ヒガシ note inc.

ロードバイクのガツンとした部分を愛するnote株式会社のコーポレートIT担当。女の子の親でもあります。

ヒガシ note inc.

ロードバイクのガツンとした部分を愛するnote株式会社のコーポレートIT担当。女の子の親でもあります。

    マガジン

    • #スポーツ 記事まとめ

      • 6,123本

      noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

    • 週記

      ヒガシさんの明るい日常

    最近の記事

    ハロウ、真夜中インターズ(読書感想文)

    noteでよく見知った方達が集まって同人誌を出していた。よく見知ったと言っても、時勢もあって誰も直接会って話したことはないんだけど、それでも大半の方とはそれなりに仲良くさせていただいていると思っている。僕がもう少し図々しかったらお友達と言い切ってしまっていたと思う。 note仲間の同人誌といえば、僕も2年前に今はライターを始め様々な分野でブァリバリ活躍している太田冴さんに誘われて参加したことがあった。出るまでは完全にさえさんにおんぶにだっこではあったものの、寄稿という立場で

    スキ
    32
      • #もの書き100問100答 に答えてみました

        こんばんは、ぽのこさん。ご挨拶をするのは初めてかと思いますが、この度は楽しい企画をありがとうございます!皆さんの真似をして、僕も乗っからせていただきます。 それでは、Go! #もの書き100問100答1.どんな作品を書いている? 仕事や日常のおもしろエッセイ 2.どんな作品を書くのが一番好き? その時々の自身の考えとか感情が精度高く記録されるもの 3.ペンネームの由来は? 俺。ていうかペンネームですらない。 4.いつから創作を始めた? 5歳?6歳?父親がくれ

        スキ
        30
        • 実名でnoteを始めて三年が経ちました。

          よう、俺だよ。みんな元気か?俺はな、めちゃくちゃ元気だ。たぶん暑くなってきたからだな。俺様は暑くなると元気になるんだ。 さて。最近酒はもう全然ダメだな。ビールも缶2本飲んだら翌日の午前中まで響く。あれ?でも沖縄では毎日ガブガブ飲んでたけど全然平気だったな。なんでだろ。家で飲むと悪酔いしやすいのかも。よくわからん。それを確かめるために誰か飲みにいきましょう。 毎年6月の呑み書きはテーマ決まってて楽だな。実名っていうか、身分を明らかにして文章を書き始めて何年が経ちましたって話

          スキ
          57
          • noteに入社して、3年が経ちました

            この6月1日で、noteに入社して3年が経ちました。 この3年の間でnoteは急激なグロースを見せました。一方で、本当にいろいろなことがありました。スタートアップの3年は、かつて勤めていた大学の世界の15年分くらい(そんなにいなかったけど)の密度で過ぎていくように思います。もちろん、この3年の間には疫病という社会全体がガラッと変わるブースト要因があったものの、それを差し引いてもとにかく展開は速いです。 毎年恒例となっているこの「経ちました」記事ですが、今回はそもそもの初心

            スキ
            128

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • #スポーツ 記事まとめ

            • 6,123本

            noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

          • 週記

            • 67本

            ヒガシさんの明るい日常

          • #スポーツ 記事まとめ

            • 6,123本

            noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

          • 週記

            • 67本

            ヒガシさんの明るい日常

          記事

          記事をすべて見る
            • 自分自身の取扱説明書を作ってみたら、確かにちょっとすっきりした

              先日、ずっと応援してきたアスリートで、今は実業家となっている為末大氏がこんなツイートをしていてほうと思った。その通りにできるかどうかは状況によるが、どういう風に取り扱われたいかがわかっていれば確かに判断はしやすい。 同じようにそれを見た、元同僚で、かねてからファシリテーターとしても尊敬しているみずのけいすけさんがご自身の取説を書いていた。 元々やろうかなーと思っていたことを、知り合いにサッとやられると少し悔しい。そういうわけで、僕も遅ればせながらやってみることにした。

              スキ
              47
              • 仮に、沖縄で暮らしたいとして

                妻と娘が寝てしまった夜に、少し思考実験をしてみようと思った。 今年のGWは家族3人で沖縄に行った。妻の実家は関東にあるものの、妻の両親の出身はいずれも那覇市内のため、沖縄は妻が子供の頃から長い時間を過ごした場所であり、精神的な故郷でもある。そのため?沖縄に来ると妻は自然に訛ってしまうのだが、疫病でしばらく来れなかった反動からか、今回は空港から宿に向かうゆいレールの中で早くも訛っていた。 那覇のGWは憎らしいほどに雨続きだった。しかも肌寒い。那覇の梅雨入りは、近年どうやらこ

                スキ
                31
                • 娘を連れて実家に泊まった

                  娘と二人で実家に泊まりに行った。夕飯を集合地点で食べた後、クルマで実家に着く頃には娘は夢の国へと旅立っていた。風呂に入った後、ほどなくして僕も寝た。両親はなんだかものすごくくだらないドラマ的なものを夢中になって見ていたので、特に親子の会話はなかった。 実家に泊まった翌朝は、周囲を散歩するのがなんとなくの習慣になっている。両親が住む実家のあるこの町は、僕が物心ついてから大学を卒業して就職したのちに家を出るまでの20年弱住んだ町だ。ただし僕は地元の中学には通わなかったので、心理

                  スキ
                  20
                  • 10年以上ぶりに、資格試験を受けにいった

                    この間、ものすごく久しぶりに資格試験を受けた。別に何かの必要に迫られたわけではなく、年明けくらいからなんとなく知識を整理したい気分になっていたからだ。 IPA(情報処理技術者試験の通称)のST(ITストラテジスト)区分を受けた。いわゆる高度試験というやつだ。STを選んだのも今季受けられるものの中で今の仕事との親和性が一番高いのはこれっぽいなと思ったからだった。資格取得の難易度が弁護士とか会計士に次ぐみたいな話も見かけるが、それはさすがにいやいやご冗談を…と思う。 今のうち

