新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

わかろうとするけど、わからなくてもいい| heyがユーザーと友達になれる理由

月イチの全社ミーティングで「大福」の話をする

画像2

私がフリーランスとして写真や編集をお手伝いしているheyには、月の終わりに全社でそのまとめを共有する「レビュー会」なるものがある。この状況になってからはリモートで行われていて、今月は配信で登壇者のスライドをみながらslackでコメントし合う形だった。GWを間近に控えたこの間のレビュー会で、なんだかheyらしさをたくさん感じたのでnoteをかいてみる。

レビュー会はその月の数字や見通しなどの発表、その月に仲間になった人の紹介やお知らせなどがあり、最後に社長の佐藤さんによるお話がある。新型コロナウイルスの影響にさらされているこの状況下、サービスの戦略や働き方についての話がくるかな、と思っていたらスライドに現れたのは大福の写真だった。

老舗の大福やさんがオンラインショップを始めた、という例をあげながらインターネットリテラシーがあまりない人が自前でオンラインショップをつくる大変さやリスクを話した後、それをサポートする僕らのサービスは、とつづく。さらに、STORESのユーザーがどんな状況にあるかを話し始めたのだ。ただの経済打撃ではないこと、心にまで及ぶ問題だと言っていたところで、その日の朝のフリーランスとしてのできごとを思い出した。

この日は持続化給付金の申し込みが始まる日だったのだ。
そのサイトを開いて、必要事項を入力する。画面に出てきたのは給付条件をクリアしていることを示す給付額。給付もらえるかも、というひとまずの安心と、改めてつきつけられた昨対で半分以下になった売り上げに向き合うのも面倒になってパソコンを閉じた。

そういうフリーランスの私から見ても、社長が話す「お商売をやっている小規模な事業主の現状」はなぜか見てきたようなリアリティがあって怖いくらいだった。そして考えたのは、数百人規模の会社の社長がこういう話を怪談並みのリアリティをもってできるのがどれだけ珍しいかだった。

画像7

これまでみてきた多くのえらい人たちは、ユーザーや読者がどんな生活をしてどんなテレビを見て、どのくらい貯金があって何を楽しみに生きているかの話よりも、どういうビジネスモデルでお金をつくり、どういう布陣でそれを成し遂げるかという話ばかりする印象があった。そういうのを「経営目線」と呼ぶのかなと思っていたし、そのかわりユーザーの方を見つめていることが自分の役目のように思うこともあった。
heyで当たり前に起こっている奇跡的な鳥の目と蟻の目の行き来が、heyらしさの源のような気がしてならなかった。ユーザー目線というやつだろうか?いや、それだけではなさそうだ。

自分の仕事とお客さんの気持ちの行き来

画像3

この行き来はheyのメンバーに取材していてたびたび感動する場面のひとつでもあった。
例えばデータアナリストのチームに取材した時、数字にとらわれてひとりのユーザーの体験を損なう可能性にいつも気をつけていると言っていたし、カスタマーサポートの女性に取材した時は、業務は業務だからその日のやりとりはすぐ忘れてしまうと言いながら、誰かに手紙を書くようにお問い合わせの返事を書くという話をきいた。
自分のはたらくパートを客観的にとらえながらもお客さんのことを想うのが当たり前なのだ。

わかろうとすること、わからないことを受け入れること

画像4


それだけではない。heyの人はなぜか、いつでもユーザーに会おうとする、作ったものを買ったり食べたりしようとする、関わろうとする。
STORESでネットショップをかまえたお店でほとんど食べ物を買っている人もいるし、ほぼ毎日お買い物しちゃってる人もいる。STORESターミナルを使っているお店が近くにあるとなれば出かけていく(時々シャイすぎて何も言わずに帰ってくる)。「ほんとにほしくなってきた」と全ての取材先の店舗で買い物をしている担当者と出会ったのは初めてのことだ。そこに私は「徹底的にわかろうとするけど、無理にわかろうとしない」という不思議な矛盾をはらんだ姿勢をみる。

画像4

heyのお客さんたちは、人生かけてお商売をやっているお店であり、職人であり、クリエイターであり、アーティストであり、そういう人たちだ。憧れても好きになってもその目線に立つのは時々限界がある。まして、ロジックでその全てを紐解くこともできないし、本人ですらわからずにやっていることもあるだろう。それを、完全に解剖してわかることをあきらめて、楽しんでいこう、というのがheyのメンバーの基本姿勢だ。

画像6

これは誰かと友達になるプロセスと似ているんじゃないだろうか。友達になる時に、年収がどうだからとか、おしゃれだから、と友達になる理由から考えはじめるひとはいないだろう。
「なんかいいから、好きだわ。」くらいの感じでheyのメンバーはいともたやすくユーザーと友達になり、肩を並べて歩き始める。社長ですらそうだから、全社ミーティングで最優先で伝えるべきことは困っている友達の気持ちだったのだろう。

画像5

緊急事態宣言がのびた。
その影響がこれでもかとお商売をやる小さな個人にふりかかる今、そういう人たちにサービスを提供するheyが必要な機能やサービスを届けられるかが彼らのひとつの生命線になろうとしている。フリーランスとしてheyをちょっと外側から眺めているわたしは「heyがやることはめちゃ大丈夫そう」と確信を持っている。

どんなに予想外の世界がやってきても、heyのメンバーはユーザーの作ったものをどんどん買って、お店に訪ねていって、買い物をして、関わって、楽しんでいくからだ。そこから生まれるサービスはめちゃ大丈夫そう。五感をフルに使って楽しんだその体験は、ユーザー目線なんて言葉を超えたものだから。それに、めったなことで目先の利益のためにユーザーを見捨てることもない。だってそれを友達とは呼ばないでしょ。

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!また頑張って書いてみます😂
93
写真のこと、フリーランスでの仕事のこと、クラウドファンディングのことなどを書きます。単著「クラウドファンディングストーリーズ」(青幻舎)を最近かきました。

この記事が入っているマガジン

#仕事 記事まとめ
#仕事 記事まとめ
  • 178本

働き方から採用、転職、仕事の仕方など、noteに投稿された仕事に関する記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。