ナレッジビレッジ / フリーランス美容師向けMAGAZINE

フリーランス美容師を目指す人に、お手伝いできたら嬉しいです。普段は「みんなが社長になれ…

ナレッジビレッジ / フリーランス美容師向けMAGAZINE

フリーランス美容師を目指す人に、お手伝いできたら嬉しいです。普段は「みんなが社長になれる美容室」がコンセプトの、シェアサロン「サロンビレッジ」を運営しています。

最近の記事

お客さま一人ひとりに合った「ラクさ」を共創する

ノリでなった美容師だけど、17年間楽しく続けられている理由──堅田さんが美容師を志したきっかけを教えてください。 高校生時代、進路を考えていた頃、「大学受験はなんとなく違うんだよなあ」と思っていて。 おしゃれしたり、髪をいじったりするのが好きだったので「美容師、いいじゃん」と直感的に感じ、志すことにしました(笑)。 ノリと勢いで来たものの、この仕事が楽しくて17年間続けられています。 ──直感力がすごいですね。理想と現実とのギャップに、心が折れる瞬間はなかったのでし

    • 「美容師さん」ではなく「高橋さん」と呼ばれたい。僕がフリーランス美容師を目指したわけ

      美容師になった僕を支えてくれたのは、人との関わり──高橋さんが美容師を目指すことになった経緯を教えてください。 実は、美容師の道を視野に入れはじめたのは、高校卒業間際でした。教育熱心な両親に育ててもらった影響で、学生時代はぼんやりと「大学に進学して、いい企業に就職したい」と考えていたんです。 でも、志望大学の入試に落ちてしまって……。それをきっかけに、将来を考え直すことにしました。 美容師になりたいと考えた理由は、昔から「ヘアアレンジ」と「人と接すること」が好きだった

      • 出産を機にフリーランスへ。アイリストとコスメを融合した、唯一無二のサロンを

        「デビューが早そうだから」で選んだけど、結果、この仕事が大好きになった──岡本さんがアイリストを目指したきっかけを教えてください。 大きな夢があったわけではなく恐縮なのですが……デビューするまでの期間が短くていいな、と。自分の技術を、早くお客さまに提供できると考えていたのです。 また、サロンで体験会があり施術をしてもらったことがあるのですが、目元に小さな変化が生まれる瞬間がたのしく、アイリストの魅力をより体感しました。 ──離職率が高いと言われている美容業界ですが、岡

        • 設立者・山本が描くサロンビレッジに感動し、移転。ベテラン美容師が伝えたいこと

          きっかけは、友達が喜んでくれる瞬間からだった──阿部さんが美容師を目指そうと思ったきっかけを教えてください。 高校生の頃、美容室デビューをしました。期待に胸を膨らませ足を運んだのですが、イメージと違う仕上がりになってしまい、ちょっぴり悲しかった記憶が残っています。 言葉を選ばずに言うと、「自分で切った方がいいんじゃないか」と思ってしまって(笑)。そこから、自分でヘアセットなどをするようになりました。 そして高校生時代、友達に「俺の髪を切ってよ」とお願いされ、試しに切っ

        お客さま一人ひとりに合った「ラクさ」を共創する

          シェアサロンを知らなかった私が、サロンビレッジに魅了された理由

          まさか、OLからネイリストになるなんて。だから人生って分からない──芦田さんがネイリストを目指そうと思ったきっかけを教えてください。 昔から手のお手入れが好きで、学生時代の頃から爪を綺麗にすることに興味がありました。 ただその頃は、美容専門学校に行くことは念頭に入れておらず、そのままとある中小企業にてOLをしていました。 ここで、ちょっとしたターニングポイントが起きたのです。知り合いの紹介をきっかけに、“ネイル検定のモデル”を経験。 認定講師の資格に挑戦する人に向け

