見出し画像

2020シーズン開幕目前。今年のJ3リーグの楽しみ方は?(後編②)

コロナウィルスの影響でJリーグは公式戦の延期を決めました。普段なかなか焦点が当たりにくいJ3リーグ。少しでも早く平穏が訪れることを祈ると同時に、この中断期間でもJリーグの熱を持ってほしいと思い、お伝えしています。

良ければ前編や中編①②③に加えて、後編①も合わせてご覧ください!(長い)

▽前編はこちら▽
http://kotokake.jp/sports20200226/

▽中編①はこちら▽※見やすいのでブログからnoteにしました
https://note.com/kotokake/n/n08169f9cbec2

▽中編②はこちら▽※見やすいのでブログからnoteにしました
https://note.com/kotokake/n/nd5071e4cf898

▽中編③はこちら▽※見やすいのでブログからnoteにしました
https://note.com/kotokake/n/nd8e1cb418119

▽後編①はこちら▽※見やすいのでブログからnoteにしました
https://note.com/kotokake/n/n2aa5f433159a

J3リーグ戦力分析

後編では昨年のチームや選手のゴールシーンを見ながら、イメージを高めてもらえるようにお伝えしていきます。後編①では鹿児島ユナイテッドFC~ヴァンラーレ八戸までお伝えしました。後編②では福島ユナイテッドFC~FC今治まで!

※あくまで主観に基づいた内容です。移籍情報等は2月29日時点のデータで記載をしています。加執する可能性もありますし、皆さんからのご意見等あればコメントや直接是非お願いします!

楽しんでいただければ嬉しいです。シェアやおひねりもお待ちしています。笑

福島ユナイテッドFC( #田村亮介 選手)

今季キャプテンに就任した田村選手をピックアップ。明るい性格でピッチの内外でも盛り上げることができるキャラクター性も魅力の1つ。

スピード感あるドリブルも特徴だがこの試合では強烈ミドルシュートでゴールを決めた。今季はチームを引っ張る役割を求められるが、福島の順位を引き上げるために必要な選手の一人のはず。

アスルクラロ沼津( #濱託巳 選手)

2019年9月の月間ベストゴールにも選出されたゴールはサポーターの印象にも残っているはず。焼津市出身で、新潟経営大から昨年大卒ルーキーとして加入し13試合2得点を記録。両サイドバックでプレーができ、攻撃的な位置でもプレーすることができる選手。その良さをゴールシーンでは見せてくれた。

2年目となる今シーズンどんな成長を見せてくれるか楽しみな選手の一人だ。沼津は監督も交代もある中で新旧の融合がどのように進むか?昨年は悔しい順位ですが、過去2017年・18年と上位に位置しただけに楽しみなチームの1つです。

YSCC横浜( #佐藤祐太 選手)

2018年は出場なしだが、2019年は24試合2得点を記録。横浜FMの育成組織から名門前橋育英高校に進んだ。昨年Jデビューにゴールも記録。2得点ともコントロールしたミドルシュート。他にもアシストでも貢献し躍進を見せてくれた選手の一人。

今季YSCC横浜は浅川選手や進選手を欠くが、中盤からの組み立てや前線に新加入した選手たちを、佐藤選手のプレーでつなぐことができるか楽しみにしたい。YSCC横浜はシュタルフ監督が情熱的かつ、冷静な分析もできる方なのでどのようにチームをつくってくるか注目したい。

カマタマーレ讃岐( #池谷友喜 選手)

ロアッソ熊本の監督・社長を歴任した経験のある池谷友良氏を父親に持つ池谷選手。ロアッソ熊本の育成組織から中央大に進み、ロアッソ熊本でプロデビュー。2018年は2試合に出場にとどまったが、昨年讃岐に移籍して22試合2ゴールと経験を積んだ。アグレッシブなプレー、ハードワークができる選手。

このゴールシーンでは味方が近い距離から送ったパスを判断してループシュート気味に決めた技ありのゴール。個人的にはシュートもですが、スルーパス等周りを見ながらプレーできる選手。メンバーも大きく変わった讃岐の中で今季更なる成長を積むことができるかどうか?

SC相模原( #星広太 選手)

福島ユナイテッドFCから移籍して今季からプレーする星選手。昨年は33試合4ゴールと主軸としても活躍した。横浜FMの育成組織から神奈川大学から福島ユナイテッドFCに加入。そこから5年間J3リーグで139試合19得点と経験を積み、今回が初の移籍になる。

アシストも記録できる選手でスルーパスやクロスとインサイド、アウトサイドからの攻撃や自身でのドリブル突破も図れる器用な選手の印象を持っています。経験の多い選手がいる中で、学んだ得たことをピッチで表現して欲しいですね。

FC東京U23( #原大智 選手)

昨年は30試合19得点とU23では一番結果を出した選手と言っていい活躍を見せた。高さもあるが、シュートテクニックもありヘディングシュートだけではなくシュート精度の高さも見せた。

シュートの決定率も高く。枠内への数値も60%近く。更には高さもあるので起点となってアシストも記録できる。クロスやスルーパスのターゲットにもなっていますが、原選手自身がスルーパスを送るシーンも多くありました。世代別代表経験もある原選手が今季はトップチームでもアピールできるかも楽しみです。

ガンバ大阪U23( #中村仁郎 選手)

現在ガンバ大阪U18に所属する将来が楽しみな逸材。川崎選手、唐山選手など選出は悩んだが、非常に印象的な選手だったので取り上げてみる。18試合に昨年出場し3ゴールを挙げた。特にテクニックの部分は際立ってレベルが高い選手。

