見出し画像

思い出を残すフォトブックに ~色こより綴じ~

皆様こんにちは。国府印刷社です。

いきなりですが、最近はカメラの機能もすご過ぎて使いきれていない自信があります。

なぜそんなことを言い始めたかと言いますと。

子供が産まれ、育っていく中で写真を撮ることが増えて来ました。
本格的な写真も撮ってみたいという気持ちはあるものの、特別な勉強もしていませんので気持ちだけ先走り振り回され気味な自分がいます。

もっと持っているスマホ、カメラの潜在能力を知ることが大事だなと思いました。

それでも撮った写真は思い出として取っておきたいと思うものです!
最近だとアプリやサイトで簡単に作成できるものが増えています。
本格的なものから中綴じのカジュアルなものまで選べます。

!!!

見つけました!中綴じ!!!!

自分だけの一冊に!というポイントで色こより綴じぴったりではないでしょうか。綴じの色まで指定できるところがにくいですね!

こちらを作成するにあたり一つだけポイントがあります。

色こより綴じは水引を使っていて、綴じる際に熱処理をして固めます。

綺麗な製本をするために、余白が必要です。

逆にフルサイズではなく作成する際に余白が出来て気になっているという企業様がいらっしゃいましたら、針金ではなく七色から選べる水引で綴じるのはアクセントになりピッタリではないでしょうか。

システムを変えるのではなく、綴じを変えて対処するというのも手かと思います。

当てはまる方、もしくは当てはまる方を知っている方。ぜひ国府印刷社へご連絡ください。

※お問い合わせなどはこちらの問い合わせフォームにて必須項目を入力後、個人情報の取り扱いに同意していただき送信ください。
確認メールと共に国府印刷社に知らせが届きます。その後3~5営業日以内にご連絡いたします。

国府印刷社
https://www.kokufu.co.jp/contact/?note

色こより綴じ
https://www.irokoyo.com/?note

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今日いいことあるかもしれません!
7