色々やってきた20年 その3 Lotus Notes

非ITで入社して、紆余曲折を経て情報システム部門に配属になり20年

前回の引き続きLotus Notesについて
先輩たちが特殊と言ったのは何故か

ここの情報システム部門はいわゆる内作部隊で、メインフレーム使ってたので、そのプログラマーが主な人員でした。
プログラムとデータベース、ユーザーの入力画面をそれぞれ作っるのが普通。

それに対してLotus Notesは一つのデータベース内に画面フォームがあり、配置したフィールドにデータを格納する仕組み。
さらにはボタンを配置して、その中にプログラムを入れたり、タスクマネージャーのように時間でバッチプログラム走られてたり。
開発方法もビジュアル配置をマウスでやって画面を作ることも出来たし、専用のエディタでVBAみたいなスクリプトやjavaもできたし、メインフレームだいぶ違ったんだなと。

次回はもう少しLotus Notesの機能的なはなしでも

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!