くりぼう

大阪外国語外国語大学ドイツ語科→慶應義塾大学SDM義塾。大学卒業後翻訳通訳会社G-PLANETを設立→PPB株式会社にジョイン。世界40ヶ国を旅行。現在3歳女児0歳男児の母。

くりぼう

大阪外国語外国語大学ドイツ語科→慶應義塾大学SDM義塾。大学卒業後翻訳通訳会社G-PLANETを設立→PPB株式会社にジョイン。世界40ヶ国を旅行。現在3歳女児0歳男児の母。

    マガジン

    • 翻訳通訳記事まとめ

      翻訳通訳に関する記事をまとめています

    最近の記事

    晩ご飯をマクドナルドデリバリーにしたらいろんなものから解放された

    晩ご飯をマクドナルドデリバリーにしたらいろんなものから解放された。 関西の緊急事態宣言が解除となりずっと在宅だった夫も出勤、そして出張も解禁に。 緊急事態宣言中は1歳3歳の子どもらの保育園2箇所朝の送りも夕方のお迎えから寝かしつけまでの戦争も 全てツーオペというぬるま湯で過ごしてきた体たらくに 月曜日から夫早朝5時半発夜23時帰り九州出張のため完全ワンオペ (そんなに遅くなるならもういっそ泊まってくればいいのに) というミッションはハードすぎる…。 朝の洗濯物干しとお

    スキ
    10
      • GoToトラベル一時停止 がんばれシステム屋。負けるな宿泊業者。

        2020年12月14日夕方。 GoToトラベル全国一斉に一時停止へ。 年末の都市圏中止は来ると思っていたけど全国か…。 夕方のこのニュースを見て「え、明日から仕事どうなるの」と思った人たちは多くいるに違いない。 わかりやすく巻き込まれるホテルなど宿泊業者、観光地の飲食・お土産屋、交通系、卸業者、そして帰路についていたであろう旅行予約サイトのシステムエンジニア。 宿泊業者は昨日の夕方の発表からさまざまなパターンを想定して、なるべく早く行動に移す必要に迫られている。 現

        スキ
        5
        • MONJU 新しい翻訳マネタイズシステム みつける、やくす、まとめる(2020.09.18. 次世代リーダービジネスプランコンテストプレゼン)

          2020.09.18.  慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究、神戸大学V.School PRESENTS 次世代リーダービジネスプランコンテストにて、2位入賞させていただきました。 当日のプレゼンを元に私が何をしたいと思っているのかご紹介します(プレゼンがベースなので細かい説明してない箇所はたくさんあります)。 『MONJU 新しい翻訳マネタイズシステム みつける、やくす、まとめる』 MONJUは「みつける人」「やくす人」「まとめる人」の3人で協力し

          スキ
          7
          • 企業ブログからおもし論文と約90年前にドイツ語で書かれた論文を介して上野科学館の約1万4千点の展示物の中からアスペルギルスと出会うまで

            翻訳や通訳をしていると知らないとの出会いは日常茶飯事だ。 「翻訳してるのに単語知らないの?」と言われそうだが、分野によってはオンライン、オフラインの辞書がないと訳せないし、日本語も英語も知らない単語にもしょっちゅう出会う。 そして、新しい単語を覚えるとカラーバス効果(color bath effect, ある一つのことを意識することで、それに関する情報が無意識に自分の手元にたくさん集まるようになる現象)が起こることもままある。 これは常設展示約1万4千点の上野科学博物館で

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 翻訳通訳記事まとめ
            くりぼう

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            自分が育ってきた「ふつう」と子どもたちが生きる「ふつう」

            先日某セミナーのQAで「活きいきとした文章の要素はなんですか?」という質問が上がっていたので「活きいきとした文章」の実例を探していたのだが、鈴さんの『この割れ切った世界の片隅で』は「ああ、これが瑞々しくて活きいきとしている文章だ」と一気に読んだ。 しかし、この文章を書いている時点で彼女は高校生。すごい。 読んだ人に自分の「ふつう」を考えさせる文章だ。 私が自分の生きている環境が「ふつう」じゃないと気づいたのは大学進学後。 教職の授業で大学進学率を知って驚いた。鈴さんのn

            スキ
            9

            ワーケーションについて考える 〜働き方を見直せば旅行も仕事も両立できる…はず!〜

            菅官房長官が「ワーケーション」普及で観光促進を!というてはります。 またへんなカタカナ日本語が増える気がする〜と思いながら、私自身はワーケーション好きだし、もっと広がればいいなと思っています。 そもそもワーケーションってなに?ワーケーションはwork + vacationの造語で 比較的新しい用語なので英英辞書のMerriam-Websterで調べたら 「え?workstationじゃなくて?」って返されました。 信用度の低い(?)urban dictionaryには20

            スキ
            12

            Go Toキャンペーンは旅行業者救済?「パッケージツアー」とはなんぞや、というお話

            今話題のGo Toキャンペーン。 こちらのTwitterで省益争いのお話が書かれてたので 旅行業者の仕組みについて過去の記憶を掘り起こしながら書きます (総合旅行業務取扱管理者持ってます)。 Go Toキャンペーンが一般人からして不自然に思えるのは ・なぜこの時期にGo To? ・個人でいくと宿泊先だけ割引なのはなぜ? ・Go Toって、行ったっきり帰ってこないの?(名称はほんまつっこみたい) などなどあると思いますが、「個人でいくと宿泊先だけ割引なのはなぜ?」というのは

