グレート・リセット〜私たちが本当にリセットするものは何か?〜
見出し画像

グレート・リセット〜私たちが本当にリセットするものは何か?〜

WaLaの哲学 座長 屬健太郎/Kentaro SAKKA

期せずして「日の丸リセット」そんな図柄となりました。

コロナの緊急事態宣言がリリースされはじめたかと思うと、アメリカでは人種対立からの分断が進み、香港では「香港国家安全法」による資本の逃避が。台湾は次に身構え朝鮮半島は束の間沈黙、北の動向は常に不穏。

私たちの合理的思考ではこれらは全ては、当然原因の異なるバラバラの事象です。しかし、何か、大きな一枚の絵、タペストリーのように大きな布が動いており、そのため、どこかにシワが寄ったり、歪んだりしているように感じている人は多いのではないでしょうか。「直観的に」です。私たちは、あまりにも近代科学的、要素還元的な見方に慣れたが故に、部分を見えても全体を「観る」「洞察する」力が弱くなっている。これから、もっと大きな変化が起きる予感は感じる。しかし、この近代的思考フレームワークは、その予感を打ち消す。結果的に私たちは、調和した行動を取れず、文明は破壊らされる。こうしたことが繰り返されているような気がします。

私たちに必要なことは、個別事象を知ることは当然ですが、その背景となる人の意識について学ぶ必要があでしょう。

「グレートリセット」を叫ぶ人が出始めました。

---------------------引用


リセット後の資本主義はどうなりますか。
「資本主義という表現はもはや適切ではない。金融緩和でマネーがあふれ、資本の意味は薄れた。いまや成功を導くのはイノベーションを起こす起業家精神や才能で、むしろ『才能主義(Talentism)』と呼びたい」

---------------------------------------引用終わり

では、何をリセットするのか?
・政治制度?
・経済システム?
・金融制度?

これらがリセットされたとしても、私たちの生活は変わらないでしょう。これからも、これらの制度の上で右往左往させられるだけなら同じだからです。そうではなく、それらの基盤となっている近代意識のリセットが必要なのです。私たちが世界観を変えない限り、あらゆるものを変えねばならないとしながらまた同じことを繰り返すでしょう。リセットと言っている人が、また作り直さねばならないものを作るということが起きるでしょう。そしてそれを支持し、同じことを繰り返す愚を繰り返すでしょう。

私たちは、数年前から、現代社会のシステム的限界を感じ、新しい社会が到来しないことには、文明自体が持たず、もっと決定的な破壊が起きてしまうと考え、かつそれを、システム論的ではなく、個人の態度というところに引き寄せる言葉として、新しい社会を
「WaLa社会」 Work anywhere Live anywhere
と名付けていろんなところでお話ししてきました。

ただ、一年前でもピンと来ない方も多かったと思います。しかし、今や物理的には、ある面、全員理解できると思います。この@anywhereが自分の街という意味では、多くの方がこの2,3ヶ月#Stay home で、家で、仕事し生活してます。

また「WaLaの哲学」も2019年からスタートしました。

このWaLa社会を生き抜く哲学ですが、ポイントは、この
「anywhere」です

どこでもないが、確実にある場所とは何を指すのか?このことについて学ぶ哲学です。つまり、私たちの意識のある場所。

私たちはよく「世界観」という言葉を使いますが、「世界観とは何か?」と問われると、答えることができない方も多いと思います。

でも、私たち日本人はこの西洋的二元論では答えにくい感覚をずっと持ち続けているはずです。そう世界は、「有」「無」だけではなく、それらを包括したものだという「感覚」を別に小難しく「空」など言わずともほぼ全ての人が持っています。それが言語体系によるものなのかどうかはここでは避けますが、意識の中に「何もかも変わる」全ては「大いなる調和」のような感覚を自然と持ってます。

WaLaの哲学の修了者たちは、それぞれに自身にとっての「anywhere」を答える訓練を日々、していると思いますので、皆、明確に答えることができるでしょう。(>皆さん、大丈夫ですか?笑)

また、彼ら自身の日々ブラッシュアップしつつ、完成しないその世界観について嬉々として語ってくれるでしょう。世界の変化は止まりません。私たちも変わり続けます。より本質的な調和を求め、どちらも変化し続けるでしょう。

ただ、もし皆さんが、リーダーたらんとするなら、世界が変化する前に自身を変化させなければ、新しい変化に乗っかり古い世界をリセットしようとする連中にまた乗せられることになるでしょう。

私たちがリセットするのは私たちの意識です。そしてそのあと始まるのは、

あなたの物語

です。

---------------------------------------

以下、日程でWaLaの哲学のオリエンテーション(無料)/ZOOMやってます。よかったら気軽に遊びにきてください!

・6/17(水)19:30~21:30
・6/30(火)19:30~21:30
・7/8(水)19:30~21:30

印象は、こんな感じ。質疑応答含め1.5~2時間です。ZOOM参加できます。

申し込みはこちらからお願いします。

↓↓↓


では、お会いできますことを祈ってます!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!WaLaの哲学よろしくお願いします!
WaLaの哲学 座長 屬健太郎/Kentaro SAKKA
WaLaの哲学 https://www.wala.jp フィールド&ストーリー株式会社(代表取締役) 「個をひらき、組織をひらき、場をひらく」をミッションに活動しています。