見出し画像

私たちは、絶対にわかりあえない

日本語のTwitterを見ると、誰かに対する違和感であふれています。

「最近の親は常識がない」とか。
「上司がわかってない」とか。
「夫が子育ての辛さを理解してくれない」とか。
「子供が出したものを片付けない」とか。
「ツイートしたことを誤読するバカがいる」とか。
「新人の礼儀がなってない」とか。

要するに、全然、わかりあえてないんですよね、日本人の私たち。
同じ日本語話してて、同じ日本人でも、多分、分かり合えないんです。「常識」って共有できてない時点で常識じゃないですしね。お互いに「察する」って無理なんですよ。

なまじっか「分かり合えるはず」「同じ日本人なら察してね」って期待が大きいものだから、相手がちょっとでも違うとイライラしちゃうんですよ。

「以心伝心」とか「言わなくてもわかる」って、きっと幻想なんですよ。
言ったって、多分、わかんないんです。
だから、マニュアルはどんどん分厚くなり、マナーのポスターや新しい礼儀作法が増えていく。ルールで人を縛るしかない。

だから、いっそのこと「私たちは絶対にわかりあえないんだ」って認めてしまったらいいと思います。

マレーシア人のSNSってほとんど揉めないんです。
イスラムのマレー人と、仏教やキリスト教の華人、ヒンズー教やイスラム、シク教のインド人が一緒に住んでて、さらに少数民族が山ほどいます。そして「お互いに絶対わかりあえない」って理解してるから。

「話せばわかるはずだ!」と相手の領域に踏み込んでいったら、たちまち暴動になることをみんなわかっているのです。
だから、わかりあえないけれど、お互いに認めるわけです。

「あなたの考えはさっぱりわからないし、わかりたくもない。けれどもあなたの考えはそのままで良いし、あなたを人間として尊重する」
って感じでしょうか。

だから、イスラム教徒なのにクリスマスのお祝い行事に参加したり、マレー人が中国服を着て「中華正月おめでとう!」と言ったりするわけです。マレーシアでは、そうやって相手の文化を尊重していることを表明する人がいます。

以下は、2017年のマレーシア航空の「華人が一人も出てこない」中華正月の動画です。インド系やマレー系の人たちが、流暢な中国語で中華正月のお祝いを述べ、フェイスブックでバズり大いに話題になりました。


それはポーズなのかもしれないけれど、意見が全く違う相手を尊重する人は、成熟して見える。

多様性のある社会は、結構大変です。例えば、同じムスリムと言ってもいろいろで、マレー人でも豚肉目の前で食べてても気にしない人もいれば、豚を一度でも料理した台所はNGって人もいる。宗教的に犬はダメって人も、犬のぬいぐるみはOKって人もいる。

だから相手をパーティーに呼ぶときには、お互いに言葉で聞くわけです。
「君はムスリムだけど、豚由来のものは全部ダメなの? 食器や調理家電もハラルじゃないものは気にするタイプ? 料理に使うアルコールはアルコール成分が飛んでればOK? 僕は仏教徒だからわからない。教えて欲しいな」と。
 そして、場合によっては、食器も使わず、ケータリングと紙コップで相手をもてなしたりします。以前ムスリムのビジネスマンにインタビューした記事を貼っておきます。


日本人も、日本人同士で、同じように、相手に聞けばいいんだと思います。うちの会社の人がよくいうのが「コミュニケーションをサボらない」ってコトです。ほんとそう。「言わなくても察して欲しい」とか言って相手に期待してないで、聞けばいいんですよ。

「あなたはどうして欲しいの?」って。


すると、その態度は異文化理解にも役立つし、多様性のある社会でも武器となって活躍するでしょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

これまで数百件を超えるサポート、ありがとうございました、今は500円のマガジンの定期購読者が350人を超えましたので、お気持ちだけで嬉しいです。文章を読んで元気になっていただければ。

ありがとうございます! 嬉しいです! 良い一日を。
340
文筆家&編集者@マレーシア。読者470人の定期購読マガジンでほぼ毎日コラム執筆中。雑誌編集20年。40代で外国に来て、驚きの日々を過ごしてます。東南アジアの人に習った楽になる生き方・教育を発信。書籍「日本人は『やめる練習』がたりてない」が集英社より発売。cakesでも連載中。

この記事が入っているマガジン

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 15592本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (11)
たぶん、思ってても口に出さない人が多いのは、言葉をサボる癖が付いていて、言語化する能力が今ひとつ発達してないのかもしれませんね。空虚な意味のない言葉を発するコトと、本音で思ってることを言語化するのは違うので。だから、面倒でも口にだしていくことが必要なのかなっと思います。
みんな同じ、っていう前提があるからこその 「察して」文化なのかもしれませんね。色んな国の人がいるところでは前提がそもそも逆だから言葉のコミュニケーションが発達せざるを得ないという背景もあるのかも…言葉に出さないのは非効率すぎるし確実じゃないから。日本でもみんな違うのが今のスタンダードなのに、それに気づいてない人がまだまだ多いのと、何かを主張したり他人に要求にすることに罪悪感があるから相手に察して欲しいという心理が強いのかなと思います。聞かなくてもわかるし、言わなくても分かるとか凄い幻想なんだけどそれが理想っていう人は多いでしょうね。
分かり合えない。確かにその通りですね。自分が誰かに怒ってるときも、大体はその人に分かってもらえないから。

人と人とは分かり合えないモノだと、皆んなが認識していれば、世の中もっと平和になるんだろうなぁ。
全く同感です。

「違う」ということを認め合う。今一番大切なことだし、これができている「マレーシア」は世界のお手本だし、日本のお手本ですね。

けっこう感動しました。ありがとうございました。

赤坂
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。