            スキ
            12

            「ゴール設定」が一番大事 〜ブスのマーケティング戦略を読んで〜

            夢みることをあきらめたブスと、劣化が始まった美人へ 『ブスのマーケティング戦略」 税理士田村麻美著 タイトル(ないしサブタイトル)に惹かれて読みました。 うーん、意外と普通かな(いろんな意味で)。だって・・・ ・マーケティング戦略はブスじゃなくても使っている ・ブスだろうと美人だろうと女性性を前面に持ってきて勝負するのは前時代的 ・田村さんの保険は学歴…だけじゃなくておそらくご家庭環境も マーケティング戦略はブスじゃなくても使っている 本書の中に出てくる指標「みため、

            スキ
            13

            なぜ英語名を名乗るのか?それはいろいろとやり取りがめんどくさいから(特にスタバ)

            あなたは外国で現地語名を名乗る派、名乗らない派? 私は断然名乗る派。欧米ではMary(マリー、メアリー、メリー、マリア…みんな適当に呼ぶ)、中国語圏では時々チュンリー。 名乗るの反対派は「外国に媚びるな」「自分の名前に誇りを持て」「調子乗っててダサい」とおっしゃいますが、そういう人は”便利な”名前で、名乗りで苦労をしたことがないんだと思う。 私が欧米圏でMaryと名乗る一番の理由は スタバでのやり取りが非常にめんどくさいから!!! レジの人とコーヒー渡す人が違うと

            スキ
            36

            「日本語お上手ですね」「英語上手だね」で傷つく人々

            先日新聞をパラパラ捲っていたら文化欄あたりで 日本に長く住んでいるドイツ人です。「日本語が上手」と言われると傷つく。ドイツではそんなこと言う人いないのに。(要約) と書いてあるのを見かけた。 そりゃドイツ人がドイツでドイツ語話しててもなにもいわれへんやろうけど、アジア顔のアジア人がドイツ語話すと似たようなこと言う人いるし、ドイツ語で話しかけても英語で対応されることなんてよくあるねんで。 英語学習においても、初期は「英語うまいね」と言われたら「褒められた!」と素直に受け

            スキ
            22

            娘の「はびゅはびゅ」は英語モード

            「はびゅはびゅー」 3歳の娘は標準語ネイティブ、関西弁セカンド、そして英語も話す。 特に「英語やよ」と早期教育をするつもりは私も夫もなかったが 勝手に母のオンラインミーティング(英語)に乱入してきては 「はびゅーはびゅー。ばいばーい」 と言って去っていく。 彼女の中では「日本語」という言語と「英語」という言語は別なので 「わたし英語しゃべるね!」と宣言してから話し出すし 「青はー、ぶるーね」 「赤はー、うれっ!」 という独り言もよく言っている。 “Give me b

            スキ
            14

            「翻訳」はいつでもどこでも行われている あなたの身近なところで

            非常事態の東京の街中を映画監督と写真家が歩く。日本の映画芸術の火を絶やさぬために。 この記事にでてくる映画監督、泉原航一は従弟である。 <泉原航一(いずはら・こういち)> 1987年、大阪府岸和田市出身。監督を務めた2013年の自主制作映画「祭に咲く花」で賢島映画祭準グランプリなどを受賞、16年のショートフィルム「Girls Night Out」で少年短編映画祭観客賞を受賞している。中野区在住。 現在は東京に住んでいるが、私たちの出身は大阪。 岸和田出身の彼はばりばりの

            スキ
            7

            コロナ禍 翻訳よりも通訳のほうが変化が大きかった

            業界によって新型コロナウイルスの影響はさまざまだ。 翻訳通訳業界は海外とのやりとりなので仕事が激減する!?と身構えたものの、実際のところ、エージェントとしての仕事量は予想していたよりはある。下がっているものの「あ、わたし働いてる」と実感できる程度にはある。 ただ、明らかに変化はあった。 翻訳の変化 ~観光エンタメ減、法務ビジネス増~翻訳に関してえば、基本的にはみなさま在宅勤務なので業務フローの大きな変化はなかったが、お客様の業種は変化があった。 このグラフは会社として

            スキ
            10

            パソコンは消耗品

            朝起きたらこうなってた。 犯人の目星はついているが 直接目撃していないので逮捕はできず。 パソコンは消耗品。 パソコンは消耗品。 在宅ワークwithKidsの洗礼。 在宅ワークで保育園の点数が下がるのおかしいということが 世の中に認知されますように。

            スキ
            5

            DRAG QUEEN - No Light, No Queen- ヨシダナギ あとがき英訳

            前の投稿で「小説翻訳したいー!」「出版翻訳なんて金にならないー!」と言っておきながら、年に数本は出版翻訳のお仕事をいただいています。ありがとうございます。 今回はヨシダナギさんの『DRAG QUEEN -No Light, No Queen-』のあとがきを英訳させていただいてます。 初めて彼女の作品を知ったのはいいオフィス上野でのことした。スリ族の写真が飾ってあって、「素敵な絵〜」と思って近いて見たら写真だったんです。カラフルで迫力があって、見たことがない構図で「すごいー

            スキ
            10

            小説を翻訳したいという人は翻訳者としては食べていけないけど、わたしだって花子になりたい。

            「子どもの頃に読んだ『赤毛のアン』に憧れて、翻訳家を目指そうと思ったんです」 TOEIC700点とかかれた履歴書と学生を交互に見ながら、「この子は翻訳者としては成功しないかもしれないな」…といつも思う。 心打たれる外国語の小説に出会い、ワクワクしながら自分の言葉で文章を打ち込み 素敵な丁寧な装丁を施された本が本屋に並ぶ。 表紙に『訳:私』と文字が…なんてのは夢のまた夢。 年間を通して出版される翻訳書籍は約1,000冊。ほとんどがビジネス書、あとはニッチな専門書。 翻訳

            スキ
            42