大人になったら絶対行くと決めて 無事大人になって なんの運命か九州に移り住むことになって 近いし、いつか登りに行こう と思っていたのだが 何度誘ってみても イシイさんは全然興味がなく でも折角なら誰かと登りたいし 一

            わっかふんー2019年8月30日(金)live『iimaな時間 vol.4』

            リビングのような所にイシイさんの姿があった。 周囲の人には何故か見えないようだ。 状況がうまく飲み込めないでいる私。 イシイ「いや〜まいったよ。」 どうやらイシイさんはもうこの世にはいないようなのだ。 イシイ「死因は『わっかふん』だよ」 マキ「・・・わっかふん?」 イシイ「わっかふん知らない?わっかふんっていうのはこれ」 と言って、チョコボールを上に投げて 落ちてきた所を口に入れるという、 昔サザエさんのエンディングで見たアレをやった。 マキ「え・・・そ、そん

            love fm『月下虫音』2回目の出演

            love fm『月下虫音』2回目の出演をさせていただきました。 スタジオに行くと、月下虫音のベビーリスナー ラジオネーム、ホワイトスノーさんから久しぶりにこぞうさんにメッセージが届いていた。 『お元気でしょうか?私は病気になってしまいましたが、こぞうさんはお元気ですか?月下虫音聞いています。福岡は暑いですか? 札幌は寒くなってきました。お身体を大切にして下さい。こぞうさんが元気だったら私は嬉しいです。』 ホワイトスノーさんは若年性アルツハイマーを患っていて、 明日から入