食える起業家と食えない起業家をわけるもの

こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。

「自分のテーマで仕事をしたい!」

こんな風に考えていて、
テーマもある程度決まっているなら、あとはやるだけ!

そんな風に考えるとワクワクしてきます。

ところが、いざ始めてみてから、

「あれ?忙しいのに全然売り上げが上がらない・・・」

こんな風に気付く人がいます。


有料でサービスを提供していて、まあまあ忙しいのに、お金が入ってこない・・・。

その原因はなんだと思いますか?


それは、ズバリ、

単価が安いから。


アロマの講座で月30万円稼ぎたいんです

別にアロマの講座でなくてもいいんですが、
何かの資格をとって、それを教えるセミナーや、
体験のワークショップをしようと考える人って、意外といます。

30万円を目標にするのも、いいと思うんです。

で、「参加費はいくらぐらいで考えてますか?」

こんな風に聞くと、

「1,000〜3,000円位かなぁ」
と答える人は多いけど、

「1万〜3万円位かなぁ」
というひとは、あまりいません。


30万円を売り上げるのに、参加者は何人必要?

参加費3,000円は、お手頃な金額なので、
申し込まれやすいと思います。

では、何人からお申し込みがあると、
売り上げが30万円になるでしょう?

パパっと計算できました?

そう、答えは、100人!

毎月100人の方に参加してもらえれば、
30万円の売り上げです。

どうですか?行けそう?

起業したてて、毎月100人集客できたら
すごいですね。

でも、多くの場合無理です。

ちょっと計算すればすぐわかるけど、
こういう計算をしないで、はじめてみて、

「あれ?全然売り上げが上がらない!」
って気付く人がいます。

だから、自分のテーマで仕事をするときは、
ラインナップの中に、ある程度単価の高いものを
用意しておく必要があります。

そうしないと、ひたすら頑張っても、
自転車操業で余裕がありません。

こんな風だと、お客様に提供するサービスの
クオリティも上がりませんから、要チェックです。

でも、単価の高いサービスって、どうやって売るの?

こんな声が聞こえてきそうです。

それには、ビジネスの仕組みをつくるのが確実です。
いきなり単価の高いサービスを売ろうとしても売れないので、ひとつずつ進みやすいようにステップを作るんです。

そして、あなたのテーマに興味を持ってくれる人を増やしていきましょう。
そのためには、やっぱり情報発信です。

時間はかかるけど、コツコツと取り組めば、ファンになってくれる人が少しずつ増えていきます。

そして、ファンになってくれた人たちのお悩みや困りごとを
解決できるサービスを用意して、提案していくわけです。

これは、1,000円とか3,000円がスタートだとしても、それで終わりではなくて、
その先にしっかりとお役に立てるサービスを用意するわけです。

内容が充実したサービスなら、その分、価格も高くなります。
こういうサービスをバックエンドと言います。

バックエンドが売れるようになると、
売り上げも安定します。

バックエンドを買っていただくには、
色々なアプローチがあります。

個別相談にきてもらい、提案する方法もあれば、
説明動画を見てもらい、興味を持ってもらう方法もあります。

あとは、バックエンドについて解説した資料を
用意して、そちらをしっかり見ていただいた上で
申し込んでもらう、という方法もあるんです。

バックエンドはすでにあるけど、
どうやって売ればいいかわからない、という方は、
梅崎もお世話になっている
岡田鉄平さんの動画講座がおすすめです。

興味のある方は、こちらをチェックしてくださいね。


「なんとなくテーマは決まっているけど、
どこから始めればいいかわからない」という方は、
バックエンドの売り方を学ぶ前に、バックエンドの商品を作りましょう。

それには、こちらのメール講座が役に立ちますよ。

自分のテーマで仕事を作るための基本がわかります。課題もあるので、取り組むことで、前に進めますよ。

ぜひ、どうぞ!









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
また、新しい記事書きます〜
1
自然と人の役に立つ「自分のシゴト」をカタチにして、起業したい方向けに、サポートしています。 「好きで得意」を活かして、自分だからできることをテーマに起業するために、役立つ情報をお届けします。 また、参加体験を通じた学びの場を作るためのファシリテーションのスキルをお伝えしています。