見出し画像

第22回全国筋ジス病棟オンライン交流会を終えて!

山谷一芳(新潟病院)
 
 筋ジス病棟の未来を考えるプロジェクト主催の第22回全国筋ジス病棟オンライン交流会を7月27日14時から「趣味や生活で楽しいことで盛り上がろう♪」をテーマで病院や地域から初めての参加者を含めて16名の皆さんと交流の場を持つことができました。情報交換を行い楽しい1時間を過ごすことができました。
 今回私が提案したテーマ「趣味や生活で楽しいことで盛り上がろう♪」は、前回の交流会の振り返りや、打合せの話し合いの中で皆さんがどのようなことをしているのか声を聞きたいという事で提案させてもらいました。
趣味の内容としてはゲーム、音楽鑑賞、スポーツ観戦、押し花を使ってのカレンダー作り、ボランティアなど様々な活動を行い、充実した日々を送っているという話が聴けました。
私としては特にリハビリでの3Dコピー機を使っての物作りに興味が湧きました。私でもできるのかリハビリに相談して方法を模索したいと思いました。
私は司会が苦手ですが、藤原さんのご協力で司会をやらせて頂き無事に会を終えることができました。
 
 筋ジス患者さんの中には言葉を出せない方や、言葉が聞き取りが難いと言われてイベント参加を遠慮している方でも、事前にテーマに関して伝えたいことを送って頂けたら、参加できるところがこのイベントの良いところだと思います。
 
 私は以前から筋ジス患者同士の情報共有する場が欲しいと思っていたところに筋ジス病棟の未来を考えるプロジェクトが発足し、交流会を通して自分の置かれた病院の現状が明確に把握できるようになったことが、このプロジェクトの意義の一つだと思います。
 
 今後も皆さんと交流会を通して入院生活を少しでも良い環境にしたいと願います。
 
おそまつな文章で失礼いたしました。

【寄せられた感想】
 皆さん、多趣味な方が多く、中には仕事へ繋がっている方もいて、本当に様々だと思いました。特に、3Dプリンターで作品や部品を作る事や、Flex Controllerの事は、私自身、リハビリで経験している事だったので、とても興味深かったです。


この活動は公益財団法人キリン福祉財団令和4年度キリン地域のちから応援事業で応援頂いています


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!