楠クリーン村

楠クリーン村は山口県宇部市の農園です。2011年から、持続可能な暮らしを実現するための…

楠クリーン村

楠クリーン村は山口県宇部市の農園です。2011年から、持続可能な暮らしを実現するための自給や農業に取り組んでいます。私たちの日常の記録や発見をnoteに綴っていきます。 楠クリーン村WEBサイト:https://kousakutai.net

マガジン

  • 楠クリーン村の日常あれこれ

    楠クリーン村の日常をテーマを問わずあれこれ綴っていきます。楠クリーン村って、今、何している?と気になったら、ぜひこのマガジンをお読みください。

  • 山林と共にある暮らし

    そもそも農は「業」ではなく、生きるための糧。買い物はなるべくしないで畑から!美味しさ、歴史、日本人の味覚、食材のルーツ、気候変動、旬、希少性など様々な観点から品種を選んだ畑づくりの取り組みを綴っていきます。

  • イベントや季節のお知らせ

    その時々で、シイタケがたくさん採れたー!じゃがいもが山のようにあって困っている、イベントやるよ!・・・など、自然の恵みによっておこる、突然の困った情報やイベント情報をUPします。その時々の呼びかけにぜひ参加ください。

  • 人と鶏が競合しない養鶏

    2015年に農園内に鶏舎を建て、自給養鶏をはじめました。 山口市に住む戦前生まれの師匠から学び、身近な材料で健康的に育てられる養鶏を営んでいます。養鶏にまつわる日々のあれこれをお伝えします。

  • お茶園再生ものがたり

    耕作放棄地となっていたお茶園を2007年に引継ぎ、茶園の再生を開始しました。再生したお茶園から、「山口県楠でぼくらが作ったお茶」シリーズが誕生し、現在も地域に、生命力の強いお茶を残すために継続してお茶園を運営しています。そんな私たちのこだわりのお茶栽培の様子をお伝えします!

最近の記事

煎茶パウダーがカンボジアに旅立ちました

嬉しいことがありました。 カンボジアの農村でお菓子を作っている仲間が、楠の煎茶パウダーを仕入れたいと言ってくれたのです。 問い合わせをくれたティダさんはカンボジアでカシューナッツ菓子を販売しているのですが、カシューナッツ×緑茶が現地で好評だそうな! 楠クリーン村でも、カンボジアのカシューナッツを仕入れて販売しているので、コラボという意味ではとっくの昔からあったことなのですが、 皆から好評だよ!と言って仕入れてもらえるというのは、また別格の嬉しさです。 カンボジア

    • 米粉のホットケーキミックス 試作①

      富山で農業をしている元インターン生が、数日遊びに来てくれました! 遊びに、と言ってもめちゃくちゃ手伝ってくれています。ありがとう。 その際に、念願の米粉ホットケーキ試作をしました。 彼女が到着した日に、 楠クリーン村の米粉を作りたいと思っている。 さらには米粉のホットケーキミックスを作りたい 。 さらにさらに、そこに煎茶も混ぜて煎茶味も作りたい。 でも先日米粉ホットケーキを自分で作ったら全然美味しくなかった 。 と話したところ「私いつも米粉のホットケーキ作って

      • 里山整備班の活動日でした

        昨年の豪雨で小規模ながら土砂崩れが発生したことをきっかけに、 きちんと手入れしないとこの山で暮らしていくことはできない 楠クリーン村の里山を大切に思ってくれる人たちと一緒に管理していこう!と思いたち発足した「里山整備班」。 ありがたいことに、定期的に来てくれる仲間たちが増えてきたことで、継続することができています。 まず伐採後、処理ができていなかった竹を燃やしました。 その後、雨で崩れてしまった道の補修と、道沿いに落ちている木の回収などを実施。 2~3人では途方もない作

        • 試食がごちそう オーガニックマルシェへようこそ

          オーガニックマルシェにお越しの皆様、いつもありがとうございます。 そしてまだ来たことがない方、是非いらして下さい。 8~9件の有機農家を中心に開催しているマルシェです。 出店者数を聞くと、ちょっと小規模?ちょっと寂しそう?と思われてしまうかもしれませんが 私は賑やさと満足感を感じて頂けるマルシェだと思っています。 販売品は主に、旬の有機野菜やお米、お漬物、マフィンやクッキーなどのお菓子類、ジャム、お弁当、焼き芋、そして私たち楠クリーン村が生産する卵やお茶類。さらにさらに、

