新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

LIPSユーザーのクチコミから見る日韓ドクターズコスメの違いとは?【2022年8月2号】

LIPS labo

こんにちは、LIPS編集部です。LIPSユーザーの美容事情や、ビューティートレンドをピックアップする『LIPS labo』。
前回に引き続き、LIPS内でもクチコミが増加傾向にあるドクターズコスメにフィーチャー。今回は、日本でのドクターズコスメブームの火付け役ともなった韓国ブランドと日本ブランドの違い、さらに令和になってから話題となったドクターズコスメをLIPS ユーザーの投稿から調査・分析します。

1、withコロナの今、さらなる広がりを見せるドクターズコスメ

前回のLIPSユーザーへのアンケート調査からもわかるよう、日本ではこの2〜3年で『ドクターズコスメ』への興味・関心が高まりました。

コロナ禍でのマスクによる肌荒れをきっかけにスキンケアに対する意識が変わったこと、さらに外出する機会が減ったことで時間とお金の使い方が変わったことが要因として挙げられます。

今回はドクターズコスメの先進国である韓国と日本の違いを、LIPSユーザーのクチコミから分析するとともに、今話題になっているドクターズコスメについてもチェックしていきます。

2、【日本】満足度が高い一方、『コスパ』がこれからのキーワードに

コロナ禍を機に、皮膚科医など肌の専門家が開発・監修している=安心、信頼できるとして、ドクターズコスメの需要は高まっています。

ユーザークチコミから、注目度が高まっている日本のドクターズブランドをいくつかピックアップ。

①NAVISION DR 
日本最大手でもある資生堂が手掛けたドクターズコスメのラインということで信頼度が高いというクチコミが数多くみられました。
一方で、10代の若年層などからは「品質・効果に比例しているからだとは思うが、高価格(価格が高くて)で購入に一度躊躇する」という声も。
 
②Lov me Touch
神楽坂「THEスキンクリニック」上原恵理医師が監修するドクターズコスメ。SNSで自ら情報を発信するドクターが増えていますが、上原医師もその中の一人。(クリニックのECサイトでは、自身のブランド以外にも先生の審美眼に叶ったコスメも購入できるのも人気)

購入チャネルのハードルが低い一方、『NAVISION DR』同様、製品によって価格の高い製品もあり、その点がクチコミでも言及されていました。

 ③箸方(はしかた)化粧品
パッケージの無駄をそぎ落とし、手軽な価格帯で購入できるコスパの良さで、LIPSはもちろんSNSで最近注目されているブランドです。クチコミでも満足度も高く、Amazonでも手軽に購入できるところも◎。
ドクターズコスメの敷居を一気に下げてくれる可能性を秘めているのではないかと思います。
 
④ガウディスキン
日本人医師が、日本人の肌質に合わせて開発した医療機関専売のドクターズコスメ。高濃度ビタミンA(レチノール)を配合したアイテムが人気。SNSで「#ガウディスキン」をリサーチすると、約1万件の投稿があり注目度の高さが伺えます。一方でやはり"価格"が気になるという声も。
 
日本のドクターズコスメは『はしかた化粧品』のようなコスパの良いブランドも出てきていますが、「高くてなかなか手を出せない」という認識が定着しているように感じます。

そういった点からも「なぜ、この価格設定なのか」という理由をユーザーに伝える機会を設けることはもちろん、手に取りやすいエントリーラインから効果の高いハイエンドラインまで価格ラインアップが提案できるなど、多様な価格ラインを提案できることも必要かもしれません。

さらに
・開発に関わったドクター自らがSNSで発信
・販売チャネルの工夫、多様化
など、ユーザーがブランドと接触する機会をオフラインだけでなく、オンラインなどを通じて増やすことも重要になってくるのではないでしょうか。

3、【韓国】ドクターズコスメの敷居を下げたブランドが多数 

韓国では顔の造形や肌の美しさが重要視されており、コロナ以前から美容整形や美容皮膚科で施術、治療する文化が日本より浸透しています。
そのため、ドクターズコスメはかねてから一大カテゴリーとして確立されており多数のブランドが展開され、価格帯にも幅がある印象です。

LIPSで人気の韓国ドクターズコスメブランドをセレクトしました。

①Dr.Jart+ (ドクタージャルト)
一大トレンドとなった"CICA成分"を広めた元祖的なブランド。LIPSでは、「LIPS ベストコスメ 2020 年間 フェイスクリーム部門」で1位を受賞した「ドクタージャルト シカペア クリーム」が、今なお人気。
 
