学校に行きたくないあなたへ

日本にいたころ、子供が「学校に行きたくない」と言った。
当時、理由はなかなか言わなかった。

後から聞いたら、

休み時間に外で遊ばないといけないとか、
下敷きは絵が描いてあったらダメとか、
毎日計算カードをやらなくちゃいけないとか、
足をぶらぶらさせてはダメとか、
知ってることを自慢げに話すと嫌われるとか、
太陽を描いちゃダメって言われたりとか、

いろいろあった。
大抵の場合は、理由を聞いても教えてもらえなかった。
「みんなと同じ」でないとダメみたいだ。

親の私は、「学校とは、物を考えない練習をするところなんだな」と思った。

そんな彼はマレーシアの変な学校に来て、たちまち元気を取り戻した。
そこでは先生が机にバナナをぶら下げて、授業中に食べていた。

こどばもわからない初日に、
「こっちの先生は、僕が階段登っただけで、褒めてくれるんだよ!」
と興奮して帰って来た。

相変わらず宿題はやらないけど、大抵何をしても褒められた。

2番目に行った学校はもっと変だった。
テストでは、「この英単語を使って、お話を作ってください」というのや「この漫画を見て、ストーリーの続きを考えてください」なんてのが出た。
数学では、校庭に道具が入ったカゴが置いてあって、「みんなで校庭の面積を測ってください」ってメモが書いてあったりした。
朝礼で突然銃声がした。先生が倒れて、「先生が撃たれました! みんな犯人を捜査してください!」って放送が流れたりした。これは先生たちのドッキリお芝居。その後、生徒たちがFBIになって、犯人を調査する。
宿題をクレヨンでやってくる子や、隣にいるのに100メートル先にいる人に話しかけるみたいに大声で話す女の子もいた。

元ギャングの先生がいて、昔やった悪いことをコッソリ生徒たちに教えてくれた。
ゴルゴ13みたいにすんごい怖い先生もいた。
教員資格? そんなものはない。
でも、先生たちは子供が大好きだ。

校長先生は、子供達によくアイスをくれた。
子供たちをマクドナルドに連れていった。
先生は冗談ばかり。
ハチャメチャだった。

子供は、どんどん元気になった。
「みんな口がバナナみたいに笑ってる!」と言った。

世界はちょっとズレるだけで変わる。
友達はみんな外国人になった。
いじめもあったけど、大抵解決した。
みんな転校しちゃうからね。

インド系の担任の先生は、
「そのままの欠点だらけの、不完全なあなたでいてください。あなたは、たった一人しかいないのだから」とメッセージをくれた。
この国では「失敗はいいこと」と教える先生が多いんだな。

親の私は「最高だな」と思った。

そして、なぜか勉強に夢中になった。
あんなに嫌いだったのに。
好きなことが見つかったからもっと勉強したいと言い出した。
今はプログラミングと理数系を毎日勉強してる。

プログラマーは自習が普通。先生はコーチするだけだ。
自分のペースでやりたいことを勉強する。

親としては勇気がいる。
彼の人生はうまく行かないかもしれない。そんな時には「ほら、だから言ったでしょ」という人が現れるだろう。傷つくかもしれないよね。

もちろん、海外に行くはお金もかかる。言葉も違うから親も大変。
日本に帰ったら「変わってる」といじめられるかもしれないよね。

けれど、今いるところだけが全てだろうか。
日本にもあるんじゃないだろうか。

人は、ハッピーじゃなければ学べないと思う。
あなたにとっての「楽しい場所」がどこにあるか、それは他の人にはわからない。
だから、いろんなところに行って、自分で体験するしかない。
合わなかったら辞めて、合うところを見つけるまで旅するしかない。

そしてこれは、何も海外に来いって話じゃない。
親に連れてこられたけど、海外生活が合わないって人もいっぱいいる。
ただし、英語がわからないと見えない世界ってのもある。

