ちくま新書

書いてみる

新着の記事一覧

哲学者であり、同時にアナルコ・ギタリストとしても活躍する森元斎さんが、ウチガタリ・ユニット「点線」の1stミニアルバム『ちいさな』に向け強力なテキストをお贈りくださいました!

橋本「何にもないただ青いだけの空を、無理やり”きれい”と思い込もうとしているのかな?」などとちらっと思ったりもしました。"ただ青いだけの空"どこに"美しい"を明確にする指標があるのかがさっぱりわからない"青いだけの空"をみて、"美しい"と断定するには、まだ経験がたりませんでした」

「ことばとは何か-言語学という冒険」 田中克彦

2週間前

正義論の名著 (中山 元)

「荒木飛呂彦論」を読んで

様々な国の愛し方―「愛国の起源」将基面貴巳(著)

橋本治「孤独と敗北と”美しい”は、なんだか妙な連関を持っていて、それが、普通の人間にあまり”美しい”を言わせない原因になっているのではないか」と思いました。既に私は、「”美しいが分からない”は、自分が思う以上に根深く広範な問題ではないか」と思っていたのです。

田中克彦 『ことばとは何か 言語学という冒険』 ちくま新書

1か月前

読書日記 #5

1か月前

読書日記 #2

1か月前