破天荒フェニックス 書評

真木崇志

OWNDAYS代表取締役社長の、田中修治さんが書かれた小説の書評です。

以前、noteで連載されていた内容を読んで感想を書いた事があるのですが、本として刊行されたこの「破天荒フェニックス」を読んで、その感想を書かずにはいられなくなり、ここに書きます。

本書は、OWNDAYSという企業の再生に携わるかたちですごした社長の,10年のうちの7年を、起こった事実をもとに、1つのフィクション、パラレルワールドの物語として記されている。

読み始める前に、494ページに及ぶ本の分厚さから、読むのに疲弊するかも?という不安があったが、その不安は間違っていた。

一気に、読めた。読み切ってすぐに出た感想としては、まさしく破天荒フェニックス!だ。
そして、加えてとてつもなくかっこよくて、まっすぐなフェニックスで、ますますOWNDAYSが好きになりました。

カッコイイ


これは、1つのフィクションであり、パラレルワールドだと書いてあるが、僕はその全てが全て、フィクションとは思えなかった。
その文や、田中社長の作中の言葉に、僕は煮え渡る熱狂と力を感じとった。
どこまでがフィクションで、どこまでが事実かは僕にはもちろんわからないが、このオンデーズ物語を読めて、本当によかった。

何度も、僕は読みながら感動をした。

そして、何度も胸が熱くなり、何度も「自分も、今を頑張りたい」と感じた。小説が、NEWSPICKS BOOKとして刊行された意味がわかりました。

これぞまさしく、「行動したい」「挑戦したい」と思っている人が読むべき本であるし、「何か仕事のヒントが欲しい」と思う人にピッタリでもある。

さらに、物語としても、もちろん読み応えがあるので、どんな人が読んでもプラスになる本だ。

全てのエピソードを紹介したいが、とくにおすすめしたいのが、震災時の、東北でのエピソードと、藤田社長と、高橋部長のエピソードだ。読んで欲しいので詳しくは書かないが、その出来事を知ると、きっと心の中で「なにか」が動くハズだ。

OWNDAYSはメガネ業界のファストファッション

こう言いきるまで、数々の困難とドラマがあり、その後も、困難の連続であったOWNDAYSが、今世界で人気店として、堂々と存在している事に、感動した。

人それぞれにはドラマがあり、会社にもそれぞれドラマがあるとはよく言うが、これ程のドラマはなかなかないのでは?と思える。

OWNDAYSは、決して、スムーズに進まなかったが、ピンチの度に、何度も困難を乗り越えていく。
読み進めていくと、これはフィクションか?このエピソードは事実か?なんて僕は考えなくなった。いつしか、田中社長の視点となり、物語の中に入っていた。そして、田中社長の苦悩と葛藤が、どれだけ凄まじいものであったか想像してみたが、計り知れなかった。

困難があるほど、ストーリーとして強くなり、武器になる。そう考えたら、多くの試練をのりこえた今のOWNDAYSは、どこよりも強い。何より、一緒に頑張ったスタッフがいる。そして、支持するお客様が世界中にいる。

本の中には、仕事をするうえで大切な事が多く書いてあり、伝わってきた。
自分事に置き換えた時、応用できる事であるし、すぐに実践するべき事だと思った。

夢や目標があるならば、やるべき事は何か?を再度教えていただいた。

圧倒的努力と、熱狂と、感謝だ。

どれかひとつでも欠けていれば、この本はなかっただろう。OWNDAYSも、いまの形ではなかっただろう。

夢や目標は、一人では叶わない。

誰よりも努力をして

誰よりも熱狂をして

誰よりも感謝の心を忘れない

この3つを、教えてもらいました。

破天荒フェニックス、おすすめです。

ぜひ、読んでほしい。

https://amzn.to/2Cljpb4

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
真木崇志
◾️大阪でダイビングショップ経営 初心者の方も大歓迎です。 ◾️ホスピタルアート活動 県立病院や国立病院など12カ所で海の写真や映像を展示。詳しくは↓↓ https://rize-sea.jp/