喜久井伸哉

詩人・フリーライター。https://twitter.com/ShinyaKikui

喜久井伸哉

詩人・フリーライター。https://twitter.com/ShinyaKikui

最近の記事

  • 固定された記事

喜久井伸哉 プロフィール(2024年修正版)

喜久井伸哉 (きくい しんや)  (別名義 喜久井ヤシン) 1987年東京都生まれ。詩人・フリーライター。 日本で唯一の不登校専門紙『不登校新聞』、ひきこもり当事者が作るメディア『ひきポス』、全国ひきこもり家族連合会発行の『KHJジャーナル たびだち』などで、取材・編集の活動をおこなっている。 共著に『いまこそ語ろう、それぞれのひきこもり』(日本評論社 2020年)、単著に『詩集 ぼくはまなざしで自分を研いだ』(私家版 2020年)がある。 8歳の頃から学校を長期欠席(

    • 【ご案内】2023年5月21日開催〈文学フリマ東京〉 参加決定

      当ページをご覧いただきありがとうございます。 《文学フリマ》出店のご案内です。 今回私は、「ひきポス」のメンバーとともに、5月21日(日)開催の《文学フリマ東京36》に参加します。   開催・出店情報 名称 文学フリマ東京36日時 2023年5月21日(日) https://bunfree.net/ 時間 12:00〜17:00(最終入場16:55) 場所 東京流通センター 第一展示場 および 第二展示場Fホール(2階) (〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-

      • NHK「ひきこもり文学」朗読作品のご案内

        2020年12月5日 23時放送の、NHK「ETV特集 ひきこもり文学」に出演いたしました。 この番組はNHKオンデマンドでの配信、NHK+での同時・見逃し配信・再放送の予定があります。 ▼再放送 12/10(木)午前00:00~01:00 Eテレ ▼NHKオンデマンド 配信開始:2020年12月6日 18:00~ ※販売開始まで無料 販売開始:2020年12月13日 販売終了:2021年12月2日 公開終了:2021年12月5日 ▼NHK+ ・放送と同時に配信 ・

        • 詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』ご案内

          詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』を発表しました。    書籍情報 題名:ぼくはまなざしで自分を研いだ(ぼくはまなざしでじぶんをといだ) 著者:喜久井ヤシン(きくいやしん) 制作:子ども若者表現応援基金(https://hyogen.thyme.jp/) ページ数:132p サイズ: 12.8 × 18.2 × 1.0 ㎝ ※本書は「子ども若者表現応援基金」の助成により制作されました。通常の書店でのお取り扱いはありません。    著者  喜久井ヤシン(きくい やしん)…

        • 固定された記事

        喜久井伸哉 プロフィール(2024年修正版)

          詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』第1章

          詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』の第1章です。 サポート(購入)をしていただいた方のみ閲覧ができます。   概要 『ぼくはまなざしで自分を研いだ』第1章 章題 生まれてくる前からぼくの顔があった 作品数 24編 原著 6~61ページ   収録作品 ・逆上がりのように ・まなざし ・に ・怪獣 ・時ははやくすぎる 光る星は消える ぼくにもういちど顔を投げろ ・ヒーローああああの栄光 ・ぼくたちごっこ ・プール開き ・昼 ・ほんとうは ・児童のうた ・「いぬ」って知って

          ¥500

          詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』第1章

          ¥500

          詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』第2章

          詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』の第2章です。 サポート(購入)をしていただいた方のみ閲覧ができます。  概要 『ぼくはまなざしで自分を研いだ』第2章 章題 短文集 原著 62~81ページ ※この章は通常の詩ではなく、言葉の断片・警句などの短文が収録されています。   収録作品からの抜粋 子供であったという喪はまだあけていない。    ♦ 学校 僕は毎日ゆっくりとした落雷に打たれていた。    ♦ 僕は僕に顔向けができない。    ♦ 僕に何も教えなか

          ¥500

          詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』第2章

          ¥500

          詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』第3章

          詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』の第3章です。 サポート(購入)をしていただいた方のみ閲覧ができます。   概要 『ぼくはまなざしで自分を研いだ』第3章 章題 ぼくはまなざしで自分を研いだ 作品数 13編 原著 82~116ページ ※「後記」(131~132ページ)が付いています。   収録作品 ・〈十年〉のトリプティークⅠ ・〈十年〉のトリプティークⅡ ・〈十年〉のトリプティークⅢ ・ふつうじゃない人が「ふつう」って言っている時のふつうをどうして僕のふつうにしない

          ¥500

          詩集『ぼくはまなざしで自分を研いだ』第3章

          ¥500

          【歌詞のリミックス】中村佳穂『きっとね!』

          今回は、中村佳穂さんの代表作「きっとね!」の歌詞のリミックスをおこなう。 「きっとね!」(作詞:中村佳穂 作曲:中村佳穂 荒木正比呂)公式MV Kaho Nakamura - Kittone! [Official Music Video] 中村佳穂さん自身がインタビューで語っているように、歌詞に決まった意味があるわけではなく、こまごま考えるよりも音に身をまかせた方がよほど良い。 ただそれはそれとして、普段詩を書いている私はどうしても歌詞が気になってしまう。 なので試みとし

          【歌詞のリミックス】中村佳穂『きっとね!』

          詩人・最果タヒさんの魅力は?

          某取材にて、詩人の最果タヒさんについて聞かれる機会がありました。 一部は『ひきポス』(https://www.hikipos.info/)の記事に活用しましたが、多くは未使用だったので、当ページで掲載します。 ※※※※※※※※※※※※ ―—最果さんの詩を読むようになったのはいつからですか? 数年前の、20代後半からのことです。 新しい詩人を集中して読んでいった時期があり、その中の一人でした。 読む前の印象は「若い女性に人気の人」くらいのものでしたが、現代詩のなかで、いま

          詩人・最果タヒさんの魅力は?

