見出し画像

12月22日-1月22日|平松麻『TRAVELOGUE G』原画展

『ガリバー旅行記』
物語は嵐の中、船が難破するところから始まります。
アイルランド出身の聖職者でジャーナリストのジョナサン・スウィフトが書いた奇想天外の物語。その内容は、社会批判やブラックユーモアを内包し、4部構成にもなる大長編の冒険譚。原書は1726年にロンドンで刊行され、以降今日まで約300年もの間、読み継がれてきました。

夏目漱石は「古今の傑作」と高く評価し、ジョージ・オーウェルも「飽きることなどまずあり得ない本」と賞賛。
この度、米文学者・柴田元幸が「お茶の間に届くこと」を意識し、朝日新聞で2020年6月12日から2022年2月18日までの約2年間をかけ訳した連載が1冊になりました。

『ガリバー旅行記』訳:柴田元幸

その際、挿絵を担当したのが画家・平松麻さんです。
巧みな表現で世界的に名高い名著・諷刺小説に挑みます。

『TRAVELOGUE G』

そうした絵画の旅は、連載当時好評を博した77点に22点もの描き下ろし・加筆作品を加え全144ページのアートブックとして『TRAVELOGUE G』が誕生いたしました。
また、柴田 元幸さんと連載にあたり監修を務めた慶應義塾大学教授・原田範行の書き下 ろしエッセイも収録。

『TRAVELOGUE G』

こちらのアートブック刊行を記念し、書店フロアにて原画展を開催いたします。そして、なんとこの展示の為に描きおろし作品をご用意いただけることに。また特別にイラスト付きの署名本をご用意いただきました。

イラストは全部で4種類。どれも1冊1冊時間をかけて大切にご署名いただきました。

風刺作品というのは大変難しいモチーフ。平松麻さんの世界と色彩の醸し出す雰囲気は『ガリバー旅行記』に記された摩訶不思議な物語への道しるべとなりましょう。ジョナサン・スウィフトが紡いだ傑作風刺小説に、入り込むように描き切った画家・平松麻さん旅の記録を、どうぞお楽しみに。

平松麻(ひらまつ あさ)
-1982年生まれ。
油彩画を主として展覧会での発表を軸に、挿画や文筆も手掛ける。http://www.asahiramatsu.com/


■平松麻『TRAVELOGUE G』原画展
2022年12月22日-1月22日(※最終日は14時まで)
恵文社一乗寺店 書店フロア

(担当:原口)

<ご来店の皆さまへ>
感染症予防にご協力をお願いいたします。
・マスク着用
・手指の消毒(会場に設置しております)
・大きな声でのお話はご遠慮ください
・発熱、体調不良、風邪の諸症状が見られる場合のご入店はご遠慮ください
・会場内が混雑する場合は、入場制限等をさせていただく場合がございます

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!