見出し画像

僕にとってサッカーは『夢』

今回は僕が1番伝えたいことを伝えます。

僕にとっての「サッカー」と「」についてお話します!

僕は一般にある「普通」とは異なった道を進んできました。

それが凄いとかではなく、「普通」とは異なっていることは確かです。

初めて読まれる方もいると思いますので、改めて自己紹介をさせていただきます!

【自己紹介】

画像1

Kazuki Date / 伊達 和輝

1998年1月10日生まれ 神奈川県川崎市出身 22歳
14歳でスペイン、バルセロナに渡り、C.E.エウロパ下部組織へ入団。
スペインに2半年間居住し、その間にICE Francesc Masià(現地公立中学校)卒業。
2013年にバルセロナ選抜U-16に選出される。
17歳でアルゼンチンへ渡り、C.A.インデペンディエンテ下部組織へ移籍。アルゼンチンに2年間居住。
19歳でドイツへ渡り、現在はTSV München 1860 サテライトでプレー。

【経歴】
-向丘SC
-川崎市立平中学校サッカー部
-C.E Europa U15-U17 (スペイン)
-C.A. Independiente U17-U18 (アルゼンチン)
-SV Heimstetten (ドイツ5部優勝)
-SV Heimstetten (ドイツ4部)
-TSV München 1860 サテライト (ドイツ5部)

側から見ると一見変わった経歴です。最初にも言いましたが、「普通」ではないのは確かです。

苦労自慢したいわけではありませんので、僕の思いを読んでいただけたら嬉しいです。

【僕の夢】

僕の最初の大きな挑戦は、14歳の頃に単身でスペインへ渡ったことです。

画像2

「カンプノウでプレーしたい。」

(※カンプノウはFCバルセロナのホームスタジアム)

僕が小学校3年生の頃、初めてテレビで観たバルセロナの試合に感激し、強く思ったことです。
そこには、今でもずっと憧れている当時18歳のメッシがプレーしていました。
「上手だな、かっこいいな」と当時思ったことを覚えています。

その時から「カンプノウ」が僕の夢になりました。
今でも変わらず、それが僕の夢です。

家族には感謝仕切れませんが、14歳の時に全くの無名の中学生だった僕は「カンプ・ノウ」という大きな夢と共にスペインへ挑戦しました。

「雑草として這い上がろう」と着々とステップアップすることができ、17歳の頃アルゼンチンに行けました。

現在はドイツでプレーしています。

僕はこれからも上を目指し続けます。

勿論、上手くいかないことがあったり、現実と思いが大きく違ったり、挫けそうになることも多々ありますが、その度その度に雑草として乗り越えていきます。
そして、這い上がれるだけ這い上がり、僕はこれからも夢を追い続けます。 夢を叶えたいです。

僕の思いを『サッカー』で繋げたい

画像3

僕はこれまで「日本」「スペイン」「アルゼンチン」「ドイツ」と4ヵ国でサッカーをし、サッカーの魅力に触れてきました。
そして、同時に世界中にはたくさんの文化言語人種宗教政治考え方があることも見てきました。

でもサッカーは世界中でルールが同じでした。

どこの国の子たちもサッカーが好きで、情熱があり、みんな笑ってました。

特にそれを感じることになったのが、アルゼンチン時代です。

アルゼンチンはまだ発展していない地域がたくさんあり、スラム街もたくさんあります。

でも「サッカー」だけはどこにでもありました。

生まれた場所が違くても僕は「サッカー」でその子たちと繋がりました。

アルゼンチンの時に現地の人たちによく言われていたことが
「日本は裕福な国」「経済的に日本は恵まれている」

このことには賛否両論あり、日本にいる方からすると、もしかしたら、たくさんの意見があるかもしれません。

しかし、日本で生まれた僕はそれだけで恵まれていると感じることがアルゼンチンでは日常でした。

チームの寮に入る前、数ヶ月間僕が住んでいた寮では、お腹いっぱい食べれるご飯がなかったり、朝ご飯がない時もありました。朝ご飯の牛乳も水で薄めたものでした。
お昼ご飯にネジが入っていたこともあれば、シャワーが出ないこともありました。

そこの寮に住んでいた子たちは、みんなサッカーの夢があり、その環境に文句を言わず戦っていました。
日本で生まれただけで、もし僕が環境に文句を言ったら恥ずかしいとさえも感じました。

感謝する心を学びました。

どんなときでも「サッカー」では笑っている子たちを見て、サッカーが大きな意味を持つ地域や国があることを体験しました。

僕の知らない世界にもまだまだたくさんそのような地域があると思います。

なので、今後は活動として

【世界のたくさん人たちの「笑顔」と「幸せ」を僕も大好きなサッカーを通して繋げたい】と考えてます。

これが僕の1つの夢です。

画像4

【最後に】

僕はまだ何者でもありませんし、偉そうにしたり、苦労自慢をしたいわけではなく、「こんな日本人がいるんだ」と興味を持っていただければ幸いです。

僕はこれからも挑戦をやめません。
本当にまだまだですが、サッカー選手として大舞台を目指し、挑戦を続けたいと思っています。

僕を見てくれる方に少しでも影響を与えられるような人間になりたいです。

それらをこのような形で配信していければと考えてます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします!

伊達 和輝

画像5


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Muchas gracias!!🙌🏽
493
1998年1月10日生まれ 神奈川県川崎市出身 ドイツ München 1860 B所属|14歳で単身スペインへ/C.E.エウロパで3年プレー🇪🇸→17歳でアルゼンチンへ/インデペンディエンテで2年プレー🇦🇷→19歳からドイツへ🇩🇪|世界を笑顔で繋ぐ活動|夢を追っています⚽️