                    スキ
                    20
                    • イッツァピースオブヘッドエイク

                      よう、俺だよ。みんな元気?元気であってくれよ。頼むぜ。俺はな、そんなに元気じゃなかった。やっぱね、体調が良くないと気分も落ち込み気味になるね。俺はね。なんだったら口内炎ができただけで全部持ってかれちゃうもんね。俺はね。 でね、この3ヶ月中1ヶ月半くらいは謎の頭痛に苛まれていたわけ。今はもうあんまり痛くなくなったんだけど、この3ヶ月中の1ヶ月半くらいは謎の頭痛に苛まれていたわけよ。今はもうあんまり痛くなくなったんだけどね。 痛くなったのはある日突然でね。リングフィットアドベ

                      スキ
                      31
                      • やがて来る喪失感を前に

                        「あのパン屋、もうすぐなくなるらしいよ」 TwitterではないSNSで繋がっている自転車仲間から、続々と噂が立った。そうこうするうち誰かが店頭に貼られていた紙をアップし、噂は確定情報へと変わった。 自宅から約30km、駅からも程遠い住宅街の中にあるパン屋。車か、それこそ自転車でなければ行けない場所にあった。それゆえか駐車場にサイクルラックを用意してくれていて、イートインができるテラス席もあって近隣の自転車乗りの定番スポットでもあった。そして、そういう店のパンは美味しいと

                        スキ
                        43
                        • 曲をコピーする楽しさと美意識と怒りについて

                          今月頭に再開したギターは相変わらず続いている。手始めに目をつけたかつてバンドでやった曲の記憶は割とすぐに取り戻し、さすがに完全なるレベル1からの再開とはならなかったことを喜ぶとともに、正直ちょっと残念な気持ちを持った。挑戦は尊いものだが、挑戦と再挑戦はやっぱり少し色合いが違うのだ。たぶん楽器を奏でる能力も泳ぐとか自転車を漕ぐみたいなものに近くて、早晩かつて挫折したジャズにもまた手を出せそうな気配を感じている。 再びジャズが熱くなり始めてるのは、最近Jacob Kollerさ

                          スキ
                          27
                          • 6年放置したギターをまた弾き始めてみた

                            先週ふと思い立って、クローゼットの肥やしとなっていたエレキギターを引っ張り出してみた。 Fender Stratocaster American Vintage 57 Reissue。大学4年生の時、就活が終わった記念にローンで買った。それまで使っていた中古の中古の中古くらいの、1985年製Epiphone Rivieraからの乗り換えだった。 そんな時期に入手したので、このギターを弾いたのは主に社会人になってからだったが、それでもいろいろな景色を見せてくれた。中でも印象

                            スキ
                            35
                            • 仕事始めの前に2022年について考えておく

                              写真は年末に浅草でエンカウントした光り輝く謎の物体をトイカメラで激写する娘を撮ったものです。ナニとは言わないけど、子供ってなんでこんなにこれ好きなんだろ。本編とは一切関係ありません。 さて、これまた例年通りに、仕事始めの前日である今日に2022年の抱負というか、どういうスタンスで生きるかを考えておきたいと思います。 この年末年始は休みが短かったことに加え、年頃のせいか娘のかまえかまえ攻撃が凄まじかったので新たなインプットは全くできませんでした。deno触ってみたかったんだ

                              スキ
                              46
                              • できごと&買ってよかったもの2021

                                こんにちは。今年もあっという間に年末まで来てしまいました。例年通り一本書いて締めて、年末年始はこれまた例年通りにSNSからはログアウトして過ごします。今年も休みが短い割にやることいっぱいで大変。去年の年末年始は引越しのカオスの中洗濯機が壊れて、コインランドリーの椅子で鬼滅の刃読んで過ごしてたんだよなあ。 2021年の仕事会社のフェーズと求められる役割が変化する中で、いろんなレイヤーのいろんなことを考えながら歩んだ一年でした。それなりのプレッシャーと悩みもあり、これはさすがに

                                スキ
                                26
                                • 居酒屋こうちゃんの歴史と展望

                                  よう、俺だよ。みんな元気?俺はな、少なくとも前回よりは元気だ。みんなと同じようにな、俺にも色々あんだよ。これはそういうのをなんとなしに伝える四半期に一度のお手紙なんだよなこれは。わかる?わかるな?マリナさん今回もありがとう。 なんの話しようかね。こないださ、ちょっと暑めの同僚の記事を書いたから今回は俺の話をしたいんだよね。そもそも俺は俺に向かって俺の話をしたいがためにnote書いてんの。そういう暗くて変態的なことをしていくうちに友達が増えれば最高だなとは思うんだけどな。まあ

                                  スキ
                                  51
                                  • コーポレートITエンジニアはフルリモートでも成り立つのか-受入側の立場から

                                    こんにちは。note株式会社でコーポレートITをやっているヒガシといいます。毎年恒例の情シスSlackのアドベントカレンダーに今年も参加させていただきます。 また、多数の方にnoteを使ってアドベントカレンダーに参加いただいていることにこの場を借りて御礼申し上げます。毎年のことながら、本当に嬉しいです! コーポレートIT担当のフルリモートは成立するのか?最初に結論を書いておきます。 成立しうる。ただし、本人・受入側双方の条件が整っている場合に。 正直、懐疑的だった

                                    スキ
                                    78