見出し画像

ドキュメンタリー「Koji Return」公開

「この世は舞台、人はみな役者」とシェイクスピアは書いたけど、この世界でどんな役を演じたらいいのか?
「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」と宮沢賢治は書いたけど、どうしたら世界は幸福になるのか?

この答えを模索している俳優、山崎皓司。静岡に生まれ育って18年、俳優を志し上京して18年、「本当の幸い」を求めて帰郷して2020年11月で1年になる。百の姓を持つ、百の屋号を持つ、百の仕事を持つという意味での「百姓」として暮らし始めた山崎皓司の生活を記録したドキュメンタリー。

山崎の所属する劇団「FAIFAI」リーダー北川陽子と、アーティスト集団「Chim↑Pom」林靖高がディレクターとして参加し、山崎と共にフィールドワークをしながら制作した。


cinraインタビュー記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキって言ってくれてありがとう!
43
山崎皓司。静岡県掛川市在住。快快(FAIFAI)パフォーマー。2019年から活動拠点を東京から静岡県掛川市に移し、現在は何でもできる百姓を志し、俳優、狩猟、農業、養蜂等をしながら、世界平和への道を模索中。アイコンはジャガイモ。