        煎茶パウダーがカンボジアに旅立ちました

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 楠クリーン村の日常あれこれ
          楠クリーン村
        • 山林と共にある暮らし
          楠クリーン村
        • イベントや季節のお知らせ
          楠クリーン村
        • 人と鶏が競合しない養鶏
          楠クリーン村
        • お茶園再生ものがたり
          楠クリーン村
        • 集まれ!集会所建築プロジェクト
          楠クリーン村

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          楠ガーデン課の活動日

          つい1か月ほど前、楠の製造パートに来てくれている仲間に 誰か園芸が好きな人いないかな…とつぶやきました。 というのも、事務所の前にあるガーデン管理に全く手が回っていない状況だったのです。 すると「お庭の手入れが好きな人、いますよ!」という返事が返ってきました。 そこからあれよあれよと、数名の仲間が集まり、楠ガーデン課発足! 3~4月にはガーデン内にお花が咲き始めるので冬の間にバラアーチの手入れや、歩きやすい環境の整備などをしていく予定です。 春になると、モ

          楠ガーデン課の活動日

          楠の夜は明るい?

          先日、元スタッフの女の子が楠クリーン村に来た際に「楠の夜は明るいですね」と言いました。 明るい? 確かに、もうすぐ満月だからな、と思いました。 でも明るいか暗いかで言うと、街の方が明るい。 楠の農園の中は、それはもう暗闇そのものなので、月明かりが明るく感じられるということなのだろうな、と思いました。 私は楠の中で暮らしてて最も幸せを感じるのは、実は美しい月を見た時です。 美味しいお茶ができた時、手間暇かけて育てた野菜を収穫した時 、その喜びを上回る、月の美

          楠の夜は明るい?

          「おうち養鶏を想像する」イベントを開催したかった理由

          先日「おうち養鶏・職場養鶏を想像する」というオンラインイベントについての記事を公開しました。 このイベントについて、ちょっと別の視点で書いてみたいと思います。 SDGsや持続可能な社会の実現に向かっていこう、ということが言われ始めてしばらく経ちます。 その中で、日常をどこか変えなくてはならないのではないか、と思い始めている人が増えているように思います。 さらに気候変動や収まることのない戦争のさなかで、自分や家族の身を守れるのは自分しかいないのではないか、と考える人も増え

          「おうち養鶏を想像する」イベントを開催したかった理由

          自家製のお茶漬けづくりー副産物ができました

          ここ数日継続している、お茶漬けづくり。 あらゆる素材を粉砕する過程で、塩も滑らかに粉砕しました。 結果、抹茶塩(うちの場合は煎茶塩だけど)できるじゃん!となりました。 煎茶と天日塩を1:1で混ぜたところ… 苦い。 苦すぎるので、次は1:2! 塩を増やしました。 …これはいける。 美味しい。 今夜は天ぷらに決定! ポテトチップスにふりかけたり、おにぎりに混ぜても美味しいみたい。 色々やってみよう。 (スタッフ/高田夏実)

          自家製のお茶漬けづくりー副産物ができました

          自家製のお茶漬けづくり②

          雪はやんだものの、茶畑が雪に埋もれているため今日もお茶漬け試作です。 今日は配合の一歩手前、素材研究デー。 おいしいお茶漬の鍵となるのは、だし。 無添加や自然素材のだしを購入することもできますが、もし自身で選んだ素材をそのまま使えるのであればそれがベスト。 ということで今日は、いりこ・かつお節・昆布・干ししいたけを粉末化しました。 より細かく粉砕するために、適宜オーブンで追加乾燥をしてから粉砕するなど、いくつかの工程が見えてきました。 ちなみに干ししいた

          自家製のお茶漬けづくり②

          自家製のお茶漬けづくり①

          1月23~24日に元インターン生の清野さんが久しぶりに遊びに来てくれました。 久しぶりの楠ということで外作業を手伝う気満々で来てくれたのですが、あいにくの大雪。 さーて、室内で何をしよう。 一息考えた結果、ずっとチャレンジしてみたかった楠茶のお茶漬けを試作してみることにしました。 楠で室内作業をするのは、はじめての清野さん。 さらにさらに商品開発?試作?やったことないよー、な清野さん。 頑張りました。 お茶パウダー・塩・だしの配合を何パターンも試し、美味しい

