見出し画像

シマシマしまね「冬のお楽しみ便 in 米子」本日9:00よりオープンです。

おはようございます。

先日お知らせしました「冬のお楽しみ便 in 米子」。

1月24日(金)に米子市のティズ・クレイさんにて開催いたしますが、専用ネットショップを本日1月14日の午前9時よりオープンします

※アドレスとパスワードはこの文章の最後に掲載していますので、注意事項とともにご確認ください。

お楽しみ便とは2020-クレイ冬

島根のおいしいものと、その作り手の思いを直接お客さまにお届けするために、また、フレッシュなもの・作りたてのものを、その日のうちに舞っておられるお客さまへお渡しするために、シマシマしまねが商品を集めて受け渡し場所まで運ぶ、という企画「お楽しみ便」。

方法はとっても簡単。

1.あらかじめ専用ネットショップで商品を選んでいただき、注文・決済を行う

2・1月24日(金)の指定時間内にティズ・クレイさんににお出かけいただき、商品を受け取っていただく

これだけです!

(ネットショップ、難しいと思っていらっしゃる方もぜひ、一度チャレンジしてみてくださいね。クレジットカード払いのほか、銀行振り込みやコンビニ決済にも対応しています。)

島根のおいしいもの、私たちが自信を持っておすすめできるものを、米子の皆さまへまたお届けできること、とても嬉しく思います!協力してくださる作り手の皆さまにも感謝です。

画像2

どの商品もおすすめなのですが、今日はその中から「なぎら長春堂」さんの黒豆大福・くるみ餅をご紹介します。

画像3

もうお楽しみ便の大定番商品となり、特に米子の皆さまにはとても楽しみにしてくださっている方が多い、こちらの和菓子たち。出雲市にあるちいさな和菓子屋さん「なぎら長春堂」さんは、手作りの素材を大切にし、地域で愛されるお店です。気取ったところがなく気軽に入れるお店なので、いつ伺っても常連さんがおられて、お店の方と楽し気にお話されているのが印象的。出雲のおいしいお店を聞かれたら、まず教えてあげたいお店です。

画像4

黒豆大福は、個人的になぎらさんのがどこよりもおいしい!と思っています。塩気の効いた黒豆と、甘さのちょうどよいあんこ、そして外側の柔らかな生地のバランスが絶品で、大きさもちょうど良く(と言いつつ2個食べてしまう時もありますが)、お店の人気商品です。店頭では売り切れてしまうことも多いとのことですので、まだ食べたことがないという方はぜひこの機会にお試しください。

画像6

そして、職人さんの自信作「くるみ餅」は、香ばしいくるみと甘いあんこがたっぷり入っています。外側の生地は黒豆大福よりもやわらかめに仕上げて、くるみのガリガリ感をより感じていただけるよう工夫されている、とのこと。リピーターも多く、外国のお客さまにも好評だそうで、こちらもぜひ試していただきたい逸品です。

画像6

米子でなぎらさんの和菓子が手に入る機会はまずありませんので、和菓子好きな方はぜひ、ご注文くださいね。お待ちしています。


シマシマしまね「冬のお楽しみ便」の詳細は下記のとおりです。

◆開催日時 2020年1月24日(金)14:00~16:30

◆会場 「ティズクレイ」米子市西福原4-8-50

◆専用ネットショップアドレス https://shimane19.thebase.in/

◆パスワード:「シマシマ」

お申し込みの締め切り:1月21日(火)17時


主な商品 …メロンパン、あんパン、噛み噛みフランス(杜のパン屋/雲南市)・ヴィーガンマフィン、スコーン(こめじるし/邑南町)・カヌレ(CARRE/松江市)・黒豆大福とくるみ餅(なぎら長春堂/出雲市)・お豆腐とやわらか揚げ(豆腐工房しろうさぎ/雲南市)・削りたて花かつおとおでんのおだしセット(松ヶ枝屋/出雲市)・お餅とジャム(うすの会/雲南市)

※商品によっては当日に販売させていただくものもありますが、数量はわずかとなりますので、事前にご注文されたほうが確実です。

※1月24日当日、時間内に取りに来ていただける方のみご注文ください。発送は承っておりません。

◆参加協力費について

今回のお楽しみ便に際し、会場の設営、販売および作り手さんのもとへ引き取りにうかがうための経費等に対する協力費をショップ内で募っています。1口300円から、何口でもOK。任意ですので趣旨にご賛同いただける方のご協力をお願いいたします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。とてもとても励みになります。 島根を中心としたNPO活動に活用させていただきます。島根での暮らしが、楽しく豊かなものになりますように。

スキありがとうございます。
6
いかに島根で楽しく歳を重ね暮らしていくか。ワクワクしつつ、楽しみながら島根の未来に向かうこと。 シマシマしまねを運営 http://www.shima-shima.net 島根県雲南市にあるNPO法人 ソーシャルグッド×地域×暮らしの発信。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。