          シェアサロンを知らなかった私が、サロンビレッジに魅了された理由

          ゆるく、心地よく、私らしく。私がフリーランス美容師になった理由

          消去法で美容師を──森さんが、美容師になったきっかけを教えてください。 自然の流れで美容師になった、という感じでしょうか。 はじめはネイリスト志望で、とりあえず専門学校に行こうと思い進学しました。 「ネイリストになりたい!」という心意気よりも、これまでの人生を振り返った時に、「そういえば美術が得意だったし、ネイリストなら楽しそうだなあ」という感覚で選んだんです。 しかし、ワインディングコンテストで一位になったり、技術面では「ヘア」の方が優れていました。また、先生から

          ゆるく、心地よく、私らしく。私がフリーランス美容師になった理由

          決まった枠のみでなく、私の感性・感覚を活かした提案を

          第一志望に落ちて、美容師を断念。反動でフリーターに──浜野さんがアイリストを目指そうと思ったきっかけを教えてください。 美容師になるために美容専門学校に通い、晴れて国家資格を取得しました。 どうしても入りたいサロンがあり、面接を受けたのですが落ちてしまって。ここで燃え尽きてしまい、フリーターになっちゃったのです。  ──まさかここでフリーターですか。 びっくりですよね(笑)。さらに驚きなのが、先ほど落ちた第一志望のサロンに、後にアイリストとして入社しています。 フリ

          決まった枠のみでなく、私の感性・感覚を活かした提案を

          酸いも甘いも人一倍経験した僕だからこそ伝えたい──令和、美容師の在り方

          彼女のお母さまからの一言が、ターニングポイントになるなんて──新倉さんが、美容師になったきっかけを教えてください。 高校生の頃に付き合っていた彼女がいたのですが、彼女のお母さまが美容師をされていたのです。 ある日突然「新倉くん、美容師に向いていると思う。よかったら視野に入れてみたら?」と言われて。 昔から美容師という仕事はかっこいいなと思っていたので、せっかくならと、美容師を志すことに。「ぜひ」とお伝えすると、一緒に求人を探してくれました。 ──すごい……甘酸っぱい

          酸いも甘いも人一倍経験した僕だからこそ伝えたい──令和、美容師の在り方

          異例の美大出身。なぜ私は、フリーランスネイリストになったのか?

          美大卒業後、王道ルートを通るもいいけれど──高橋さんがネイリストになったきっかけを教えてください。 元々ネイリストを目指していたわけではなかったんです。「ネイルってかわいいな」と思うくらいでした。 ネイルの中でも“ニュアンスネイル”が好きだったのですが、いつしか「ニュアンスネイルを手掛けたいな」と思うように。 美大出身でデザインを専攻していたのですが、「このまま就職しても大丈夫かな、後悔しないかな」と迷った時期があって。 “一般企業に就職する”といった王道ルートを歩

          異例の美大出身。なぜ私は、フリーランスネイリストになったのか?

          たった75日で辞めた新卒時代。自由人の僕が譲れなかったポリシー

          進学校出身の僕が、美容師になったわけ──秋元さんが、美容師になったきっかけを教えてください。 野球少年だった中学時代を終え、高校生になる直前に、初めて美容室に行きました。そこで、「髪型一つで、こんなにも印象が変わるのか」と驚いたんです。 入学した高校で、美容師を目指している先輩に出会ったことも、美容師に興味を持ったきっかけの一つ。 文化祭で、友達の髪の毛をかっこよくセットしている彼の姿を見て、次第に憧れるように。美容を自分の中で楽しむだけでなく、「人にしてあげたい」と

          たった75日で辞めた新卒時代。自由人の僕が譲れなかったポリシー

          リピーター率9割超え「くせ毛カット専門美容師」の秘訣

          父の背中を見て、美容師の世界へ──土佐さんが、美容師を目指したきっかけを教えてください。 父が美容室を経営していたことが、一番大きかったと思います。 実家の1階にサロンを構えていたこともあり、“美容室”という環境は、より身近な存在でした。 自然と、父がお客さんと楽しく過ごしている姿を垣間見ることができたので、「美容師って素敵な仕事だな」と思うようになりました。 弟がいるんですが、実は、兄弟揃って美容師に(笑)。きっと、父の背中を見て育ったのが、大きかったのでしょう。