②Dr.Althea(ドクターエルシア)
日本発売から2週間足らずで約500件もののクチコミがLIPS内に集まった「パワー ブライトニング グルタチオンクリーム」が話題に。また「ダブルセラム バームファンデーション」(「LIPS ベストコスメ 2021  年間 クリーム・エマルジョンファンデ部門」2位)など、スキンケアだけでなくベースメイクアイテムも人気。
 
③AHC 
2009年に誕生したブランドで、韓国ではアイクリームが人気。日本ではドラックストアでも購入できるのが魅力。さらにSNS映えする、スティックタイプの日焼け止め「ナチュラル パーフェクション ダブル シールド サンスティック」など画期的な商品が多いのも印象的。
 
韓国ドクターズコスメは、Qoo10や楽天、Amazonなどで手軽に現地と同じ価格帯で購入できようになったことを背景に、日本でのドクターズコスメ人気の起爆剤になっていることは間違いありません。
また、パッケージがSNS映えするなど韓国ブランドらしいデジタルを意識した商品設計がなされているところもポイントではないでしょうか。

4、【番外編】令和になって流行ったドクターズコスメブランド

ドクターズコスメが日本で盛り上がりを見せたきっかけとして、日韓以外のドクターズコスメの存在も欠かせません。

<攻めのビタミンA成分が主力のドクターズコスメ>


・ZO SKIN
 
高濃度ビタミンAやハイドロキノンなどの成分を配合したスキンケアを使って、セラピューティックして短期間で肌を改善していく肌管理が人気に。
マスクをしているため、ダウンタイムが気にならなくなり、また皮むけなど写真でも肌の変化がわかりやすいことからSNSを中心に人気に火がつきました。
 
・ENVIRON
徐々にビタミンA濃度を上げていくステップアップシステムで緩やかに肌を改善していく人気のブランド。
 
ドクターズコスメ以外でも韓国ブランドのイニスフリーの「レチノールシカリペア セラム」などレチノール配合のスキンケアが人気に。CICA成分に続く、"レチノール"人気を作ったのは、上記の『ZO SKIN』『ENVIRON』が注目を集めたことも要因かも知れません。

『LIPSベストコスメ 2021』発表!2021年のビューティトピックから見る今年のトレンドとは?【2021年12月1号】(https://note.com/lips_labo/n/n7fc846fa210a#7845z)より抜粋

<マイルド系台湾発ドクターズコスメ>

・DR.WU
敏感肌のための低刺激のドクターズコスメ。マンデル酸のマイルドなピーリングが毛穴悩みに効果的と人気に。SNSでもバズったことがきっかけですが、低刺激という点で幅広い年齢層、また広い関心層をキャッチして飛躍した印象です。

5、日本のドクターズコスメの転換期となるか

コロナ禍を機に、広く知られるようになったドクターズコスメ。

日本発のドクターズコスメも増え始めた一方、今後ますますドクターズコスメ先進国の韓国、そしてその他の国からも参入してくると考えられます。

日本のドクターズコスメの課題は、
・価格
が挙げられます。

一方で、日本に比べて肌に対する意識が高い韓国では、すでに市場が確立されておりブランド数も、価格帯も幅があり消費者が選べる環境が整っています。

日本でもコロナを機に肌への意識が高まっていることは明白で、SNSの発展を背景に、美容皮膚科や美容外科も以前に比べるとより身近な存在になりました。今後、日本でもコロナを機に変化した肌への意識は、ますます高まると予想されます。

そのためSNS戦略と価格戦略次第では、5年後、10年後、韓国のようにドクターズコスメの市場が確立されるのではないでしょうか。

取材協力/髙丘美沙紀


★アンケートご協力のお願い★
「LIPS labo」をお読みいただきましてありがとうございます。お手数ではございますが、本記事をお読みになった感想をお伺いしたく、アンケートへのご協力をお願いいたします。(項目は3点のみです。ご協力を何卒よろしくお願いいたします)

★過去の記事はこちらから★

★アプリダウンロードはこちらから★
App Store
Google Play

★お問い合わせ★
LIPSで出稿をご検討の企業様は資料をDLの上、lips-sales@appbrew.ioまでお問い合わせください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!