この文章は絶望しているあなたには、届かないかもしれない。
けれどもし、最後まで読んでくれたなら、今ある世界だけが全てじゃない、ということを思い出してほしい。今の学校がいやだ、ってのは、もしかしたらチャンスなのかもしれない。国内を含め、選択肢を調べてみてほしい。そして親には「お金はこういう時に使ってくれ」と頼んでほしい。

ゲームが好きで、プログラマーになりたいって子がいたら、試しに来てみたらいい。
全部英語だけどね。英語を学べば世界は広がる。

世界は実はすごく広い。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

これまで数百件を超えるサポート、ありがとうございました、今は500円のマガジンの定期購読者が550人を超えましたので、お気持ちだけで嬉しいです。文章を読んで元気になっていただければ。

ありがとうございます! 嬉しいです! 良い一日を。
389
文筆家&編集者@マレーシア。読者550人の定期購読マガジンでほぼ毎日コラム執筆中。雑誌編集20年。40代で外国に来て、驚きの日々を過ごしてます。東南アジアの人に習った楽になる生き方・教育を発信。書籍「日本人は『やめる練習』がたりてない」が集英社より発売。cakesでも連載中。

こちらでもピックアップされています

「心の痛み」と「世界の生きづらさ」を取り除く
「心の痛み」と「世界の生きづらさ」を取り除く
  • 1163本

この世界の真理は常に「理不尽」で「矛盾」に満ちており、「公平かつ公正な世界」も我々人類の身勝手な妄想にすぎない。 例えばイタリアのデザイン集団『アーキズーム』の共同創設者マッシモ・モロッツィは、性質の相反する素材と形状を組み合わせた製品や突飛な逸話で知られる工業デザイナーである。彼自身が「矛盾」の体現者だったのだ。 我々は進化の過程で知性を獲得した時からずっと、無知や恐怖によって自他の心を縛りつけ、あるいは誰かを傷つけてきた。 人類の歴史とは矛盾や理不尽との斗いそのもの、そして互いを傷つけ合う負の感情の連鎖=「怒りのキャッチボール」の歴史に他ならない。 ならば我々は今こそ、その繰り返される悲劇に終止符を打とう。 欲望や期待に縛られ、不公平な現実を呪い、負の感情を周囲にぶつけるのではなく、矛盾や理不尽を許容し、征服より共存を、闘争より共感を、一元的な世界よりも多様な世界を目指すのだ。

コメント (7)
梅子さん 太陽の件、難しい理由ですね。私の単純な頭では理解ができないです。じゃあ月や星も描いちゃダメなんですかね・・。ピカソはどうなっちゃうんですかね……。謎です。
まあ、でもそういうものだと思うしかないんですよねきっと……。私も日本の学校には多分向いてないのでしょう。
先生も悩んでいる人が多いのかもしれないなーと新しい視点をいただきました。でも、学校ごとIBに変更になったところでは、先生もやる気になっていると読んだこともあります。先生にもやりがいが必要ですよね。
ありがとうございます!
私にも、到底理解できそうにありません。そういうものだと思うしかない、本当にそれに尽きます。

悩んでいる教師はたくさんいると思います。
ひとつでも多くの分かりあえる学校での人間関係が築かれますように、願っています。
こうやって感じている人たちがいるというだけで救われます。
本当に、みんな一緒じゃなきゃダメっていうのに、子供だった私はやられたし、また自分の子供を通してやられそうです。
結局、みんな一緒だったほうが大人がまとめやすいからなんでしょうね。
泣けました(涙)本当に。。日本の学校はクレイジーだ!とアメリカからきた人が言っていました。あぁ、子ども達に、こんな外の世界の学校に通わせてあげたいな。
私は学校を選ぶ余裕もなく、自分都合で移住して来てしまったから、本当にダメでした。でもこの経験を糧に、またここから、次の居場所探しをしてみようと思えました。ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。