          【諷刺録】特筆すべき現代アーティスト5組 バンクシー/アイ・ウェイウェイ/カテラン/ムニーズ/Chim↑Pom

          気まぐれ更新の「諷刺作家備忘録」で、今回は現役の現代アーティスト5組を取り上げる。 “騒ぎになること”を商売としているかのようなお騒がせな面子(めんつ)がそろった。 あるラッパーに、『オレは人を不快にさせるのが仕事なんだ』という発言があったが、以下のアーティストたちはその筋の仕事のプロといえる。 詳細版は以下のブログページにあります。 http://kikui-y.hatenablog.com/entry/2020/01/27/070000 諷刺録No.83 バンクシー現

          【諷刺録】特筆すべき現代アーティスト5組 バンクシー/アイ・ウェイウェイ/カテラン/ムニーズ/Chim↑Pom

          【散文】特に救いはないショートショート集

             西の大泥棒と東の大泥棒 あるところに、西の大泥棒と、東の大泥棒がいました。 二人の大泥棒は、どんなものでも盗みだします。 西の大泥棒が、東の町から宝石を盗んだ日には、東の大泥棒も、西の町から宝石を盗んでいました。 西の大泥棒が家一軒をまるごと盗んでいった日には、東の大泥棒も、家一軒をまるごと盗んでいました。 双方は同じ日に、同じものを盗んでしまうのです。 そのため、西の町も東の町も、毎日盗み、盗まれながら、町のようすは変わりません。 そうやって何世紀ものあいだ、宝物も

          【散文】特に救いはないショートショート集

          【本】読んでいて「へー」っとなった箇所ランキング2019 国際インポテンツジャーナル、米良地方の子守唄、配線用差込接続器について他

          今回は、この一年くらいの読書中に「へー」っとなった箇所をランキング形式にして並べていく。ベスト10のうち上位にいくほど個人的な要因で選んでいるため、基本的に伝わりづらくなっている。あくまで私の読んだのが今年というだけで、出版年は無関係。適当に読み流してくれたら良い。 10位 プレスチモグラフの具体的な解説 (プレチスモグラフは、)『ゴムのなかに水銀柱の入った円柱歪みゲージで、性的刺激に対する勃起反応を測定するために用いられる。これを装着した状態では、ペニスの外周の変化

          【本】読んでいて「へー」っとなった箇所ランキング2019 国際インポテンツジャーナル、米良地方の子守唄、配線用差込接続器について他

          【諷刺家ファイル】日本の戦中・戦後の画家たち 河原温・中村宏・石井茂雄・浜田知明

          今回は、「諷刺作家備忘録101」の一つとして、「日本の戦中・戦後の画家たち」4人を取り上げる。 ※※※※※※※※※ 諷刺家ファイル No.70 河原温 河原温(かわら おん 1932‐2014)はコンセプチュアルアートの巨匠として、国際的な評価が極めて高い。しかし傑出しているのは50年代のドローイングで見せた戯画的かつ悲壮な人物造形で、恐ろしいほどの痛切な極地へと至っている。特に「浴室」の連作は、人間関係の血みどろの赤裸をあばいたもので、一人の人間にこれほどまでの悲しみが

          【諷刺家ファイル】日本の戦中・戦後の画家たち 河原温・中村宏・石井茂雄・浜田知明

          【現代詩】 誤答(終戦は終わった)

             誤答 何人までが殺人で 何人からが英雄か。 どの線までが愛国で どの線からは敵国か。 ひらがなでかかれていたつちのうえ カタカナにさせるアノデキゴト。 文字にならない声を集めて 歴史のマス目は埋められた。 テストのために子供たちは 正確な偽書を暗記していく。 令(うるわ)しく縫われたくちびるで 新品の沈黙を語り継ぐ。 全滅ではなく玉砕をして  退却ではない転進をして  占領ではなく進駐をして  敗戦ではない終戦は終わった。 過去がいかなる素数であっても まっす

          【現代詩】 誤答(終戦は終わった)

          うってんぱらりん中村佳穂 『そのいのち』の歌詞を激しく意訳する

              《活動報告》  雑誌『ミュージックマガジン』2019年8月号に映画評を書きました。機会があればご覧ください。 ミュージック・マガジン2019年8月号:株式会社ミュージック・マガジン musicmagazine.jp  そしてそれとは一切関係なく、今回は中村佳穂の『そのいのち』について取り上げる。  今年に入って特に聞いた曲の一つが、中村佳穂の『そのいのち』だった。アルバム『AINOU』(2018年)に収録されており、ライブ版を以下のYouTube動画の後半で聞く

          うってんぱらりん中村佳穂 『そのいのち』の歌詞を激しく意訳する

          【本】芥川賞が選ばなかった最先端の日本文学3選

           村上春樹、高橋源一郎、島田雅彦、中原昌也。これらの作家たちに共通することがある。それは、優れた前衛小説を書きながら、芥川賞を取らなかったことだ。芥川賞は、半年に一度やっているわりに、これぞという作家たちを漏らしてきた。(新人の傑作が候補にもならないケースが多々ある。)受賞作に不満はないけれど、2010年代の重要な作品が忘れられているのはもったいない。  私はべつに専門家でもないが、日本の現代文学で、忘れられてほしくない作品を記録しておきたいと思う。近年のベスト3をあげるな

          ¥100

          【本】芥川賞が選ばなかった最先端の日本文学3選

          ¥100