見出し画像

後悔に関する雑記。救いのバトンを渡すこと。

先日、仲の良い友人と飲んで、昔の話をした。

「後悔はしてないけどね。」

少し笑いながら、当時できたかもしれないことを勢いよく話す彼は、少し後悔しているように見えた。

明日死んでも後悔しないように生きたかった

高校三年生のとき、セネカの生の短さを読んで衝撃を受けた。

誰もが永遠に生きると思い、人生のはかなさを考えることなく、浪費した時間を気に留めない。毎日が最後の日になるかもしれない状況の中で、不死であるかのようにすべてを望み、満ち足りて余っているかのように人生の時間を浪費してゆく。

今まで隠されていた世界の真実に気づいたような気がした。

「人生は短い。」
「過去を後悔し、明日に期待し、今をおざなりにする。」
「あらゆることに振り回されて、一瞬で人生が終わる。」

人生が短いなら少しでも前進できるように頑張ろう、そう強く感じたことを覚えている。

あれから何度も何度も読み返している。古典の言葉は本質的でいつも自分を鼓舞してくれる。

ただ、正しいことがわかっていても、できないこともある。

後悔して初めて過去と向き合える

自分の体調がもっともつらいときに書いていたノートを見つけた。文字とともに心に強く刻まれていた感情は、後悔だった。

本当に多くの自分がいました。ここに来るまでは自覚すらないことばかり。自分の中の心が、本当に小さいことから自分の良心を傷つけ、感受性を失っていたとは。驚きでした。記憶の中の自分は、比較的良い思い出だったことも、深く考えてみると、実は、心には、たくさんの嘘をついていました。


ただ、この強い後悔の念は後ろ向きなことではないと思う。ここからすべてが始まっていくから。

どれだけやっても後悔するときはある

「本当はこうしたかった。」
「あの時の選択、自分で決めることができなかった。」
「自分の心の声を信じることができなかった。」

どれだけ取り繕っても言葉と姿から後悔がにじみ出るときがある。後悔していることはオープンにはしたくないけど、周りから見れば意外にもわかってしまうものだったりする。

勇気とともに、一歩を踏み出す

人は誰しも、どす黒い感情を持ってしまうときがある。自分もそう。

「人が信じられない。自分が信じられない。」
「後悔している。後悔している自分が嫌い。」
「無力な自分が悲しい。いなくてもいいのではと思う。」

それは仕方ないことだけど、そんな自分を否定しないでほしい。強さも弱さも自分であることを受け入れてほしい。

もしあなたが一人じゃなかったら、チームの仲間を頼ってほしい。勇気を持って自分の弱さを開示してみてほしい。

その一歩を踏み出せる勇気は、人の中には必ずあると信じているし、だれでも勇気を引き出すことができるとも、信じている。

自分が救われたことを、他人へ

自分が人を救うことができるとは思わない。人がどう感じるかはコントロールできないから。

だから、自分が人のためにできることは、

「人からされて自分が一番救われたことをする」

くらいなんだと思う。

・つらかったときに、何も言わずにそばにいてくれた
・誤魔化してたとき、笑い飛ばしてくれた
・自分の存在意義を失いそうなとき、「いてもいいんだよ」と言ってもらえた

今まで人からもらったものを、一つ一つ返してゆく。
それが誰かに届くことを願いながら。

それでも上手くいかないことが、きっとある。
死ぬほど後悔をするのかもしれない。

それでも、自分にできる精一杯をすること。
それだけが自分にできることだと思う。

後悔しているように見えた彼との時間は楽しかった。本当のことは本人にしかわからない。後悔していても別にいい。ただ、自分が人にされて嬉しかったことはしたいと思うだけ。

cotree advent note 60日目

TOP画像は、恵比寿ガーデンプレイスの早朝。綺麗な景色だった。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。みなさんからの感想やコメントをいただけると大変うれしいです。 サポートしていただいたお金は、自分が応援したい人へのサポートに回す予定です。note内ですてきな循環を生めたらいいなぁと思います。

スキって言われると、スキになりそうです。
63
株式会社cotreeCOO・CN(note)O/人の心と物語を支えるサービス作りと持続的なプロダクトグロースをしたい/オンラインカウンセリング・コーチング事業/カフェラテがすきなアドレスホッパー/オールユアーズ公認共犯者/丸一年半でnote340本執筆なう

こちらでもピックアップされています

もやもやマガジン by emolコミュニティ
もやもやマガジン by emolコミュニティ
  • 52本

気持ちがもやもやして生き辛い人の為のメンタル関連マガジンです。emolが運営するコミュニティに属していただいているさまざまなライターさんの記事を集めています。 生き辛いと思っている人たちの心が少しでも楽になることを願っています。 毎日1記事追加します!(土日祝日はお休みします)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。