見出し画像

黒字か赤字かの境界線と方策について

損益分岐点分析分析(Profit and Loss Statement(P/L)と)は

損益分岐点とは売上高が費用とちょうど等しくなる売上高を示します。公式を以下に示します。

1.損益分岐点売上高 = 固定費 ÷{ 1-(変動費 ÷ 売上高)}
  固定費とは、売上の増減に関係なくかかる費用のことをいいます。
       変動費とは、売上の増減によって共に変動する費用のことをです。
損益分岐点売上点売上高を超える売上高をあげることができれば、利益が生じます。損益分岐点売上高を下回ること売上高しかあげることができなければ損失が生じます。

損益分岐点を下げる方策

損益分岐点を下げる方策として、費用を減らす、売上を増やす2つの改善があります。以下で説明します。
①費用の削減について
変動費の削減については、部品数を下げる、大量搬送、型を用いた大量生産などがあります。製品の品質低下により売上減少がおきないように配慮します。固定費の削減はレンタル会社へのアウトソーシングなどの事業そのものの再検討、再構築をします。
②売上を増やす
売上高は、単価×客数×回転数で求められます。売上を上げるためには、「単価」「客数」「回転数」の3要素に対して対策を講じ、数字を増やしていくことが必要です。変動費と固定費を削減し単価を下げたうえで、客数、回転数を増やすごとに損益分岐点を下げることができます。

       




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
どのような場面でも役立つスキル、情報を共有します。 1.投資について 2.サービスとプロジェクトのマネジメントについて 3.プログラムなどのICT技術について twitter: https://twitter.com/LifeAdviser1234