イメージ画像

3件目特許を海外展開するために、PCT出願を行います。

昨年11月に3件目の特許を出願しました。そして事業化への確信を得てnoteなどの情報発信を開始しました。

早いもので、もうすぐ1年。

クールフライヤーの事業は国内から開始しますが、海外比率は相当に高くなると考えています。従って主要な国での特許取得を考えています。

PCT出願をしておけば、その後各国への展開が容易になります。

早く行えば良いというわけでもなく、日本での出願に追加する内容などあればそれも可能ですので、これまで待ってきました。

期限も近づいてきましたので先週、特許事務所に手続きを進めて頂くようにお願いをしました。

3ヶ月以内に特許庁から国際調査報告が届きます。出願した特許に対して拒絶理由となりうる先行出願などの情報が記されていますので、必要であれば出願内容の修正など対策をしたうえで、国内での審査請求を行います。

海外での権利取得は大きな費用が掛かりますので、日本での審査請求の結果や経過を見ながら、また事業の進捗に合わせて対象国を選定することにします。

改めて書きますが、近々中国の事業家の方が来社予定です。まず中国は必須になりそうです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2018年11月に3件目の特許を出願、自信を深め、事業化へ向けて情報発信を始めました。事業の進捗などを書いていきます。 ホームページは http://coolfryer.co.jp/ FaceBookは→ https://www.facebook.com/kyamada.cf1

ヤッター!励みになります。
8
揚げ調理を研究してきました。全くと言って良いほど油ハネせず、油交換なしで油を新鮮に保つフライヤー開発に成功。2020年秋の発売を目指しています。応援お願い致します!写真は調理中に油中を落下する水滴の様子です。 ホームページはこちら→http://coolfryer.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。