マイマイ計画(野島智司)

ネイチャーライターの野島智司(小さな脱線研究所代表)による、身近な自然がテーマのプロジ…

マイマイ計画(野島智司)

ネイチャーライターの野島智司(小さな脱線研究所代表)による、身近な自然がテーマのプロジェクト。「あそびらき」についてのこと、生き物のことなど、書いてます。http://maimaikeikaku.net

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

プロフィールページ

※2024年1月現在、野島智司はtheLetterからの発信をメインにしています。最新情報はこちらからどうぞ。 マイマイ計画とは マイマイ計画は、ネイチャーライター/作家の野島智司による、身近な自然をテーマにした個人プロジェクトです。 雨の日にそっと顔をだすカタツムリ、風に舞うタンポポの綿毛、世界をカボチャ色に染める夕陽…。 私たちの身近にある自然は、お金をかけず、人を選ばず、すべての人々の生活を、等しく彩ってくれる大切な存在です。 けれど、そんなささやかな存在は、現代

    • かたつむりとかなしみ

       かたつむりという生きものを、人間の感情にたとえるなら、かなしみという感情にもっとも親和性があるかもしれない。 『ごんぎつね』で知られる児童文学作家、新美南吉の童話の1つに『でんでんむしのかなしみ』という作品がある。主人公のでんでんむしは、自分の背中の殻の中にかなしみがいっぱいつまっていることに気づき、嘆く。そして、友達にそのことを話すと、友達の殻の中にも、同じようにかなしみがいっぱいつまっているということを知る。やがて、かなしみは誰もが持っているということに思い至り、「自

      有料
      300
      • しぜんとしぜんにプロジェクト「ようちえん・ほいくえん編」

        今回は、マイマイ計画としての新たな試み「しぜんとしぜんにプロジェクト」2つ目のお知らせです。 人と自然が自然なかたちで出会う場をつくるプロジェクト。 今回紹介するのは、2つ目の「ようちえん・ほいくえん編」です。 くらしのなかのさまざまなスキマに入り込んで、自然と自然に出会う場をつくりながら、いずれは日常的な場を持続可能な形でつくることを目指していきます。 ようちえん・ほいくえんという、幼いこどもたちにとっては日常の空間。そこでの自然との出会いというのは、その後の人生にも

        • しぜんとしぜんにプロジェクト「ウエディング会場編」

          今回は、マイマイ計画としての新たな試みのお知らせいたします。 そのプロジェクトは「しぜんとしぜんにプロジェクト」 これは、人と自然が自然なかたちで出会う場をつくるプロジェクトです。 こうもりあそびばをはじめ、長年こどもの遊び場づくりに関わってきて思うのは、人が自分らしく過ごせる居場所があれば、人は自然と自然に出会うようになるということ。たとえば、ゲームばかりやっている子のすぐそばにトカゲが現れた瞬間、ゲーム機を放り出してトカゲを追いかけ始めるというような場面が必ずあります

        • 固定された記事

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • その他エッセイ
          マイマイ計画(野島智司)
        • マイマイ計画のお知らせ
          マイマイ計画(野島智司)
        • 写真と言葉の種
          マイマイ計画(野島智司)
        • あそびらきと子育て
          マイマイ計画(野島智司)
        • 小さな脱線研究所からのお知らせ
          マイマイ計画(野島智司)
        • しぜん授業
          マイマイ計画(野島智司)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          写真詩「いきをする」「ファンタジーのかけら」

          ひさしぶりに写真詩を2つ作りました。 写真詩をつくることは、自分にとって癒やし。 あくまで自分のためにつくっていこうと思う。 そこがブレると、なんかつくりたい気持ちになれない。

          有料
          300

          写真詩「いきをする」「ファンタジーのかけら」

          以前インタビューしていただきました。なんか小っ恥ずかしいのですが。|いつもの道から脱線し、身近な自然を再発見する「小さな脱線研究所」 #1 https://mitsuya-aozoratasuki.asahiinryo.co.jp/yomimono/513/

          以前インタビューしていただきました。なんか小っ恥ずかしいのですが。|いつもの道から脱線し、身近な自然を再発見する「小さな脱線研究所」 #1 https://mitsuya-aozoratasuki.asahiinryo.co.jp/yomimono/513/

          『場づくりの主文脈と逸脱文脈(仮)』

          いずれ、このようなタイトルの本を書きたいなぁと思っている。 基本的には修士論文の内容が骨格なのだけれど、その後こうもりあそびばの実践も経験して、フリースクール/オルタナティブスクールに関わることも多くなって、身の回りの人たちに理解して欲しいと思うことも増えて、より実践と理論をつなぐ感じの本が書きたくなった。 遊びの場、学びの場を作ろうというときに、必ず問題になるのが、オトナとコドモの関わり方や距離感である。

