書評『社会契約論』(重田園江著)
見出し画像

書評『社会契約論』(重田園江著)

みやこー

☆☆☆

 本書は、ホッブズ、ヒューム、ルソー、ロールズの著作を読み解きながら、社会契約論を説明したもの。

 以下、社会契約論について考えたこと。

 「社会(国家)はなぜ、どのように生まれたのか?」社会(国家)の起源に関するこの問いに対して、社会契約論は「社会(国家)は、人々が生命・自由・財産についての権利を保護する目的で、人々の同意(契約)によってつくられた」と説明する。

 この説明は、あくまでも「社会(国家)は理論上このように生まれたはずだ」というもので、歴史的事実に基づいて社会(国家)の起源を説明するのではない。いうなればある種のフィクションだ。

この続きをみるには

この続き: 978文字

書評『社会契約論』(重田園江著)

みやこー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
みやこー
読んだ本の書評や、本のテーマに関する自分の意見を書いてます。政治理論、政治哲学、政治思想の本が多めです。