          自家製のお茶漬けづくり①

          【オンラインイベント】おうち養鶏・職場養鶏を想像する💭

          *** オンラインイベント 『おうち養鶏・職場養鶏を想像する💭』開催します! 申し込みページ おうち養鶏・職場養鶏を想像する - パスマーケット (yahoo.co.jp) はじめに鶏への愛について語らせてほしいのですが、鶏と共にある生活は控えめにいって最高です。鶏は暮らしの循環を支えてくれますし、もちろん卵もとびきり美味しい。 その良さがじわじわと広まっているのか、実はここ数年で 「家で鶏を飼いたい」 「雛を譲ってもらえないか?」 というご相談を多数頂きます。 実際

          【オンラインイベント】おうち養鶏・職場養鶏を想像する💭

          集会所の塗装を開始しました

          現在、新キッチン&イベントスペース(集会所・仮名)のセルフビルドを進めています。夏の間は農繁期ということもあり全く進めることができませんでしたが、この冬に一気に進めていきますよ! まずは7月に建てた部分の塗装です。 これまでコンゾランという塗料を使っていましたが、初めて弁柄(べんがら)塗料を塗っています。 弁柄塗料にした理由としては、 ・塗料としての能力が高い(一般的な防腐塗料は表面に膜を塗るだけだが、弁柄は浸透する) ・塗料がはがれにくく、劣化しづらいので耐久性が高い

          集会所の塗装を開始しました

          明けましておめでとうございます!

          明けましておめでとうございます。 年明けから震災や航空機事故など続いており、心が落ち着かぬ年明けとなりました。 個々の生活力や自給力を高めること、地域内にとどまらず日本国内、さらに世界にネットワークを持っておくことの重要性を感じます。 昨年末、野村農園の直売所で楠クリーン村茶を販売開始します!というお知らせをしました。その際に、野村農園の平田さんが紹介してくれた文章がとっても嬉しかったので、引用させて頂きます。 <野村農園 インスタグラムより引用> 食べるものに気を遣って

          明けましておめでとうございます!

          パナマ運河渇水の影響で飼料原料輸送が鈍化

          12月18日(月)の日本農業新聞のトップに「渇水でパナマ運河通行制限 飼料原料輸送が鈍化」というニュースが掲載されていました。 渇水により通行できる船舶数が制限されているため、米国産トウモロコシの輸入が鈍化して、国内の飼料需給が逼迫し、価格の上昇につながるという声があがっているということ。 こういうニュースを見ると、いろいろなことを思いますね。 一番はやはり、輸入に全面的に頼るということの心もとなさです。 気候が安定していればパナマ運河の渇水と自身の暮らしが繋がっているこ

          パナマ運河渇水の影響で飼料原料輸送が鈍化

          山大病院で商品販売

          先日、山口大学医学部附属病院で出店販売をさせて頂きました。 毎月2回オーガニックマルシェを開催している、有機ネット山口西部の仲間たちと出店しました。 病院は治療をする場ですが、病院こそが予防医学や食の大切さを伝えられたら良いのではないかという話から、今回のマルシェ開催に至りました。 そういう場で、体を作る食べ物のことを発信できるのは、嬉しいことですね! 以前、山大の医学部生だった子が「本当は予防や食の大切さについて、医学の側から伝えたいことがたくさんある。しかし、医

          山大病院で商品販売

          【お茶栽培】高泊小学校の5年生の質問に答えました

          ここ数年、高泊小学校の5・6年生に向けて、お茶栽培のポイントを伝える授業を担当させて頂いています。高泊小学校では、生徒や保護者の皆さんの協力で、長年お茶栽培を続けてきた歴史があります。 今日は、栽培をする中で解決できない問題がある!ということで、オンラインで質問を受け付けました。 生徒の皆さんからもらった質問は、以下の通り。 ・枯れているお茶がある ・肥料を使ってみたい ・一部のお茶畑が木陰になっているが、どうすればよいか ・茶畑にハチが出る どうすればよいか 肥料と堆

          【お茶栽培】高泊小学校の5年生の質問に答えました