見出し画像

#24 視点のずらし方について

困ったとき、自分の視点をずらすことを大切にしています。

このつらい状況はいつまで続くのか
目の前の出来事は人生のうち何%なのか
この先10年で何をしたいのか

いまの自分を相対化してあげる。いまの環境を絶対視しない。すぐには難しいかもしれないけれど、少しずつ良くすることができると信じてあげる。

未来に明るい展望を持たなればいけないかでいうとそんなことはありません。ただ未来の展望を描いてみる姿勢は、あった方が良いと思うのです。

未来は誰にもわからないので、自分の意思によって方向付けができると信じています。だからこそいまの環境における自分なりの意思をいつも確認した方がいいと思うのです。

日々忙しく働き、日常と困難を行き来する中で、すぐに大切なことが見えなくなってしまう。変えられない過去を後悔して今をおざなりにして不確定な未来に期待をしてしまう。

未来の自分を良い意味で信頼していないので、いつも自分が大丈夫かを意識するようにしていきたい。

それでは、また。

2019年7月24日
東京・茅場町にて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。みなさんからの感想やコメントをいただけると大変うれしいです。 サポートしていただいたお金は、自分が応援したい人へのサポートに回す予定です。note内ですてきな循環を生めたらいいなぁと思います。

今日もいい日になりますように。
35
株式会社cotreeCOO・CN(note)O/人の心と物語を支えるサービス作りと持続的なプロダクトグロースをしたい/オンラインカウンセリング・コーチング事業/カフェラテがすきなアドレスホッパー/オールユアーズ公認共犯者/丸一年でnote280本執筆なう

この記事が入っているマガジン

ひらやまのエッセイ
ひらやまのエッセイ
  • 45本

つらつらと書き綴るエッセイ。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。