工作舎
『わたしはイモムシ』世界へはばたく! 桃山鈴子さんADC賞おめでとう!
見出し画像

『わたしはイモムシ』世界へはばたく! 桃山鈴子さんADC賞おめでとう!

工作舎

Imomushiの魅力は世界に通じる!

2022年5月18日、クリエイティブ業界の世界的アワードThe ADC Annual Awardsの101回目の授賞発表がNYで行われました。篠原ともえさんがデザインした革のキモノ作品が受賞したことで、日本でも大きな注目を集めている賞です。
このADCのイラストレーション部門で、桃山鈴子さんの作品集『わたしはイモムシ』(工作舎刊)がブロンズキューブを受賞しました。
イモムシの絵がADC Winnerに選ばれるなんてすごい!

「この受賞をスプリングボードにして、海外でも原画展を開けたらいいなと思っています。イモムシの絵を世界中の人に見てほしい」と桃山さん。
桃山さん描くImomushiの魅力は世界に通じます!

ADC Awardsとは、アートディレクターの世界的組織であるThe Art Directors Clubが主催し、今回で101回を迎える歴史あるアワードです。
日本では広告賞としての知名度が高いですが、ファッション、イラストレーション、エディトリアルデザインなど多様なジャンルのクリエイティブな才能が個人・団体を問わず評価されています。イラストレーション部門では、2020年に木内達朗さんもブロンズキューブを受賞されています↓

受賞作『わたしはイモムシ』は桃山さんの原点

受賞した『わたしはイモムシ』は、2021年に工作舎から刊行されました。
イモムシ画家桃山さんの原点というべき作品を満載した作品集です。
自ら飼育し、観察しながら描くイモムシの絵には、桃山さんがイモムシを通して感覚した時間、極小の世界から宇宙へひろがっていく空間が圧縮されているようです。
文章にも定評がある桃山さんのエッセイもお読みいただけます。英語のバイリンガル表記なので、外国のお友達への贈り物にもオススメです。

『わたしはイモムシ』桃山鈴子
2021年6月 工作舎より発行
定価 本体3800円+税
B5判変型/上製 148頁(カラー128頁)
全国書店のほか、Amazon紀伊国屋書店BOOK WEB楽天ブックスなどネット書店で発売中

文化人類学者の小川さやかさんが書いてくださったブックレビュー↓

4月に福音館書店さんから刊行された絵本『へんしん』も大好評で、原画展が各地で巡回中。『わたしはイモムシ』も販売していますのでよろしくお願いします!
桃山鈴子さん原画展情報(2022年)
ギャラリーハウスMAYAさん 4/25〜5/7(終了)
静岡ひばりブックスさん  5/10〜5/29
京都メリーゴーランドさん 6/1〜6/25
青山ブックセンター本店さん 7/20〜8/2
未来屋書店北戸田店さん 8/7〜8/21ごろ(日程まだ未定)
桃山さんのTwitterでも告知していきますのでチェックしてくださいね。


桃山鈴子さんの公式サイトはこちら↓

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
工作舎
土星マークの出版社、工作舎です。創業は1971年、おかげさまで2021年に50周年を迎えます。サイエンス、アート、人文、文学などの書籍を刊行。丁寧な本づくりを心がけています。https://www.kousakusha.co.jp/