見出し画像

初めまして、店主の新島です

こゝちよ / 店主 新島

皆さま、初めまして。
こゝちよの店主をつとめる新島健一と申します。(※店名は『ここちよ』と読みます)

淡路島の北部に東浦という町があります。
この地で、淡路島名物の『はも料理』や『ふぐ料理』を中心とした料理屋を営んでおります。
淡路島南部の由良という小さな港町で、小さなお店をはじめたことがきっかけです。
その後、ご来店くださるお客様が徐々に増えてきたことで、よりアクセスの便利な現在の場所に2014年に移転しました。

こゝちよをこれまで育ててくださったのはお客様です。
こゝちよをこれまで支えてくださったのは島の生産者様、取引先の皆様、関わってきたスタッフ達です。関わってくださった皆様にこの場を借りて、厚く御礼申しあげます。

この度、自身初めてのブログで筆を執ることにしました。

なぜ書こうと思い立ったのか?

それは「美味しい料理、心地よい空間の裏側をお伝えすることで、お客さまにご来店前から安心して欲しい。お帰り後も、余韻を楽しんで欲しい」この一心に尽きます。

つい最近、もやもやした気持ちを抱く自分に気づきました。

日々お店に立ち、お客さまと会話を交わします。その過程で多数の質問をいただきます。

「なぜ、こゝちよさんの鱧はこんなに肉厚なのですか?」
「なぜ、急いで魚を処理しているのですか?」

お料理に興味を持っていただくことは、料理に携わる者としてこの上ない幸せです。

その場で可能な限り返答いたしますが、時間も限られております。
自宅でひと息つくと「あんなことや、こんなこともお伝えしたかった」と想いが溢れる毎日を過ごしておりました。

いつもご贔屓くださるお客様へ『感謝』を伝えたい。
初めてのお客様さまへも『安心感』を届けたい。
淡路島に興味を持ってくださった方には『島の魅力』を微力ながらお伝えしたい。

自分にできることは限られています。
残された時間の中で想いを伝えるためのベストの手法として、この度noteによるブログ展開を決断しいたしました。

以上を決意表明に代え、筆をおきます。

ご覧くださりありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。

こゝちよ
店主:新島健一

〇店舗情報 〒656-2305 兵庫県淡路市浦1512
三宮から約30分、神戸圏内から20分、大阪市内から1時間。明石海峡大橋を渡ったら15分くらいでアクセスが便利な場所です。

〇店の概要~2種類のコース料理やこだわりなど

〇お料理の年間スケジュール

〇過ごし方~写真撮影した全席の様子やお子様のご利用イメージなど

〇ご年配のお客様のご利用~コロナ対策や店内環境など

〇ご予約

〇採用情報


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!