見出し画像

【図解ホテル】泊まらないホテルの使い方

先日、麻布十番で
The Lively ホテルの
テレワークプランを
試してみた。

また次の日は渋谷の
The millennials の
コワーキングスペースを利用。

今回も学んだことを
今後使えるノウハウとして
図面化しつつ整理。

こちらの記事
noteの公式アカウントさんにも
拾っていただきました〜🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

テレワークという使い方は、まさに今というタイミングの言葉ですが、今後どうなるかなども含め考えていきたいと思います。

ホテル写真はインスタに整理してるので
こちらからご覧くださいませ〜


▼1.テレワークプラン

利用したのは
ダブルの部屋を
テレワーク仕様にされた部屋。

利用イメージとしては
大体下記の通り。

☑︎ベッドなし
☑︎作業用テーブル、椅子セット
☑︎ヨガマット付
☑︎シャワー利用不可
☑︎9:00チェックイン
☑︎22:00チェックアウト
☑︎6500円くらい(2名まで可)

その他、通常のホテル利用でも
提供されている、
☑︎ロビーでコーヒー飲み放題
☑︎17:30-18:30までハッピアワーでフリービアー
☑︎ビリヤード遊び放題
☑︎朝食会場有
☑︎最上階にはバー有

これらももちろん利用可能。
少し非日常的な気分で
仕事や作業するには
いいプランだった。

▼2.部屋のつくり

ざざっと部屋を採寸して
スケッチしてみた。

通常の部屋のレイアウトとの
比較図がこちら↓

宿泊特化型のホテルにしては
☑︎最低でも19㎡を確保
☑︎トイレ完全独立
をうたっているホテルではあり、
天井高さ2500なので
元々余裕はある方なのだけど、

ベッドが無いだけで
ものすごく広ーく感じた

これは感覚として
覚えておいた方が良いな...

テレワーク部屋 19.2㎡

ベッドの占める割合は
この規模の空間だとかなり
圧迫感をもたせてしまうことを
知らされる...

折り畳みデスクを開けば、
2人で別々の場所での
作業も可能。↓

奥行は350と小さめだが、
幅が1150あるので
問題なく作業可能だった。

ブックスタンド、コンセント、USBなども
セットされてるので問題なし。 
椅子も元々は小さなスツールみたいだが、
作業用のチェアーにチェンジされている。

ヨガのために
借りる人もいるのだろうか🧘‍♀️

▼3.息抜きできる場所

いくら部屋が良くても
ホテルの個室なので
広々とした場所でも作業したくなる。

ラウンジへいけば
作業可能なコンセント完備の
テーブルがあり、
フリーコーヒーもあるので
両方使いながら作業も良い。

打ち合わせや集中は個室、
その他ラフに作業する場合はラウンジなど。

ラウンジエリア 電源完備

ローテーブルにも電源確保は素晴らしい

▼4.コワーキングスペース比較

通常稼働に戻りつつあれば
このようなテレワークプランは
無くなってしまいそうだが、
9:00-22:00で1人3500円程度なら
良いな〜と思った。

コワーキングスペースとして
調べてみると
渋谷The millennials は
1日2500円で8:00-22:00使い放題。

andwork shibuya HPより

個室利用となると
追加料金がかかるが、
フリーエリアで作業するなら
全然事足りそう。

と思ったので
すぐに訪れてみた。

4Fラウンジ

ここはロビー兼用であり
少しざわっとしたラフな空間。

どの席にいても
電源は確保可能。
ラフな作業はここでやるのも良いかも。

フリードリンク、
ハッピーアワーには
ビール飲める。

3F:コワーキングスペース

こちらは対照的に
少し静かなスペース。

個室も有り、
フォンブース有、
ロッカー有。
電源はどの席でも当然確保可能。

空間としてはラフなイメージで
ホステルセットなこともあり
客も若い方中心。
(本来ならインバウンドのお客様たくさんあたのだろうか)

個人的な印象では
会議室が1つあることを除けば
作業という意味では
そこらのカフェで良いか、、
と思ってしまったり。

ホステル併設の空間とあり、
滞在する人の雰囲気も含め
かなりカジュアル。

落ち着いて仕事したり
カフェっぽい場所を求めるなら
ちょっとちがうかなという印象。

▼5.ホテルをどう販売するか?

・泊まる以外の利用を今後考えるべき?
・時間利用の使い方は?
・作業場としての利用?
・個室であることを活かす?
・賃貸的な使い方?

これから各社いろんな
実験をしながら新しいタイプが
生まれてきそう。

決まり切った時間に
決まり切った方法で販売するのをやめ、
臨機応変に対応していくとなると

オペレーション側の柔軟さが
より重要になってくる。

清掃も自社スタッフがぱっと
どんな時間でも対応し、
部屋をリメイクできるスキル

問われるかもしれない。

住む、泊まる、働く
の境界がゆるく
なり
新しい運営方法もどんどん開発される。

ハードも何を重きを置いて
設計されるか考えていかねば。

▼6.専用と共用

販売方法が多様になり
ホテル=泊まる
ではない需要がふえるのであれば
専用するものと
共用するものを意識したい。

ホテルは基本的に
個室と共用部がわかりやすく
二分化しているプログラム。

だけど、それはいままでの
利用方法だから整理していた
ゾーニングなので
専用と共用の位置づけを改めて
考える必要があるのではないか。

共用で十分なもの。
共用だから良いもの。
専用じゃなきゃ困るもの、、、。

繰り返しになるが、
限られた20㎡程度の空間に
ベッドというデカブツの
影響力が効果あることを
改めて体感した。

ベッドを共用、
というわけには
いかないかもしれないが、
ベッド自体のあり方を考えたり
工夫が必要かもしれない。

限られたスペースに
なんでも詰め込むのは
コスト的にも空間的にも
上手くない。

まだ何が正解かわからないが
この専用と共用の区分は
意識して観察していこうとおもう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。今後もぜひご覧くださいませ〜!
100
ホテル業を中心としつつ 様々な「モノづくり・コトづくり」 のノウハウをまとめています。 ▼Profile ✏️元アトリエ建築設計事務所 🏨ホテル運営会社へ転職 🤝建築〜サービス〜ブランディングをつなぐ ✍️ハードもソフトも設計 📐 一級建築士 🏆アイデアコンペ受賞20以上

こちらでもピックアップされています

図解 ホテルノウハウ
図解 ホテルノウハウ
  • 4本

ホテルを中心に学んだことを 図面化しながら整理し、 今後使えるノウハウとして まとめたnoteのマガジンです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。