アキタヒロミ | イラストレーター

こぐまデザイン|✎イラストレーター|鳥取県在住 |5歳双子ママ𖦊ັ|保育月刊誌・教材etc.|育児ブログ「今日のぷちこたち」|仕事も子育ても、 楽しみたい!頑張りたい!欲張りかぁさん ▶︎ポートフォリオ SNSリンク https://lit.link/kogumadesign

アキタヒロミ | イラストレーター

こぐまデザイン|✎イラストレーター|鳥取県在住 |5歳双子ママ𖦊ັ|保育月刊誌・教材etc.|育児ブログ「今日のぷちこたち」|仕事も子育ても、 楽しみたい!頑張りたい!欲張りかぁさん ▶︎ポートフォリオ SNSリンク https://lit.link/kogumadesign

    マガジン

    • 養護学校を卒業しました!

      こんにちは、イラストレーターのアキタヒロミです。 先天性股関節脱臼の後遺症治療のため療育センターに入院、養護学校で過ごした2年間。 振り返ると、今の私を形作るのに多大な影響をあたえてくれたあの頃のことを、思い出しながら綴っています。  私が経験したのは、もう30年以上も前のこと。 医療も、環境も古いお話になりますが、当事者の方、支える家族の方の気持ちがちょっぴり楽になったり、何か少しでもお役に立てるようなものになると嬉しいです。

    • 夫ヒロキ寝言語録

      夫ヒロキ寝言語録ファンのみなさま(笑) おまたせしました! 2011年 結婚してから知った、夫ヒロキさんの 想像の上をいく寝言の数々。 みなさまにもお楽しみいただけると嬉しいです。

    最近の記事

    11_養護学校を卒業しました!【まとめ編】

    こんにちは、イラストレーターのアキタヒロミです。 自己紹介もかねて書かせてもらったこのマガジンも、今回で最終回です。 養護学校で過ごして感じたこと、親となり感じた気持ち、障がいについての想いなどをまとめました。 1.卒業 治療としては、本当はもう少しいた方が良かったけど(杖なし歩行のOKがでたのは退院前日)、中学入学のタイミングが元の環境に戻りやすいだろうと配慮してくださり、そこに合わせての退院となりました。 中学入学前には、担任予定の先生が養護学校転校前に仲の良かっ

    マガジン

    マガジンをすべて見る すべて見る
    • 養護学校を卒業しました!
      アキタヒロミ | イラストレーター
    • 夫ヒロキ寝言語録
      アキタヒロミ | イラストレーター

    記事

    記事をすべて見る すべて見る

      10_養護学校を卒業しました!【友達のこと編】

      こんにちは、イラストレーターのアキタヒロミです。 私の養護学校、療育センターで過ごした2年間の記憶の大半は、今回書かせてもらう友達との思い出です。 20代でお空へ行ってしまった彼女から教えてもらった、たくさんのことをまとめました。どうぞ、お付き合いくださいませ。 1.出会い療育センターに入所した当初は、別の病棟、病室でしたが、手術に向けて移動した病室で2つ年上のその友達と出会いました。 人見知りだった私とは逆に、とても人懐っこく、誰とでもすぐに仲良くなれる子。どんどん話し

      09_養護学校を卒業しました!【車いす生活編】

      こんにちは、イラストレーターのアキタヒロミです。 みなさん、車いすにどのようなイメージをお持ちですか? 小学生で、まわりに車いすに乗る子がたくさんいる環境にいた当時の私にとってはちょっと憧れの存在、そして実際乗るようになった時は、たのしくて、なんて快適なんだろう!と感じていました。 今回は、そんな車いす生活にまつわるエピソード、乗り方のコツ!?などを書いていきます。 1.車いす生活手術後、座位の許可が出ると、すぐ、車いす生活スタート ! 最初は、ぎこちなかったですが

      08_養護学校を卒業しました!【手術のこと編】

      こんにちは、イラストレーターのアキタヒロミです。 今回は、私がうけた3回の股関節の手術のことをちょっと詳しく、そして、術後の傷痕、3ヶ月お風呂に入れたかった時のことなどをまとめています。 どうぞ、お付き合いくださいませ。 1.手術について療育センターに入所していた2年間で3回の手術をうけました。 ◾️1回目の手術(11歳 '88.5.18) 股関節のお椀の部分、臼蓋(きゅうがい)が足りないので、自分の骨の別の箇所のいらない部分を削って、移植する手術をしました。 腰か

      07_養護学校を卒業しました!【学校のこと編】

      こんにちは、イラストレーターのアキタヒロミです。 養護学校って、みなさんどんなイメージをお持ちですか? 私の通っていた養護学校は、みんな仲が良く、笑い声のたえない学校でした。 そこでの様子、障がいのある友達と一緒に過ごして感じたことなどを書きました。 どうぞ、お付き合いくださいませ。 1.はじめての養護学校新学期がはじまると共に、新たしい学校での生活がスタートしました。 クラスメイトは私を含めて5人。 私と同じように股関節に疾患のある子、右半身麻痺のある子、軽い知的障

