マガジン

  • ざっき

    研究日誌とかメモとか

  • 動物ナビゲーション話

    動物のナビゲーション能力に関する話を溜めていく予定

  • 鳥研究のあれこれ

    鳥の研究話を溜めていく予定

  • 論文メモ

  • ペンギン調査日記 2016/17

    2016年12月〜2017年2月に南極フランス基地でアデリーペンギン調査をしたときの日記

最近の記事

20220807 研究日誌

やっと寝足りたかも。体重は一瞬でまた増えた。 ■ 「割に合わない」と思っちゃう問題について、ぼんやり考え続けていた。 見返りを求めないように、と書いたけど、よく考えると見返りを求めているわけではない気がしてきた。かけた時間などと得られたものを比べてプラマイプラスになってほしいわけではなくて(見返りを求めるってそういうイメージ)、自分で何かを選んだり引き受けたりした結果、精神的にダメージを負うことになっちゃってる状況が虚しいという感じ。たぶん「割」とかはどうでもよさそう。

    • 20220804 研究日誌

      ケトルベルを衝動買いした。 ■ 前にも書いた気がするけど。 カット&ペーストの、カットからペーストまでの短い時間に何か別のことに気を取られ、カットされたものがペーストされぬまま消えてしまうことがよくある。 カットしている間は、カーソルに「カット中!よそ見をしないで!!」とかなにか目印を表示してもらえないだろうか。クリップボード履歴?を残すアプリも入れてるのだけど、どうやらカットではそこにも残らない?のか、あれ、そういえば...と気付いた時には姿が失われていることがほとん

      スキ
      1
      • 20220729 研究日誌

        心身ともにひっちゃかめっちゃかしてたら7月が終わりに差し掛かっている。 バタバタの合間に暴食しておなか壊して、とかなんとかしてたら体重が2〜3キロ減って正常範囲まで戻ってた。よかった。(のか?) ■ 普段はあすけん先生の言うことを聞かずにテキトーーーな食生活を送っているけれど、調査が続くとそれじゃあ全然持たないようで、衝動的に豚肉200gを茹でてむしゃむしゃ食べたり、アミノ酸ゼリー飲みまくったりしてた。 8月9月にはさらに約2週間ずつオオミズナギドリ調査に出かける予定

        スキ
        1
        • 20220716 研究日誌

          お母さんから「元気」の差し入れ。 ◾️ 忍耐力テストを受けているかのような日々が続く。いつのまにエントリーしてたのだろう…。 例によって些細なことに過剰反応しているだけのような気もするけれど、どれもこれもあれだなぁ…という感覚に囚われちゃってて、精神的に結構ぎりぎりな気もする。うーん。 改めて、こういう状態にまったく耐性がないことを痛感したので、そしてそういう状態になってしまってからでは手遅れなので、今後はより注意深くできる限り回避していきたい。絶対だよ!(未来の自分へ

          スキ
          1

        マガジン

        マガジンをすべて見る
        • ざっき

          • 32本

          研究日誌とかメモとか

        • 動物ナビゲーション話

          • 32本

          動物のナビゲーション能力に関する話を溜めていく予定

        • 鳥研究のあれこれ

          • 41本

          鳥の研究話を溜めていく予定

        • 論文メモ

          • 41本
        • ペンギン調査日記 2016/17

          • 29本

          2016年12月〜2017年2月に南極フランス基地でアデリーペンギン調査をしたときの日記

        • ペンギン調査日記 2017/18

          • 20本

          2017年11月〜2018年2月に南極昭和基地でアデリーペンギン調査をしたときの日記

        • ざっき

          • 32本

          研究日誌とかメモとか

        • 動物ナビゲーション話

          • 32本

          動物のナビゲーション能力に関する話を溜めていく予定

        • 鳥研究のあれこれ

          • 41本

          鳥の研究話を溜めていく予定

        • 論文メモ

          • 41本
        • ペンギン調査日記 2016/17

          • 29本

          2016年12月〜2017年2月に南極フランス基地でアデリーペンギン調査をしたときの日記

        • ペンギン調査日記 2017/18

          • 20本

          2017年11月〜2018年2月に南極昭和基地でアデリーペンギン調査をしたときの日記

        記事

        記事をすべて見る
          • 20220713 研究日誌

            そういえば、自分を卑下するの禁止月間のことをいつのまにかすっかり忘れてた。普通に元に戻ってる。 ■ 人生で初めて「忙しい」になっているかもしれない。  常にヒマでありたいと思ってきて、これまでは大してエネルギーを使わなくてもヒマでいられたんだけど、今もう完全に自分の中でのヒマ人の定義から外れてしまってる。心によくない。 そして今日気づいたんだけど、ヒマじゃない…、に浸り続けると、湧き出る仕事が途切れる時間が訪れてもやりたいことをやるスイッチがまったく入らない。なんか死ん

            スキ
            2
            • [論文リスト(仮)] オオミズナギドリ

              なにかの発表スライドを作っている時に、日本のオオミズナギドリ研究の多彩さってやっぱりすごいよねぇ?バイオロギング研究対象種の中では国内一なのでは?世界でもトップレベルなのでは?(贔屓目ありあり)と気分が盛り上がったのでリストアップ... をしようしようと思いつつしてなかったのでしよう...と取り掛かったけど思いのほか多くてたぶんまだ途中。で(仮)。それぞれの論文に一文紹介を書くつもりだったけど、それはまたいつか...(たぶんやらないパターン) ※ 2022.03.08 更

              スキ
              2
              • 買ってよかったもの [2]

