マガジンのカバー画像

小説「双校の剣、戦禍の盾、神託の命。」

160
声プラが贈る、小説と音声ドラマによって紡がれていくファンタジー作品 ~あらすじ~ その国の名はシュバルトメイオンと呼ばれていた。  国内には東西に分かれた学園があり、互いに競い… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

160 実力以上の差

「それではまず、交流模擬戦の第一戦目を行います。両者広場中央へ」  遠征宿舎の広場を囲む…

159 剣が導きし運命

「では、東部学園都市のエナリア会長の提案による交流会をこれより行います。内容としては模擬…

158 遠征先にて

 遠征で生徒達に与えられている任務の進行は滞りなく進んでいた。  各地域の最終地点となる…

157 学園外遠征

 西部学園都市ディナカメオスに九剣騎士が調査に来てからの後、不気味なほどにこれまで通りの…

156 ビビフの残り香

「さて、と。お待たせ。さぁ、召し上がれ!」  食堂のテーブルの上にドンっと勢いよく置かれ…

155 ささやかなる興味

 ウェルジアは食堂へと今日も足を運ぶ。  心なしかその足取りが軽い。  彼にとって食堂と…

154 巨大すぎる剣

【キュミン編ボイスドラマリマスター版2024/04/14配信開始】 音声ドラマシリーズと合わせて、小説版も楽しんで下さい。 小説×ボイスドラマによる全力全開の群像劇 どうぞ応援よろしくお願いいたします! 【小説続きは以下から本文】  とある放課後、手のひらにある指輪を見つめマキシマムは溜息を吐いた。 「さて、ここからどうしたものか」  彼の手に収まっている指輪は知らない人物から預かったものだ。  これが誰のものかも分からない。  あの日から、もう随分と時間が経ってし

153 才能というもの

「ティルス会長」  ドアを開く音と共に小柄な人影が室内へと入ってくる。 「リヴォニア、お…

152 突拍子もない話とこれから

 話を進める中、ドラゴがこれまでのことを全く話を理解していないかのように首を傾げる。 「…

151 会議室のヒボン先輩

「みんな、ありがとう! 僕の呼びかけにこうして集まってくれて」  ヒボンが一同に会したメ…

150 試作品披露会

「これ、なんですか?」  リリアは目を丸くしつつ開けられた箱の中にあったものに首を傾げる…

149 完成した試作品

 西部学園都市内にある商業区画の路地裏で細々と営まれている武具店「ラグナレグニ」その店内…

148 穏やかな放課後

 とある日の授業終わりの校舎裏。  いつものこの場所でウェルジアが神妙な顔をしたままで文…

147 清廉潔白すぎた野心

 学園祭が終わり程なくして、九剣騎士として王都から視察に来ていたヴェルゴとクーリャは学園から王都へと帰路に就いた。  西部学園都市内の空気は徐々に通常の学園内の様子へと戻っていく。  ヴェルゴはあの夜以降は問題を起こすこともせず、大人しく学園内を調査していたのだという。  その数日前へと時は遡る。  彼の目的は定かではないが、マキシマムは最大限の警戒をプーラートンに共有していた。  以前よりヴェルゴの九剣騎士としての言動そのものに疑問を持っていたプーラートンは大きく頷