          有料
          600

          『場づくりの主文脈と逸脱文脈(仮)』

          7月のオープンラボ「小さな世界をのぞいてみよう」

          7月9日(日)はオープンラボの日。テーマは「小さな世界をのぞいてみよう」でした。 もともと「住み開き」で始まったオープンラボ。前日から大雨でしたが、誰も来なくても開いておく「心の避難所」的なスタンスで実施しました。申し込んでくださった方には無理に参加しないように伝えていましたが、午後には雨も上がって警戒情報が解除され、結果的にたくさんの方に来ていただけました。 今回は近所の親山公民館を借りていたので、いつもの古民家とは雰囲気が違いましたが、これもこれで良い感じ。初参加の方

          7月のオープンラボ「小さな世界をのぞいてみよう」

          「佐波いきもの調査隊」体験会のお知らせ

          佐波いきもの調査隊は、フリースクール「産の森学舎」中学部の子どもを中心に今春結成された、学外から参加可能なサークルです。いつもは月2回、金曜の午後に開催していますが、今回は特別編。佐波いきもの調査隊のメンバーの案内で、みんなで整備しているビオトープを見学します。生きもの好きな子どもたち、あつまれ!(この活動は、エフコープ環境助成金事業です。) ◇ 8月9日(水) 9:00~11:00 ◇ 対象:小学生~大人 (定員15名)       ※川の飛び石を渡り、起伏、穴がある場

          「佐波いきもの調査隊」体験会のお知らせ

          7月のお知らせ

          最近はtheLetterがメインになっていて、こちらほったらかしになっていました。すみません。良かったらご登録お願いします。 さて、そんなわけでコピペですが、7月のマイマイ計画/小さな脱線研究所関連のイベントのお知らせです。 今回のお知らせは4つ。※オープンラボはすでに終了しています。次回は8月6日の予定です。 なお、夏休み期間中にも予定があるので、決まり次第随時お知らせします―。 よろしくお願いします。 1.7月オープンラボ「小さな世界をのぞいてみよう」今回のオープン

          【ニュースレターはじめます】 私、野島智司がくらしのなかで感じることなどをエッセイにしてお届けします。イベント情報+毎月エッセイ1本だけなら無料です。 もし気が向いたら、お気軽にご登録くださいー。 https://maimaikeikaku.theletter.jp/

          【ニュースレターはじめます】 私、野島智司がくらしのなかで感じることなどをエッセイにしてお届けします。イベント情報+毎月エッセイ1本だけなら無料です。 もし気が向いたら、お気軽にご登録くださいー。 https://maimaikeikaku.theletter.jp/

          オープンラボ「春をさがそう」レポート(2023年2月4日)

          2月4日は数カ月ぶりのオープンラボでした! オープンラボは、小さな脱線研究所の住み開きイベント。 本来は、月一回程度の頻度ですが、昨年11月末のオープンラボが中止になって以来、間が空いてしまいました。 今回は準備もなんだかバタバタ感がありましたが、無事に開催できて良かった! 今回のテーマは「春をさがそう」 前半、まずは庭で春を探しました。 そして、庭の池のニホンアカガエルの卵塊を観察したり、つぶつぶの数を数えたりしました。 お昼ごはんをはさんで午後は、近所のさんぽをし

          オープンラボ「春をさがそう」レポート(2023年2月4日)

          あけましたー

          2023年になりました。 …と言っても、もう8日ですが。 2022年はあまり発信していませんでしたが、いろんなことがありました。 春にメンタルをやられてしまって、胃腸もやられ、ずーーーん。 回復してきた年末にはコロナウイルスとノロウイルスに立て続けにやられて、寝込みっぱなし。 ・・・と、さんざんな感じではありましたが、そんな中でも、いろいろ実現できました。 2月に小さな脱線研究所のオープンラボを再開(転居後は初めて)。 7月には瀬戸口恵さんによるテーマソング収録ワークショ

          ふと、ウクライナの自然が気になる

          せっかく現代はインターネットがあるのだから、どこかでシェアされるあやしげな情報戦に巻き込まれるのではなく、そこにある自然や、人々の暮らしに自分から触れたい。 カタツムリ関係で、ウクライナ北部の写真家、ヴャチェスラフ・ミシチェンコさん。 ネット上でよくシェアされたので、リンク先のファンタジックな写真には見覚えのある人もいるんじゃないだろうか。 あまりに幻想的過ぎて、作り物感がしてしまうくらい。 検索サイトで「ウクライナ 自然」と検索するだけでも、素敵なところがたくさんあっ

          ふと、ウクライナの自然が気になる

          音声配信2回目「カタツムリの方言」

          かたつむりって、かつては色んな呼び名(地方名)があったんです。 っていうお話を朗読しました。

          音声配信2回目「カタツムリの方言」

          小さな脱線ラジオ(音声配信)の試み

          しゃべるの苦手なのに、stand.fmとspotifyで、おそるおそる音声配信をはじめました。自著の朗読がメインです。 応援してもらえたら、毎週定期更新するかもです。 テーマ曲は福岡のシンガーソングライターの瀬戸口恵さんが、私の詞に曲を付けて弾き語りしてくださったものです。 曲を聴きたい方には、私の声が邪魔ですが…! ▼stand.fm https://stand.fm/episodes/61f37f1aa338e6000610d1e9 ▼spotify https

          小さな脱線ラジオ(音声配信)の試み