      07_かわいい系の寝言たち

      ✎夫ヒロキ寝言語録 普段の姿からは想像できない可愛い寝言たち。 メルヘンおじさん・・。 𓂃𓂃𓂃𓂃𓂃 「ぷぴっ」 「かぁ〜わいいなぁ〜、車にリボンがついとって可愛い♡」 「ヒロの国に大っきいシールみたいなの貼ろうか」 「オギャーオギャー、おっちゃんについて来い!」 「るいっ♡」(高い声) 「ヒロちゃんのお風呂がなくなっちゃった!・・プシュー!!」 「いやぁ〜、生徒会長かぁ・・(照)」 「ムササビ」「ヒロキがムササビになっとるけ〜、見てみ〜や!」 「かっこいいが

      06_奇声・絶叫系の寝言たち

      ✎夫ヒロキ寝言語録 深夜、突然の大声は心臓に悪いですー! 𓂃𓂃𓂃𓂃𓂃 「助けて・・助けて・・落っちゃう・・地面に〜!! ・・・落っちゃった・・今」 「よっしゃー!! よいしょーー!!!(大声)」 「ニャーーーー!!!!」(絶叫) 「ヌァャァメェ〜‼︎ ヌァャァメェ〜‼︎」「ヤギだん!」 「寒いな・・デューーーン!!!」 「わっ、あっ、あっ。。アーッ!!。。やられたぁ〜!!」 「よいしょしょしょしょ、しょ〜い、しょい」 「グリ〜ン グリング リング リング リン

      05_お仕事系の寝言たち

      ✎夫ヒロキ寝言語録 なんだか夢の中でも、よくお仕事していました。 ナゾのお仕事の時もあるけど・・おつかれさまですっ!! 𓂃𓂃𓂃𓂃𓂃 「部品、これで全部あるかぁ・・鉄砲の・・」 「痛い〜!! ベンダー(取引先)に殴られた!」「痛いよ〜」 「メイヨー、メイヨー・・ネットで調べてみーや!」 「うわぁ〜・・70本はいっとる〜・・」 「今日かぁ〜・・会議はぁ〜」 「ありがとうございました・・ありがとうございました・・」 「100均のカッターナイフ落としたの、拾ってもらった

      04_名言?迷言!?系の寝言たち

      ✎夫ヒロキ寝言語録 いいこと言ってる風だけど、これが寝言だと思うとやっぱり笑ってしまいます。 𓂃𓂃𓂃𓂃𓂃 「二宮金次郎・・がんばり屋さんだよ、彼は」 「ぬぁー◎△×!!! オレが叫んだんじゃないよ! 地球が叫んだ。」 「ふふふふふ。。。世の中をあざ笑っちゃった」 「まともな、真面目なことをしたら怒られる・・そんな世の中だ!」 「日本は崩壊だ」 「俺は人生の先輩だけ いいだ!尊敬せい!」 「空白時間」「空腹時・・」 「金持ちの家の子はなぁ、クリスマスに買ってもら

      03_お怒り系の寝言たち

      ✎夫ヒロキ寝言語録 なんだか寝言で、ぷんすか怒ってることもよくあります。 怒っているけど、やっぱりナゾ設定が多く笑ってしまいます。 𓂃𓂃𓂃𓂃𓂃 「粒、つぶ だがな!警察の粒!!」「警察に持って行ってみーや!」 「たいぎぃ〜なぁ・・寝るのがたいぎぃ」(たいぎい=面倒くさい) 「あのバイトめぇ〜!」「バッカス・・やりやがった!!」 「疲れた、寝る!」 「あぁぁ〜!!・・眠たいなぁ・・くそぉ!!」 このラインより上のエリアが無料で表示されます。 「ニコちゃんマーク♪・・

      02_なぞ・不思議系の寝言たち

      ✎夫ヒロキ寝言語録 不思議な夢の世界。 いったいどんな夢を見ているんでしょうね・・。 𓂃𓂃𓂃𓂃𓂃 「背中にレタスがおる」「ヒロキを守ってくれとる〜」  「白いライオン オフィス!」  「ドッキリ戦法だ!」 「相撲だ、相撲・・はっけよい!・・プロレスラーと・・」 「アルバイトの募集だぁ」「米 数えるバイト」 「後楽園〜!!」(大声&拳を上げて) 「梨のマッサージ・・梨男だん!」 「クーラーのネズミめ!・・ネズミめ・・ネズミめ・・・」 「3年〜B組〜、金〜八〜先

      01_日常系の寝言たち

      ✎夫ヒロキ寝言語録 これを「日常」と括ってしまっていいのか、少々微妙ですが・・どうぞお楽しみくださいませ。 𓂃𓂃𓂃𓂃𓂃 「20代ですけどっ!!ヒロキはまだっっ!!」(早口) ◎ホントは40代です。 「ドラゴンカヌーって、断れんかぁ? 東郷池でやっとるヤツ・・」  ◎一度も出たことありません。 「んふふふふ・・何にもないけど笑っちゃった」「ごめんなぁ〜、毛布も買ってあげられなくて〜・・」 「ちょっと手すり つけて欲しいなぁ・・」(手を上げて手すりを持つポーズ付き) 「

      夫ヒロキ寝言語録

      結婚後、毎日のように連発の夫の寝言。 聞いたら忘れないようスマホに保存。 そしてポツリ、ポツリとSNSでつぶやいていました。 その結果、いつの間にか寝言ファンの方が増え、イベント出展時のお手伝いしてもらう時や、街を歩いていると「あの寝言のヒロキさんですか?」と声をかけられるまでに(笑) どうぞ読んで、想像して、ププッと笑ってやってくださいませ。