Linkhola Inc.

日本人も、日本に暮らす外国人も、みんなと一緒に「新しい暮らし」「新しい○○」をどう創っていったらいいのか考えたい。そんな想いをnoteに綴っていきます。「日本で一緒に暮らす」私たちのこれからを、幅広く模索し、発信していきます。

Linkhola Inc.

日本人も、日本に暮らす外国人も、みんなと一緒に「新しい暮らし」「新しい○○」をどう創っていったらいいのか考えたい。そんな想いをnoteに綴っていきます。「日本で一緒に暮らす」私たちのこれからを、幅広く模索し、発信していきます。

    最近の記事

    都会から離れて起業する&暮らす~小浜TEtoKIの事例

    都会から地方移住し起業する~小浜TEtoKI ほぼほぼ第2波、冬に第3波となると、長期戦を見越して、都会から離れる移住者、ワーケーションを本気で考える人も増えていくと思います。とはいえ、都会の企業に属したままのテレワーク型の移住の他にどんな選択肢があるのか先駆者の事例は知りたいところ。地方で自分のスキルを活かして、地域まちおこし隊や、起業を考える人、ローカルベンチャーに奮闘するという選択肢もあるかもしれない。 縁あって、コロナ下で新しいビジネス、スモールビジネスの立ち上げに

    スキ
    12
      • 都会を離れて働く&暮らす?”well-beingの探究”ケース1-真鶴

        移住ってどうなの?踏み切るその前に・・・前々回の投稿「郊外・地方への分散。働き方×暮らし方は十人十色に!」で紹介しました。移住、職住近接...etc 実際に踏み切るかどうかはともかく。ひとつ紹介したい「新しい職住のスタイル」があります。「海を感じて二拠点居住」あるいは「海の街の職住近接」って勝手にネーミングしちゃいますが、オープンしたばかりの神奈川「真鶴」にあるコワーキングスペースの事例をご紹介します。 おススメ1:身近な人に聴こう!職住近接→準・二拠点居住の例身近な人にい

        スキ
        14
        • オンライン化がもたらした新しい価値感と繋がる世界

          こんにちは、Linkholaです。  緊急事態宣言の解除から1か月余りが過ぎました。コロナ禍によるリモートワークや外出自粛によって、オンライン化が進んだと言われて久しいですが、今回は改めてはこのオンライン化をテーマで投稿します。 オンライン化が進んだというけれど、何が変わったの? コロナ禍に伴う外出の自粛によって世界はオンライン化が進んだと言われています。しかしコロナが広がる以前からメールやSNS、インターネット上での会議などオンラインによるコミュニケーションは行われてい

          スキ
          7
          • 郊外・地方への分散。働き方×暮らし方は十人十色に!

            こんにちは、Linkholaです。 7月5日の今日、私たちの拠点のある東京都の「都知事選挙の日」に、このテーマで投稿します。 コロナにより、脱・東京一極集中が加速化するコロナを機に、テレワークがいや応なしに進みました。新聞・雑誌には、「脱・東京一極集中」「テレワーク前提の職住融合」という文字がおどり、TVやYouTubeなどでも話題にあがる。地方自治体は「移住」のオンラインでの相談会・勧誘に力がはいる。 メガシティ(海外に多い)、スマートシティ、コンパクトシティ、といっ

            スキ
            19

            「新しい暮らし」「新しい○○」を考えていきます!

            私たちは、eTOIRO、日本で暮らす人、日本人も在住外国人もカラフルに暮らせる、交流できるオンラインコミュニティの創造をビジョンに掲げて2020年1月に設立しました。 先般の緊急事態宣言まっただ中のGWに、#UCafeオンライン配信プラットフォームを公開し、ポジティブにStayHomeを過ごすオンラインコンテンツの配信をスタート! コロナによって、暮らし、交流の姿、あり方がガラッと様変わりし、働き方、教育、地域社会等にデジタル化、オンライン化が急激に広がりました。そして、

            スキ
            2