食べる、を考える LOCAL FOOD TABLE

個の集まりが「食べる」の本質を考え、ローカル食文化、食ビジネスに取り組むソーシャルベンチャーをつくります。コロナショックを経たことで、オープンに問題意識を発信して、より多くの方と意見交流をしたいと考えました。/富山の社会起業家発、シェフ、生産者、事業家、企業の輪が広がってます。

#6 建設と食との関係は?ゼネコンが考える、地方のまちづくりとは

富山で活動している、社会起業家・クリエーターの明石博之です。 今回はじめて、一緒に活動しているメンバーを紹介いたします。東京のゼネコンで働いている青木章宏さん。…

#5 飲食店の枠を飛び越えろ!

富山で活動している、社会起業家・クリエーターの明石博之です。 飲食店のグランドメニューの値段を変えることは大変難しいことです。さらにそれらの食材の原価を現状維持…

#4 自然農法から学ぶ、食べるウォンツ

富山で活動している、社会起業家・クリエーターの明石博之です。 前回、ビストロ「RIZO」の盛田シェフとお話をしたあと、飲食店という存在の不自然さに、心を奪われてしま…

#3 盛田シェフと考える、これからの飲食店のあり方と拠点づくり

富山で活動している、社会起業家・クリエーターの明石博之です。 私たちが構想している「Local Food Table(LFT)」にぜひ、ガッツリとコミットして頂きたいシェフがいま…

#2 ランチのニーズが過小評価されているかも?

富山で活動している、社会起業家・クリエーターの明石博之です。 引き続き、ビフォアコロナに計画していた話です。すでに時代遅れだ、と自覚しつつも吐き出してしまいます…

#1 外食の経営モデルについて考える

富山で活動している、社会起業家・クリエーターの明石博之です。 「Local food table」 は、ビフォアコロナの2019年から構想を温めてきたプロジェクトです。当初は、地方…