マガジン

  • 夢とうつつの物語

    無意識と癒しの不思議な物語の思考実験

    • 夢とうつつの物語

最近の記事

この先やっていきたいこと

私は今、NVC(Non-Violent Communication-非暴力コミュニケーション)が、心の世界に特段興味を持っていない、いわゆる「普通の人」に通用するのかどうか、誰の人生にも良い影響を及ぼしうるメソッドなのかどうかに興味がある。 だから今、会社で、NVCを全く知らない人たちに、Googleの大義名分を借りて「心理的安全性って企業において超大事だよね」とNVCの勉強会を始めてみた。初回の参加者の感想はとても好評で2回目の希望も出たので継続しようと思う。 ところで

スキ
8
    • 自分でできる自己共感の練習

      うつ病などカウンセリングでよく用いられる認知行動療法(認知のゆがみに気づき、変容するやり方)と、NVC(Non-Violent Communication)を掛け合わせ、ひとりでできる「自己共感」の練習法を考案しました! これ個人的におすすめです。 やりたいのは、自分の感情に気づき、寄り添うこと。 このワークで、意外な発見があるかもしれません。 「自己共感の練習」のやり方最近「快」を感じた出来事と、その時感じた感情を、思いつくだけ書き出します。 (例1)久しぶりにヨガ教

      スキ
      5
      • 非暴力コミュニケーションNVCとは

        NVCについて全体像をざっくり解説したものが見つからなかったのと、NVCを知らない人にどう紹介できるかという自分の中の整理のため、簡単な説明を試みます!(興味が出たらぜひ本を読んでみてください) NVCとはNon-Violent Communication(非暴力コミュニケーション)の略で、1970年代に、アメリカの臨床心理学者マーシャル・B・ローゼンバーグ博士によって体系化されました。 「非暴力」と聞くと、ガンジーの非暴力主義が思い浮かびます。インドには紀元前、宗教が生

        スキ
        7
        • 怒りを認知する

          怒りは私にとって人生のテーマのうちの一つだと思う。 ふと自分にメタ認知力がないことと、私の抑えきれないほどの怒りは、関連してるんじゃないかって気がした。 そのことをメンターの先生に相談したら、以下のやり取りの中でやっと繋がった感覚、理解できた感覚があった。 「じゃあ一緒に考えよう。あなたが怒っている時、どうメタ認知を生かす?」と先生に問われた。 ー怒りは解釈の歪みが原因。だから、メタ認知で客観的観察をし直して、事実を捉え直す? ……いやいやいやいや!絶対に無理! 怒りは

          スキ
          1

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 夢とうつつの物語
          kino

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          子供の時に分かったこと

          シャバアーサナ中にふと、小学校に上がる前の感じを思い出していた。私はあの頃、この世界がとても珍しかった。目があることによってこの世界が分かって、耳があることによってこの世界が分かって。そのことが凄すぎて凄すぎてすさまじすぎて怖かった。明日の朝、もし目が見えなくなったら、耳が聞こえなくなったら、もしくは二度と目覚めなかったら…と思うと怖くて夜眠れなかった。それくらい自分の体を畏怖してたし、深く愛していた。大切に思っていた。 でも長く生きるうちに、目で見ることも耳で聞くことも当