横山啓/元総務官僚・元三重県副CDO

新卒で総務省に入り、地方自治分野を専門にしつつ、近年は三重県において自治体DXやデジタル社会形成にも携わる。 2022年4月からマカイラ株式会社に参画。イノベーションの社会実装を加速し、皆が幸せに暮らせる社会づくりを進める。

行政を「頑張る人が燃え尽きない組織」にするために

(4/8に投稿した記事について、「行政で頑張っている人が正しく評価されるようになってほしい」という意図で掲載したところ、一部の方に誤解を与え、不快な思いをさせてし…

【自治体DX推進のためのフレームワーク】  「3つのSmart」の詳細

はじめに前回は、「自治体DX」を整理するためのフレームワーク「3つのSmart」の概要をご説明しました。 今回は、3つのSmartのより詳しい内容を説明します。 (このnote…

【自治体DX推進のためのフレームワーク】「3つのSmart」とは何か

はじめに前回の記事で、「自治体DX」とは、「これからの急速な技術進歩や社会の変容を見据え、財政や人材などの経営上の困難の解決も併せて、自治体経営のあり方を根本的に…

【元三重県副CDOが語る】 改めて考えたい「自治体DX」の本…

コロナ禍が始まって2年以上経ち、どの自治体もDXに邁進しています。 よく聞くのは、「行政手続のオンライン化を進めています」とか、「高齢者がスマホを使えるように研修…

自己紹介

はじめまして。横山啓と言います。 これまで、総務省や地方自治体で11年間働き、2022年4月からはマカイラ株式会社に参画し、パブリックアフェアーズ業界で活動しています…