前田有一┃映画批評家

浅草出身 宅建主任者、健康運動実践指導者、社会・政治記者を経て映画批評家に。映画会社等に所属していないため、業界人への忖度なし、遠慮なしのガチ評で知られる。TVラジオ雑誌等のマスメディアや日本最大級の批評サイト『超映画批評』にて活動。新著「どうしてそれではダメなのか。」(玄光社)
    • 映像・報道分析から探る、政治/時事問題のウラ

      映像を読み解くことを生業とする映画批評家が、プロパガンダのテクニック分析などと用いて政治問題、社会問題を読み解きます。

戦争を招いた原因に目を向けず、"被害国"にのみ肩入れする感情論では何も解決しないどころか、悲劇が繰り返される

このシリーズの第一回では、ゼレンスキー大統領の国会演説は日本人向けオーダーメイドであり、日本人の情緒に訴える仕掛けが多数あることを実例を挙げて示しました。 第二…

ゼレンスキー演説は、日本政府にとってこそ有意義なものだった

ゼレンスキー大統領の、日本への具体的な要求とは前回、ゼレンスキー大統領の演説は日本人向けオーダーメイドであり、日本人の情緒に訴える仕掛けが多数あることを実例を挙…

3.23 ゼレンスキー大統領の日本国会オンライン演説を映画評論家が分析したら、そのプロパガンダ性が浮き彫りになった

カメラの構図・位置などからわかる、日本人に与えようとした印象とは?22年3月23日18時、日本の憲政史上初めて国会(議員会館)で紛争中の外国首脳が(オンライン)演説を…

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』85点(100点満点中)

ネットにはネタバレがあふれているので要注意!noteでは映画批評記事をアップすることはなかったのですが、この映画に限っては ・ネタバレしたら面白さが半減すること ・…

北京五輪を外交的ボイコットしようと言ってる人は中国の工作員?

来年開かれる北京冬季五輪について、アメリカとオーストラリアが政府使節団を派遣しない「外交的ボイコット」を決めました。 両国は対中国を見据えた新しい軍事同盟オーカ…

『スパイダーマン』新たな3部作をトム・ホランド続投で製作?

シリーズのプロデューサーでありソニー・ピクチャーズ元会長のエイミー・パスカルが、トム・ホランド主演の新たなスパイダーマン3部作の製作を示唆したことで、アメコミ映…