遠山怜_lay toyama/ 作家のエージェント(人)

出版プロデューサー/コンテンツ発掘人&自分もコンテンツ作る人。 前職は広告野郎。『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』6刷『ウケる人、スベる人の話し方』3刷。創作に関するノウハウやメンタリティを発信。創作する人を応援。狂気のウサギ運営主。
固定された記事

現代で創作し続けるということ、つまり自己紹介

このnoteアカウントは、作家のエージェントをしている遠山怜が創作に関連する文章・エッセイ、個人創作などを発表する場所です。 別のアカウントでは、俗に〝狂気のウサギ…

「私たちの時代はそれが普通だったよね」症候群

「私たち(俺たち)の時代はそれが普通だったよね」 「昔はもっとひどいことがあったんだから」 そして、「今の人はいいよねえ」。 こういう言葉をネットでもリアルでもよ…

“奴ら”の正体

「ああ言う奴ら、見ていると本当にムカつきますよ」と、前職の同期は言った。目線の向こうには確かに“奴ら”がいた。「こっちは真面目にやってるのに、許せない」それを聞…

寂しさで他人をコントロールしようとする人たち

作家のエージェント遠山怜です。誰にとっても他人事ではなくて確実にあなたの周囲で起こっていることで、そしておそらくあなた自身に関係している話をしたい。つまり寂しさ…

【募集】うんこを食べられる可能性について十数年考えていたら、とうとう書籍化されることになりました

作家のエージェント遠山怜です。このたび、私の腹心の疑問を発端として、それがとうとう書籍の形になることに相成りましたので、その話をさせてください。 * 突然ですが…

未完の天才になるな

私の仕事は作家のエージェント。この仕事をしていることをいうと、相手の反応はだいたい3パターンに別れる。 1つは、「なんかよくわからないですね」という反応。これは…