見出し画像

08_養護学校を卒業しました!【手術のこと編】

画像3

こんにちは、イラストレーターのアキタヒロミです。

今回は、私がうけた3回の股関節の手術のことをちょっと詳しく、そして、術後の傷痕、3ヶ月お風呂に入れたかった時のことなどをまとめています。
どうぞ、お付き合いくださいませ。

画像2

1.手術について

療育センターに入所していた2年間で3回の手術をうけました。

◾️1回目の手術(11歳 '88.5.18)
股関節のお椀の部分、臼蓋(きゅうがい)が足りないので、自分の骨の別の箇所のいらない部分を削って、移植する手術をしました。
腰から足の指の付け根までのギプス、途中で膝までになりましたが、移植した骨が定着するまで安静。
完全にギプスが外れるまで約3ヶ月かかりました。

◾️2回目の手術(11歳 '89.3.15)
変形して、間違った方向に伸びている大転子を削り、正しい位置へ矯正する手術でした。
この時もギプスはありましたが、約1ヶ月でとれました。

◾️3回目の手術(12歳 '89.10.25)
過去2回の手術で入れた金具を抜くための抜釘(ばってい)手術をしました。
この時は、ギプスもなく術後が一番 楽でした。
2回目の手術と同じ場所を少し切って取り出しているので、手術は3回ですが、傷口は2箇所です。

自分の骨を移植しているからなのか、30年前の医療だからなのか、どちらが理由か素人の私にはわかりませんが、術後の安静期間がとても長かった!!
それに比べて、祖母たちが人工股関節の手術をうけたあと、ギプスもなく、翌日くらいから歩行の練習をしていて、安静期間のあまりの差にとても驚きました。

‥‥‥‥‥‥
足の中に入っていた金具を術後にもらったので、記念品のようになんとなく今でも大事に持ってます。

画像2

2.手術中のこと

はじめての経験からくる緊張と手術室の寒さ、冷たさに、ストレッチャーで運ばれながら、自分でもビックリするくらい(歯がガチガチ音がする)震えていました。
経験したことのないことは緊張感が増し、余計に怖く感じますよね。
この時の手術の経験があったので、双子出産時、帝王切開当日はドーンと構えてニッコニコでした^^

2回は全身麻酔、最後の1回は下半身麻酔と軽い全身麻酔(静脈麻酔だったのかな?)で行われたので、手術中の記憶はありません。
看護師さんが「私はヒロミちゃんの足を切ったところを先生が骨を見やすくなるようガッと開いて持っている係だったよ!」と教えてくださいました。
想像してゾワゾワ鳥肌たちました(苦笑)

3.術後のこと


◾️尿瓶
ベットの上でおしっこをする。
いざやろうと思っても、潜在意識(?)が働き「ここでするなんて・・」「こぼれたらどうしよう」と、ついついブレーキ。なかなか出来ません。
"無"になってみたり、力を入れてみたり・・最後は母が水を使って、おしっこに似た音をチョロチョロ洗面器に流してくれて、それを聴きながらイメージを膨らませ・・出来ました!
あと数分がんばって出来なかったら、管を入れましょうと言われていたのでホッとしグッスリ眠れました。

◾️抜糸と傷跡のケロイド
手術よりも私にとって痛みの記憶で強烈だったのは、抜糸でした!
女の子だし、傷跡ができるだけ残らないように・・という配慮から、術後2,3日で抜糸をしてテープに張り替えることになりました。
これが、痛くて、痛くて・・(泣)

皮膚の痛みに加えて、チクッとなるたびにピクッと足が動いてしまって奥の方まで痛い。
痛みを我慢してがんばったのに、ケロイド体質で数ヶ月後、結局、モリッモリに傷口は膨らむのでした。

3回目の手術の時、ついでに盛り上がったケロイド部分をそぎ落としてもらいましたが、ふたたび膨らむ私のケロイド。
これは体質だからしょうがない。

股関節の疾患がない自分が考えられないように、この傷痕のない自分・・もう想像できないくらい、当たり前に存在する、人生を一緒に歩いてきた相棒となっています。

帝王切開の傷痕も、やっぱりケロイドになりました。チャンチャン☆

4.ギプスと垢

◾️ギプスをとった後の足
3ヶ月安静にしていた足は細ーくなっていました。ラッキー!?
でも筋肉がごっそり落ちてしまっているので、座って、つま先だけで踏ん張ろうとするとそれだけで、膝が激しくガタガタブルブル・・コントロール不能。
筋力って大事ですね。

◾️エンドレス"垢"
3ヶ月、お風呂に入らない経験、したことありますか?
すごいですよー・・垢。
足の裏の垢がパリパリ割れ目が出来てきて、皮のようにペローンとめくれてくるので、友達が面白がってよくはぐってました。

手術から3ヶ月後、ついにお風呂に入れる日!
成長期なうえに、ギプスに覆われ暑くて汗もしっかりかいていて、ものすごい量の垢がたまっていました。

洗って、「あー、さっぱりした!」とタオルで拭くと、またポロポロ。
もう一度洗い直して、タオルで拭くと、またポロポロ・・エンドレス垢です!!!

この日は無理と諦め、ポンポンこすらないように拭いて、何日かかけてやっと全部の垢がとれました。
いや〜、すごい体験させてもらいました。 

 ‥‥‥‥‥‥

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
次回は、【車いす生活編】へと続きます。


この記事が参加している募集

振り返りnote

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!