見出し画像

自分探しの旅に出たら、自分と世界の捉え方が変わった話。

2018年1月から4月、ふらふらと海外を放浪したときがあった。今振り返れば「自分探しの旅」という名前をつけられるけれど、当時はただただ、必死だった。

何者かに、なりたかった

旅に出る前の自分は、自分のことが嫌いで、とにもかくにも、変わりたかった。

どれだけ挑戦しても成長しても満たされることがない渇望。できることはどんどん増えていくけど、やりたいことは一向にわからない不安。

いまなら分かるけど、現在の自分を嫌うことは、自分の土台を否定してしまうことで、あらゆる状況が不安定になる。

そんな不安定さの中、ただただ、がむしゃらに走って、気づけば燃え尽きていた。

細かくはプロフィールnoteにて。


「ただ、いる」ことに憧れた

誰かの期待に応え続けて、主体を失ってしまった自分にとって、「ただ、いる」という姿勢は魅力的に見えた。

何者の期待を受けず、だれにも期待しない、求めない。ただあるためにある。

そんな存在に憧れていた。

そして「ただ、いる」ことの代表例は、自然だとおもった。

そんな憧れを持っていたら、気づいたら沖縄やオーストラリア、アラスカに行っていた。そこで2-3週間ずつ、滞在して、美しい景色を見たり、現地の文化に触れたりした。

ただ、そこで見た景色は雄大で美しいものだったけれど、求めていた答えは、そこにはなかった。

人生の責任を思い出した

答えは見つからなかったけれど、海外一人旅は、自分の人生の解像度を上げてくれた。

行き先を決めるのは、自分。
帰る日を決めるのも、自分。
邪魔するものは、一切ない。
自分を知っている人は、誰もいない。
自分が知っている物も、ほとんどない。

期待や思惑、連絡や依頼、仕事や日常的な雑事。そのほとんどは姿を隠し、あるのは自分の頭と体と心と、少しの荷物。

自分と世界が、対峙しているような感覚があり、そのときの自分には、極めて本質的なものしか残されていなかった。

限りなく自由な状態で、すべての行動と意思決定の責任が自分にある状況。

そこで感じたことは、

心地よい開放感と、
慣れない環境での疲労感と、
自分を相対化する視点だった。

「いま、ここ」を相対化する視点

文化が違うと、世界が違う。

日本では24時間コンビニが空いているのが普通だけど、アメリカでは日曜日にお店がすべて閉まっていることは普通。
日本ではバスも電車も時間通り来るけど、アメリカでは平気で30分は遅れてくる。

日本とはまったく異なる日常が、海外には当たり前に存在している。その発見と体験が、衝撃的だった。

いかに、自分が今の環境を絶対視していたか。今の環境でしか生きられないと思い込んでいたか。

世界は広く、実に多様で、自分がいまいる環境は、実は世界の一部でしかないことを、全身で理解できた。

人生の感覚を取り戻した

「いま、ここ」と世界を比べることができるようになり、いま目の前で起きていることの人生の比重が、少しだけ下がった。

そうすると、不思議なことに、現実へのコントロール感を感じることができた。

どうせやるなら、楽しくやりたい。
自ら意思決定しているから、やる。
自分が決めたように、できる。

何者にもならないためにすべてを手放してみると、自分の深いところから何者かが浮上してきて、何かを表現したがっていたことに気がつくことができた。

どんな自分も、自分でしかない

何もしなくても自分は自分で、
何をしていても自分は自分で、
どんな自分も、自分でしかない。

数ヶ月の海外一人旅を通して、極めて簡単なことを、深く腹落ちすることができた。

それに気づいてからは、色々なものがシンプルになった。

やりたくてもやりたくなくても、それは自分の気持ち。嬉しくても悲しくても、それは自分の気持ち。良いところも悪いところもそれは自分の一部。好きなところも嫌いなところもそれは自分の一部。

そう思えることは、自分が何者かを探し続けていた自分にとっては、とてもとても大切なことだった。

ただ、ある、ということは、
何もしないということであり、
何かしているということであり、
そのどちらでもあるということ。

こうして、何者かわからず、何者かになりたがっていた自分は、ただあることに憧れて、余計なものをすべてをなくしてみた結果、自分は何者でもなく、ただただ自分だったということを理解することができた。

いまは、自分のことをすごい人とも思わないけど、たいしたことない人だとも思わない。どちらが自分がどうかはわからないけど、どちらも自分であることに確信があるから。

TOP画像は、アラスカで見たオーロラ。マイナス20度の中、震えながら見たオーロラの美しさは、忘れられない。

cotreeみんなで更新中のマガジンはこちら↓↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。みなさんからの感想やコメントをいただけると大変うれしいです。 サポートしていただいたお金は、自分が応援したい人へのサポートに回す予定です。note内ですてきな循環を生めたらいいなぁと思います。

スキすると、何かが始まる気がします。
127
株式会社cotreeCOO兼CN(note)O◀︎上場ITベンチャー/人の心と物語を支えるサービス作りと持続的なプロダクトグロースをしたい/カフェラテがすきなアドレスホッパー/9ヶ月でnote207本執筆なう

この記事が入っているマガジン

コメント1件

私は今まさに自分探し中かも‥
色々やりたい事はあるのに何一つ手付かずで。
一人旅は少し不安だったから秋から船で世界一周してきます!知らない人達と‼︎
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。