                「買ってよかったもの」記事を見るのが大好きで、去年初めて自分でも書いてみたのだった↓  今年も「買ってよかったもの」シーズンが来たようなので(嬉しい)、その2を書いてみる↓ 順番はテキトー。 瞬間日記アプリ あ、しょっぱなから無料ものだ。 よざひかるさんが『ドングリFM』で話していたのを聴いて、すぐスマホに入れた。開く→書く、が速いのが嬉しい。 これまでは標準メモアプリに残してたちっさなことたちを、今は瞬間日記アプリでサクッ、サクッ、と記録しておいて週末にまとめてE

                スキ
                11
                • [論文メモ] ハヤブサの渡りの過去・現在・未来

                  Gu et al.  Climate-driven flyway changes and memory-based long-distance migration Nature 591, pages259–264 (2021) ※ 毎度のことながら理解しきれていない or 読み間違いなどをしている可能性が大いにあるので、以下のメモの内容を鵜呑みにはしないでください... 研究対象ハヤブサ(Peregrine Falcon)Falco peregrinus 北極圏で繁殖する

                  スキ
                  1
                  • 亜南極でキングペンギン調査

                    (バイオロギング研究会会報 2011年6月号より) 2011 年 1 月〜3 月、キングペンギンの潜水行動調査を行うため、亜南極クロゼ諸島ポゼッション島(仏領)に滞在しました。ポゼッション島には観測基地があり、今回は計 37 名が夏隊として共同生活を送りました。おはようのキスと毎食のチーズが印象深かったです。 基地から20 分ほど歩いた浜辺には、約 20,000 ペアのキングペンギンが繁殖するコロニーがあります(写真 1)。最初に島へ上陸するときは、大型船からゴムボートに

                    スキ
                    3
                    • 動物観とバイオロギング観

                      (バイオロギング研究会会報 2021年10月号より) 先日、ロボット工学分野の学生さんたちが集まる研究会で講演する機会をいただきました。参加されていた方々は、動物が環境中でうまく振る舞えているメカニズムの理解とそれをロボットに応用することを目指しているそうです。 この講演の準備と発表をきっかけに考えた「動物とは?」「移動とは?」について、バイオロギング研究をしている皆さんのご意見を聞いてみたいと思い、この記事を投稿いたしました。 私にとって動物とは もう10年も前(!)

                      スキ
                      17
                      • 20211002 ECSRA感想メモ

                        あ〜、たのしかったなぁ! ということで感想をメモしておきたくなった↓ ◾️ 全体的にとてもいい雰囲気の研究会だった。質問やコメントも活発で、あたたかい感じ。 ■ 動物とは、移動とは、知能とは、について皆さんと話をできて本当に楽しかった。 発表の中で、私にとって動物の「知能」とは、について話すことにしていたものの、完全に的外れなこと/余計なこと/自明なことを言おうとしているんじゃないかとめちゃくちゃびびっていた。 でも、その部分についてスルーされることなく、学生さん

                        スキ
                        5
                        • 論文ファイルとの付き合いかた(改訂版)

                          2021.09.08 追記 Paperpileをしばらく使ってみた感想。 うれしい: ・Google scholarだけじゃなくGoogle検索の画面でもPaperpileボタンが出てくる。いろんな場面で、右クリックで「Google検索」はできるけどScholar検索はできないので、だいぶ嬉しい。 ・フルテキストのアクセス権がない場合や最終版PDFが公開されていない段階でもとりあえずサクッとPaprpileに追加しておける&後で自動更新できる、ので便利。Mendeley

                          スキ
                          6
                          • [論文メモ] 太陽コンパスと時差問題

                            Alerstam, T. et al. Migration Along Orthodromic Sun Compass Routes by Arctic Birds Science 291:300-303 (2001) https://science.sciencemag.org/content/291/5502/300.abstract 太陽コンパスナビゲーション: 太陽の方位を参照して向かうべき方位に関する手がかりを得る方法。ただし太陽の方位は時刻とともに変化するため

                            スキ
                            2
                            • 第一歩考

                              先日、知り合いの方からあるメールをいただいたことをきっかけに、今まできちんと調べたり深く考えたりしてこなかったことを反省した。 ので、意味があるかわからないけれど、現時点での心の中を書いてみる。情けないことながら、主張や結論は今のところ特にないです。 し、まだ書きかけです(2021年6月現在)。 恐れていたこと?私自身の研究生活に関しては、女性であることによって不利益を被った経験がない、むしろ得をしてきた、と感じている。これはあくまで個人の話であって一般化できるとは全く

                              スキ
                              2
                              • [論文メモ] 鳥類のはばたきと神経回路

                                ラボセミナーで紹介したbioRxiv論文。せっかくなのでメモ。 ※ 全体的に素人説明なので鵜呑みは危険です Haimson et al. (2021) bioRxiv Natural loss of function of ephrin-B3 shapes spinal flight circuitry in birds https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2021.01.29.428748v2 鳥類は翼を左右同時に羽ばたかせて

                                スキ
                                3
                                • 鳥類の翼面積, 翼開長のデータ

                                  を誰でも見られるように整理したいと思います。まだしてません。これからします。(自分で計測したのじゃなくて過去の文献に公開されているデータです) 含まれる予定の情報・学名 ・目, 科 ・体重 ・翼開長(wingspan) ・翼面積(wing area) ・HWI(hand-wing index) ・各数値を発表しているオリジナル文献 今のところ300〜400種くらいになる見込み。いずれは他の情報も加えられたらいいだろうかと思いつつ、多数の文献に分散していない&エクセル形式で

                                  スキ
                                  5