          リピーター率9割超え「くせ毛カット専門美容師」の秘訣

          妻と“二人三脚”で挑む共同運営。“補完”で唯一無二のサロンを

          きっかけは、ママカットを卒業し、高校生でのサロンデビュー──楠田さんが美容師を志したきっかけを教えてください。 恥ずかしながら、一番のきっかけは、中高生時代に「お洒落だしモテそう」だと感じたからです。 また、母が美容師だったこともあり、自分にとって身近な職業だったのだと思います。中学卒業まで、母が髪を切ってくれたのは、いい思い出です(笑)。 高校生になったタイミングで、ようやく美容室デビューを果たしたのですが、また違った感動を覚えました。 「やっぱり、美容師ってかっ

          妻と“二人三脚”で挑む共同運営。“補完”で唯一無二のサロンを

          サロンビレッジの魅力を一言で伝えるなら「売上が伸びる場所」です。

          美容師は“上京”の手段だった──石川さんが美容師になったきっかけを教えてください。 実は、上京の手段でした。僕は山形県出身なのですが、地元を離れ、東京で何かに挑戦したい気持ちがあったのです。 当時、スケボーやダンスが大好きで、スポーツファッションや洋服にも興味がありました。 なので、ずっと興味があった“美容業界”で挑戦することに。その中でも、美容師に魅力を感じていたので、美容師になることにしたのです。 ──半ば消去法で選んだ美容師ですが、「辞めたい」「苦しい」と感じ

          サロンビレッジの魅力を一言で伝えるなら「売上が伸びる場所」です。

          美容師兼クリエイティブディレクター。私自信の可能性を信じ、サロンビレッジへ

          映画『猿の惑星』に憧れ、特殊メイクに興味を持つも、流れるように“美容師”に──TOMOCAさんが、美容師を志したきっかけを教えてください。 「美容師になりたい!」と思って、この世界に入ったわけではありませんでした。 昔からいろんな世界を知るのが好きで、映画鑑賞が趣味の一つでした。かつて『猿の惑星』という作品に感動し、「映画の特殊メイクに携わりたいなあ」と、憧れを抱くように。 特殊メイク業界で働くためには、美容学校ではなく、美大に入る必要があります。編入も念頭に、まずは

          美容師兼クリエイティブディレクター。私自信の可能性を信じ、サロンビレッジへ

          ずっと“爪”の伴走者でありたい──なぜ私は「ネイリスト」で在り続けるのか?

          幼少の時に手にした爪磨きセットが、ターニングポイントになるなんて──内山さんがネイリストを目指したきっかけを教えてください。 私は、ずっと昔から美容が大好きでした。中でも「ネイル」に、人一倍、関心があったように思えます。 幼少の頃、母がハワイ旅行に行った際、お土産に「爪磨きセット」を買ってきてくれたのです。 実際に試してみると、爪がピカピカに生まれ変わり、とても感動したのを覚えています。その時から漠然と「爪に関わる仕事をしたいなあ」と思うようになりました。 その想い

          ずっと“爪”の伴走者でありたい──なぜ私は「ネイリスト」で在り続けるのか?

          なぜ、独立志望でなかった私がフリーランス美容師になったのか?

          夢は「パーマ屋さんになること」──Airiさんが、美容師を志したきっかけを教えてください。 父が理容師をしており、毎日楽しそうに働いている姿を、幼い頃から見ていたことが一番大きかったかもしれません。 お客さまから、いつも「ありがとう」と感謝されていたので、幼いながらに素敵な仕事だなと感じていました。 保育園の卒業ビデオには「大きくなったらパーマ屋さんになる」と話していましたね。 小学生の頃は、保育士になりたいと思ったこともありましたが、中学生の頃に「美容師になる」と

          なぜ、独立志望でなかった私がフリーランス美容師になったのか?