小林十之助

近代文学2.0をやっています。近代文学1.0は終焉したそうですから仕方ありません。トンデモ説ではない漱石論を書いています。近著『高校生に遺書を書かせるな』『近代文学2.0宣言』『柄谷行人論2.0』『夏目漱石とその時代2.0』アマゾンで探してください。
    • 夏目漱石論2.0
      夏目漱石論2.0
      • 0本

電子申請義務化の前に知っておくべき事

パソコンの基本操作が分からない  何にお困りか、どうしたいのかを、そのまま自然言語でグーグルの検索窓に書き込んで検索してみてください。  たいていの問題には誰か…

情報連携と電子申請をめぐる情勢に関する意見書

情報連携と電子申請をめぐる情勢に関する意見書  Ⅰ. 対象  1. マイナンバーを利用した情報連携について 2. 電子申請推進について 3. その他 Ⅱ  意見  1.…

健康保険組合の電子申請に関する問題点

健康保険組合の電子申請に関する問題点 このままでは「特別定額給付金」の二の舞に 今年十一月から全ての健康保険組合がマイナポータルを通じた電子申請受付を開始する予…

近代文学2.0と愛のゆくえ

ヴィルヘルム・ライヒを借りて  例えば夏目漱石がこだわった三角関係、子が生まれることと生まれないこと、愛し合うことが近代文学の一つの主要なモチーフだったとして、…

織田作之助の文体について①

十行を一行で書く  織田作之助の『雨』は怖ろしくスピード感のある話である。『雨』は後に『青春の逆説』として書き直される。村上春樹で言えば『蛍』と『ノルウェイの森…

ポテトサラダ

この世にはポテトサラダは存在しない。夏目漱石を読んだといえる人も存在しない。