マガジンのカバー画像

タカテツの対話レポ(参加対象:中学生以上)

35
2022年から開催しているタカテツ=川崎市高津区の哲学カフェ主催の対話の会のレポートです!
運営しているクリエイター

記事一覧

2024/6/4「人生における成功とは何か?」レポ

今回のタカテツは8名の方で対話をしました。 初めましての方が5名で、新鮮な回となりました…

2024/5/23「自己開示するとき、どうやって距離感図っていますか?」レポ

今回のタカテツ(川崎市高津区の哲学カフェ)は、参加者5名で行いました。お題は、その日の参…

2024/5/18哲学対話×LEGO®SERIOUS PLAY®~「こころの豊かさとはなにか」について考…

哲学対話とLEGO®SERIOUS PLAY®をコラボしたらどうなるのかな?という実験イベントの第3弾を…

2024/4/19哲学対話×LEGO®SERIOUS PLAY®~「はたらく」について考える~レポ

哲学対話の場とLEGO®SERIOUS PLAY®をコラボしたらどうなるのかな?という実験イベントの第2…

2024/4/11 自分の「利用価値」や「機能性」ではなく、存在そのものを受け止めてくれる…

今回のテーマ「自分の「利用価値」や「機能性」ではなく、「存在そのもの」を受け止めてくれる…

2024/3/20 哲学対話×レゴシリアスプレイ「友情について考える」レポ

哲学対話の場とLEGO®SERIOUS PLAY®をコラボしたらどうなるのかな?という実験イベントを実施…

2024/2/23「器の大きい人ってどんな人?」レポ

今日は、7名定員でタカテツ初参加の方が6名という、大変珍しい会でした。いつもは、常連さんと初参加の方が半分くらいの割合で、どんな方が参加されるかわからないので、少し緊張しました。 初参加の方は、東京新聞の記事を見ていらした方が多く、有難い限りです。 さて、今回のテーマは、先月のオンライン哲学対話で「うすっぺらい人ってどんな人?」のテーマの時に、うすっぺらい人の対極は「器の大きい人なのでは?」という流れになり、「じゃあ、器の大きい人ってどんな人なのか」を考えよう、と思い、設定

2024/1/28「どうして日常のもやもやについて、誰かに聞いてほしいと思うのか。このよ…

参加者7名のうち、4名が初めてタカテツの哲学対話に参加される方でした。 今回は自己紹介で、…

2023/12/23「DX化に向けて、『人がやった方が丁寧でありがたみがある。』という思いは…

11月に受講した市民向け講座「AIがもたらす社会的インパクトと地域活動への活用」から、ふと…

斬新な!ワークショップをやってみたレポ

なんと、参加者がアイマスクを付けてお話して、そのあと庭園散歩(その時はアイマスク外しまし…

哲学対話のワークショップ化をさぐる企み#2レポ

 はじめに今回は2回目の開催となります。前回の反省を活かして臨みました! 前回の記事はこち…

2023/10/5「時間の浪費・消費・投資」とは?レポ!

時間の浪費、消費、投資について考える時間。今回は、ファシリテーター含め、6人で対話しまし…

2023/9/18「悪口ってなに?」レポ!

みなでテーマを決めてから考える回でした。 最初に各人から出た(テーマ)もやもや ・正しい諦…

哲学対話をワークショップ化する企み レポ

 はじめに  今年の5月から3か月、私は青学の社会人大学に通い、ワークショップデザインというものを学びました。  その結果、私が今まで参加、または主催したことのある哲学対話は、ワークショップデザイン的には、とってもざっくりしたプログラムである。ということがわかりました。  そもそも、哲学対話の定義がはっきりしておらず、主催者の意向によって哲学対話の目的や手法が異なるので、もしかしたら、ざっくりしていない哲学対話の場も既にあるのかもしれませんし、大きな問いかけをすることが哲学対