ガンバが昨年食野亮太郎がシーズン途中で海外のマンチェスター・シティFCへ(その後ハート・オブ・ミドロシアンFCへ期限付き移籍)果たすなど若手が育っている印象も受ける。他にも活躍が楽しみな選手がいるだけに、中村選手以外もどんな選手が育ってくるか楽しみにしたい。

ただチームとしては戦術面の浸透等、他のU23チームと同様にU23チームだからこその課題には苛まれるかもしれない。それでも成長を見れることはサポーターにとっては楽しみなポイントだと思います。

いわてグルージャ盛岡( #後藤京介 選手)

今季からいわてグルージャ盛岡に加入した後藤選手ですが昨年は甲府で1試合、そして群馬では10試合2得点という結果でした。この終盤の熊本戦は群馬・熊本にとっても重要な一戦だっただけに記憶に残っているサポーターも多いでしょう。その中で見せたコントロールシュートは素晴らしい得点に繋がりました。

後藤選手は群馬でのプレーよりもYSCC横浜に在籍していた2017年・18年でのプレーが印象的でした。中盤でボールをさばき、パスの精度も高くチームのチャンスをもたらし、自身でもゴールを奪うことができる選手でした。移籍したいわてグルージャ盛岡でチームの心臓になれるか個人的に楽しみにしています。

FC今治( #林誠道 選手)

2015年から在籍していた鳥取から今季FC今治に加入する林選手。5年間でJ3通算103試合12得点の林選手だが、12得点中11得点が昨年記録した数値。まさに昨年ブレイクした選手の1人に挙げることができる。

スピード感のある抜け出しに昨年注目すべきはその決定力。実に3割の確率でゴールを決めている。枠内への精度と得意のスピードを上手く融合させて結果を出した。今季環境は変わるが、特に中盤との連携は重要になりそうだ。一人で得点を取るというよりは周りが林選手をどのように生かして得点を奪うことができるか?それども新天地での活躍に期待せずにはいられない。

終わりに

さて、ここまで前編から結局中編は3本、後編は2本と長くお付き合いいただきありがとうございました。今回J3リーグだけに特化してお伝えをしてきました。特別な情報というよりは、昨年や今年の情報を整理した部分がほとんどなので、「発見があった!」という感覚は少ないかもしれません。

それでもJ3リーグというカテゴリーの性質上、現在はDAZNでの放映はありますが、決して情報量含めて注目度は高くないのが現状です。

それでも鹿児島→大分→神戸でプレーする藤本選手を中心に、こうしたカテゴリーを超えた選手の活躍や、大分のように一気にJ3からJ1へと駆け上がり(大分の場合はV字回復ですが)サポーターの盛り上がりや地域活性化にも確実に貢献していると思っています。

身近な地域にスポーツチームがある。それは、サッカーではなくてもバスケットや野球等、さまざまな競技が私たちの生活に入り込んで価値を与えてくれると私は感じています。

私は中継という立場から皆さんにスポーツをお届けしていきます。少しでも、スポーツの熱量を感じてもらえるように選手やチーム、もちろんプレーについても言及しながらその良さをお伝えできるように努力をしていきます。

みなさんの声で、よりスポーツに、そしてそこで関わる人たちに力を。今回ん中断期間で考えること、そしてよりスポーツが好きになりました。

観戦に際してはこの記事も非常に面白く、勉強になりました。是非、観戦前にご一読を!3月5日の8時までは無料で読めるようです!

それでは、また現場やDAZNの中継でもお会いしましょう。読んでいただきありがとうございました!

過去の内容はこちらから

▽前編はこちら▽
http://kotokake.jp/sports20200226/

▽中編①はこちら▽※見やすいのでブログからnoteにしました
https://note.com/kotokake/n/n08169f9cbec2

▽中編②はこちら▽※見やすいのでブログからnoteにしました
https://note.com/kotokake/n/nd5071e4cf898

▽中編③はこちら▽※見やすいのでブログからnoteにしました
https://note.com/kotokake/n/nd8e1cb418119

▽後編①はこちら▽※見やすいのでブログからnoteにしました
https://note.com/kotokake/n/nd8e1cb418119

Kotokake 代表 能政夕介

立命館大学産業社会学部卒。大学時代、RBC(立命館大学放送局)にてアナウンサーとして在籍。
ラジオDJやステージの司会を行う中で「人に伝える」ための方法やコンテンツ作りの楽しさを知る。
立命館大学卒業後は楽天(株)に就職し、インターネットを通じたマーケティングやコンテンツ開発から、楽天市場に出店する店舗様の売上を上げるコンサルタントを経験。その後独立をする。

現在はフリーアナウンサーとしてDAZNやスカパー等でスポーツ実況も担当している。
その他にも結婚式、イベントの司会や企業・高校・大学等へコミュニケーションの講師としても活動中。
「話すことが楽しい!」と思える人を増やすために、学生から主婦まで幅広くオンラインや直接指導等を行っている。

【過去の出演歴】
DAZNにてJリーグ中継(J1/J2/J3)、スカパーにて天皇杯やユースの試合等も担当。
その他にもなでしこリーグやアメリカンフットボール・ラグビー・高校野球の実況担当経験もあり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
能政夕介(nose yuusuke)

サポートいただいた内容は今後の記事や取材等に充てさせていただきます。少しでも良い内容をお届けできるようにしていきます。

ありがとうございます!励みになります・・!
14
フリーアナウンサー。司会やスポーツ実況(DAZNでのJリーグ中継等)・ラジオDJ等「コトバで伝える」お仕事。立命→楽天→友人と起業→フリーアナウンサーとしてKotokakeを設立。関西を中心に活動中。http://kotokake.jp/