新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナで沈没しないよう頑張って欲しい

 愚痴を書くのは流儀ではないけれども、コロナウイルスが広がったお陰で公私ともに大変充実というか消耗する日々が続いております。

 介護もなかなかしんどい日々ではあるけれど、世の中にはこれだけ「助けを求めたくても声も上げられない人」や「誰かに頼りたいのに誰にも相談すらできない人」がおるのだということを改めて知りました。

 幸いにして私は(持病こそあるけれど)肉体的にも精神的にも極めて壮健で、47歳にしておそらく人生で一番体力があると自負できるような状態ではあるのですが、振り返ってよく考えてみれば、それは単に「運が良かった」「運良く、誰かの面倒を見ていられる」「家内も健康で、資産状況も問題なく、子育て、介護に仕事も全部両立させられる」というだけであることに気づきます。もしも、ひとつでも何かが欠けていたら、きっといまごろは誰かに助けを求める側になっていたことでしょう。

 同様に「彼らはあんなにうまくいっていたのに」と思える人たちが、コロナ禍の影響で沈没してしまったり、立ち往生しているのは残念です。カネは貸しませんが。でも、どちらかというとコロナ後のしょっぱなが「いかにうまく、そして早く『助けてくれ』と声を上げるかの競争」のようになり、声も上げられないままシワ寄せをもろに喰らい、非常に辛い状態に陥っている人たちにはあまり早急で効果的な支援が具体的には回ってこないままでいる、という状況に見えます。

 これらの実情が「アベが悪い」かどうかはともかく、世の中には自助、自己責任ではどうにもならないこともまた多く、同時に個人個人に打てる手が限られているいまであるからこそ、次の時代に向けてどういう未来を描き、そこに向けていかなる活動を積み重ねるべきなのかをしっかり考えなくてはなあ… という想いばかりが強くなりました。医療も地域も教育も出生も勤労も介護も治安も、すべての課題は山積していながら、実はそれらはすべてが地続きで、何をどう優先して適切に対処するべきなのかという議論がいかにいままで欠けてきたのか、肌身で感じるようになりました。

 これ、コロナ前まで「東京オリンピック後は大変なんだろうなあ」と思っていたものが、前倒しで一気にやってきて、不況どころか猛烈な衰退を受け止めなければならないのではないかと危惧します。

 ちょっと前まで「おっ、コロナでいろいろガラガラポンになるなら、理想論立てて一気に旧弊打破していけばイケるんじゃね」とぼんやり思っていたのは甘かったなー、と。いろんなことをやればやるほど、消耗するじゃん。

 大変だぞ、これは。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

神から「お前もそろそろnoteぐらい駄文練習用に使え使え使え使え使え」と言われた気がしたので、のろのろと再始動する感じのアカウント

「スキ」なのは分かるけど貴殿の好きの基準はなんだ? 気分か?
85
作家/投資家。当アカウントは概ね個人の意見です。情報法制研究所上席研究員、お座敷置物芸全般。ゲームと読書と野球と調べものと。

この記事が入っているマガジン

後で拝読致します
後で拝読致します
  • 111本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。