マガジンのカバー画像

エッセイ『Soul Journey』:海外でゼロスタート編

12
留学でも、転勤でも、駐在員妻でも、国際結婚でも、ワーホリでもなく。 単に「好きな場所に住みたいから」という理由で、ヨーロッパ移住を決め、単身渡欧。ゼロから海外で生活を立ち上げる… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

自分をハッピーにし、理想の社会をつくる、日々の小さな選択

ここ最近ずっと、靴を探していた。 歩きやすくて、デニムにもスカートにも合わせやすくて、そ…

2週間前

流れに身を任せて生きる

昨日、大家さんのアンドレアから「ちょっと話があるんだけど、時間作ってくれる?」と連絡が来…

3週間前

何があっても、何がなくても、幸せであれる心

ほんのり甘いリコリスティーを飲んでいたら、ふと、「あ〜幸せだなぁ〜」と、じんわり至福な気…

3週間前

愛すべき不思議の国、オランダ

昨日、スーパーに向かって歩いていたら、街の雰囲気がいつもと違うことに気づいた。 平日なの…

3週間前

やりたいことや、大切なことが分からなくなったら。

4月に入ってから2度も風邪で寝込んでしまった。 どちらも38度越えの熱が何日間も続き、身体中…

4週間前

結婚とは?夫婦とは?家族とは?

先週、友人一家にクリスマス・ディナーに招待いただいた時のこと。 アレコレ話をする中で、結…

4か月前

女はたった一人の王子に焦がれ、男は複数のプリンセスを想う。

「男と女は、”運命の人”に対する考え方が全く違うんだよ」 友人の家で夜ご飯を食べていた時のこと。 スロベニア人女子の恋愛話を聴く中で、フランス人男子のアンドレアが言った。 その日集まったのは、アンドレア以外みんな女子。それもあって、「貴重な男子の意見を聴かせていただこうじゃないか!」と、冒頭のアンドレアの言葉に、女子は全員前のめりになった。 「つまりさ、女子は、”白馬の王子様”はたった一人だと考えてるんだよね。一方、男子は、”僕のプリンセス”は複数存在すると考えている」

スキ
19

「私はあなたのことが大好きだよ」

数日前まで、スペイン人の友人が遊びに来ていた。 学生時代のワンルームを彷彿とさせる、コン…

5か月前

色気とセクシーとSexy

「つまり、色気を感じるものが、私は好きなのかも」 最近ぼんやりと考えていた。 これは、「…

6か月前

直感に従うことは、宇宙とハーモニーを奏でること。

いつもはひと仕事終えた夕方以降をお買い物タイムにしている。 しかし、なぜか昨日の夜から「…

6か月前

人間の計画と神の計画と、木曜日の飛行機

今日は朝一で最寄駅に行った。友人を見送りに。 日曜の夜から遊びに来ていたフランス人の友人…

6か月前

ブラジルじゃないよ、ブリュッセル だよ

それは3日前のこと。 私は中国人の友達と、フランス人の友達と喋っていた。 話題は、「ネッ…

6か月前